ゲームカードと同じように抜き差し可能な新デザインのSD2VITAが来てる

どうやら中国発の新デザインのSD2VITAが出てきたみたいです。
ゲームカードと同じように抜き差し出来るようで、ピンセット等は不要でかんたんに扱えるタイプです。

TaobaoやAliで調べたらいくつか出てきます。面倒なのでリンクは貼りません。
〇×△□とボタンのマークが描かれた奴と、軽く笑みを浮かべてるような顔が描かれた奴。基本的にその2種類みたいです。
1個当たりの価格は随分と下がったようでAliにはワンコインで買えてしまう物もありました。紛争しなけりゃいけない可能性も高そうですが…
私が個人的には好きじゃない、というかむしろ嫌いなndshopも新デザインの取り扱いを開始したようです。あのサイトのリンクは貼りたくない。

HackinformerではGadorach氏デザインの「ゲームカードと同じように抜き差しできるSD2VITA」が近日公開という事が伝えられていました。
New redesign SD2Vita adapter coming soon.

今後のSD2VITAは基板丸出しではなくカバーに包まれた新デザインの物が主流になっていきそうですね。
指で簡単に抜き差し出来るのはとても魅力的。Aliにある顔描かれた奴1つ買おうかな… なんか可愛いですよねアレ。
[ 2017/08/18 04:49 ] カテゴリ PS Vita | コメント(0)

Vita NoLED v1.2 がリリース

GitHubで、reprep氏がVitaのPSボタンのLEDを消すHENkaku向けプラグイン
NoLED v1.2 をリリースしていました。
・ゲームカートリッジのLEDも消せるように
が変更点です。

PSボタンのLEDだけを消したい場合はv1.1を使って欲しいそうです。
[ 2017/08/18 04:02 ] カテゴリ PS Vita | コメント(0)

ダンボール9箱分 駿河屋のかんたん買取に出しました 2017/08/16

kantan_170816.jpg

ダンボール9箱分をかんたん買取で送ってみました。1年ぶりくらいかな、駿河屋の買取利用するの。
7箱は福袋から出てきた不要な物。1箱が快楽天2年分くらい+α。
もう1箱が物置から出てきたぬいぐるみとかクッションとかおもちゃとか。遊戯王カードも400枚程入れた。
で合計9箱。流石にあんしん買取は無理だと判断してかんたん買取にしました。

ネットでゆうパックの集荷依頼だしたらおばさんが来てですね。
「あれー、9箱もあるん?1箱って聞いて来たんやけど。どこで食い違ったんやろねー」
知らんがな。んな事こっちが聞きたいわ… しっかりしてくれ郵便局。
9箱、ラベル(伝票)不要、80サイズ超。この内容でネットから集荷依頼出したのにさあ。
1箱だと思われてたし元払いの伝票渡されるし… 集荷システムに不備でもあるんじゃないの…

まあともかく、頼むぞ駿河屋。1万5000円ってのは望みすぎかなあ…
良い買取担当に当たる事を願う。
[ 2017/08/16 15:56 ] カテゴリ 通販 | コメント(1)

Vita 機器認証に関わる3つのファイルを置き換えて機器認証済み扱いにする MLTactivator がリリース

DaXHordes.orgで、DrNefarious氏がVitaの機器認証に関わる3つのファイル(act.dat、system.dreg、system.ireg)を置き換え、
Vitaを機器認証済み扱いにするHENkaku向けアプリ MLTactivatorFIX2.vpk をリリースしていました。
MiraLaTijera氏との共同開発だそうで、DrNefarious氏は開発者としてはDraqenというハンドルネームを使用されています。
初回リリースは1.0で、FIX2ではレジストリの中の機内モードに関する値の修正が入ったようです。

ソニーによる機器認証対策の対処策として使用出来るアプリではありますが、使用する方はよく考えてからにしてください。
vpkの中を見れば分かるように、3つのファイルは他人のファイルです。自身の3つのファイルの中の値を弄って機器認証済みとするわけではありません。
使用者全員が同じact.datを参照する事になるため、PSストアに接続するとBANの可能性がある、とDrNefarious氏は書かれています。
ストアだけでなくPSNのサービス全部な気がしますが、これは「CSIDがBANされる可能性がある」って事で良いのかな……多分、そうですよね。

