[PSVITA] FW3.63以下対象の前準備 - QCMAを使用してFW3.65へアップデートする方法

先日、TheFloW氏が3.65~3.68のHENkakuのためのexploit "h-encore" のリリース予定日を7月1日だと発表されました。
[PSVITA] 3.