機器認証が必要な事といえばいくつかありますが、代表を挙げるとすればAdrenalineでしょうか。
Adrenalineは9月には機器認証不要なバージョンが来るみたいですので待てる人はMLTactivatorを使わずに待ってください。
MLTactivatorは「どうしても今すぐAdrenalineが使いたいんだ」という人だけの利用にとどめた方が良いです。

使用するとアカウントが変わるので、アカウントに紐づけられたアプリやゲーム等は使用出来なくなります。
CMAもAIDが変わるためバックアップした物が復元出来なくなります。(そのAIDで再パックすれば復元可能なはずですが)

使用する場合は起動して×ボタンを押すだけで勝手にやってくれます。
自分の3つのファイルはux0:BACKUP/にバックアップされるのでPCにでも避難させておきましょう。
再起動後に機器認証済み扱いになるのでePSP Bubble Installerが使用可能で、Adrenalineの導入/起動も可能です。

気になった事が1つ。レジストリのファイルの中に記載されてるメアドとパスワードじゃPSNにログイン出来ない。
パスワードが違うらしい。仮にログイン出来たら黙っていようと考えてたんですが、ログイン出来なかったので…
これだとPSNには接続出来ないのでBANの可能性は低いような…
[ 2017/08/16 03:00 ] カテゴリ PS Vita | コメント(1)

Vita向けFTPクライアントアプリ FTPzilla Vita がリリース

GitHubで、DavisDev氏がVita向けFTPクライアントアプリ FTPzilla Vita v0.9 をリリースしていました。

Vita向けのFTPクライアントアプリは初…かな…?
これでFTPサーバーとFTPクライアントの両方としてVitaが使えるようになりましたね。良い事です。
[ 2017/08/15 22:51 ] カテゴリ PS Vita | コメント(0)

Vita 各アプリに対して簡単にプラグインを設定可能な Plugins Manager がリリース

Bitbucketで、kylon氏がHENkakuのVitaにインストールされている各アプリに対して簡単にプラグインを設定可能な
Plugins Manager v1.0 をリリースしていました。

簡単に言いますと、skprxファイルとsuprxファイルを自動検出して、config.txtにパスを書いてくれるという便利アプリです。
パスを指定するだけのプラグインを使う場合には役立つアプリとなっています。
ur0:tai/plugins、ux0:tai/plugins
ur0:adrenaline、ux0:adrenaline
デフォのhenkaku.suprxのパス

上記の5つのパスがサポートされているようで、この中にいれたプラグインのファイル(skprx、suprx)を管理可能です。

Plugins ManagerのタブとしてはEnabled、Disabled、All Plugins、config.txtにある*項目のタブ
があり、△ボタンでメニュー表示、×ボタンで決定が可能です。
プラグインを選択して"Enable plugin"を選択すると*ALL、*KERNEL、*mainの他に*タイトルID+タイトル名がズラーっと出てきます。
どうやらux0:app/にインストールされているアプリやゲーム、vs0:app/にデフォで入っているアプリが検出されるようです。

上でも書いた通りパスを指定するだけのプラグインを使う場合には結構役立ちそうです。
どうせならtaiフォルダ直下もサポートして欲しいなあ…基本的にそこにプラグイン置いてるから…
[ 2017/08/15 22:22 ] カテゴリ PS Vita | コメント(0)

Autoboot Configurator v1.2 がリリース

GitHubで、DavisDev氏がVitaへHENkakuを導入した直後に指定のアプリを自動起動させる事が可能なプラグイン
であるAutobootの設定を簡単に行える Autoboot Configurator v1.2 をリリースしていました。
v1.1
・コードの整理
・AutobootをHENkaku Ensoに対応したv1.2に更新
v1.2
・古いアップデータバブルの削除に関する修正
が変更点です。
[ 2017/08/15 17:48 ] カテゴリ PS Vita | コメント(0)

AdrBubbleBooter v0.5 がリリース

LMAN氏(leecherman氏)がVitaのPSPゲームのバブルから指定のゲームをAdrenaline上で起動させる
HENkaku向けプラグイン AdrBubbleBooter v0.5 をリリースしていました。
・adrbblbooter_nostartdat.suprxを削除(代わりにオプションを追加)
・uma0パーティションにあるゲームを指定可能に(uma0に対応したAdrenalineが必要)
・isoファイルの起動ドライバとしてNP9660が指定可能に
・指定したゲームに対してプラグインを有効にするか無効にするかを設定可能に
・バブルを起動した時に表示される画像(ブートイメージ)の有効/無効を設定可能に
が変更点です。

バブルのタイトルID.txtでは現在以下のように4つのオプションが使用可能です。

1st LINE = PATH TO THE ISO\CSO\PBP file.
2nd LINE = UMD DRIVER MODE INFERNO\MARCH33\NP9660.
3rd LINE = EXECUTE BOOT MODE EBOOT.BIN\EBOOT.OLD\BOOT.BIN.
4th LINE = PLUGINS STATE ENABLE\DISABLE.
5th LINE = STARTDAT STATE ENABLE\DISABLE.
[ 2017/08/13 01:25 ] カテゴリ PS Vita | コメント(0)

駿河屋の福袋「じゃんく ジャンル色々レトロPCソフト 25本セット」を開封

駿河屋で2017/07/21に注文した福袋「じゃんく ジャンル色々レトロPCソフト 25本セット」の中身の報告です。


中古福袋じゃんく ジャンル色々レトロPCソフト 25本セット
[ 2017/08/13 01:01 ] カテゴリ 福袋 | コメント(0)

Vitaのカメラアプリで隠されている機能を使用できるようにしたカメラアプリ PRO Camera Vita 1.0 がリリース

wololo.netのフォーラムで、big_Sakis25氏がVitaのカメラアプリで隠されている機能を使用できるようにしたカメラアプリ
PRO Camera Vita 1.0 をリリースしていました。
インカメラとアウトカメラの両方が使用可能で、以下のような特徴があるみたいです。
- Brightness Adjustment
- Contrast Adjustment
- White Balance (4 options)
- Aspect Ratio (4:3, 16:9)
- Night Mode
- Grid Option
- Photo Frames (7 frames)
- Color Effects (6 effects)
- 写真のプレビュー機能、Vitaのフォトアプリにエクスポートする機能

最後以外はコピペです。流石にこういうのは英語のままの方が良いかと思って…。
Vitaのカメラアプリを使う人がどれだけいるのか分かりませんが、使う人には朗報って感じでしょうかこれ。
軽く試してみたい気持ちはあるけど自分はVitaTVだから…
[ 2017/08/11 16:56 ] カテゴリ PS Vita | コメント(0)

Vita nosleep v1.1 がリリース

GitHubで、NamelessGhoul0氏がVitaのスリープタイマーを無効にして自動でスリープモードに移行しないようにする
nosleep v1.1 をリリースしていました。
・HENkaku Ensoに関する互換性の修正
が変更点です。
[ 2017/08/11 16:42 ] カテゴリ PS Vita | コメント(0)

VitaTVでVitaのカメラが必要なゲームがクラッシュしてしまうのを防ぐ FakeCamera がリリース

GitHubで、OperationNT氏がVitaTVでVitaのカメラが必要なゲームがクラッシュしてしまう現象を防ぐためのプラグイン
FakeCamera for PlayStation TV v1.0 をリリースしていました。

カメラの応答をシミュレートしてクラッシュを防ぐようです。
カメラを使用するゲームはVitaTVでは起動出来なくなっているので、起動させるためにRinnegatamante氏のAntiBlacklistとの併用が必要になります。

使用する場合はfakecamera.suprxをux0:tai/にコピーし、config.txtに
*タイトルID
ux0:tai/fakecamera.suprx
という感じで書き足せばOK。

現在はWipEout 2048とTearawayで動作する事が確認されているようです。
たまたま今年の春当たりのフリプでTearawayを確保していたので、早速試してみました。
FakeCameraを使わずに起動するとロード中にC2-12828-1エラーが出ますが、FakeCameraを有効にした状態ですと正常に起動可能でした。
しかしGitHubにも書かれているようにTearawayはVitaのジャイロセンサーも使うのでVitaTVでは開始2分で進行不可能になります。
ジャイロセンサーの対処策は今後出てくるのかな……まあわざわざVitaTVでやらずに3.65のVitaでやれば良いだけの話なのですが…
[ 2017/08/11 16:25 ] カテゴリ PS Vita | コメント(0)


お売りください。駿河屋です。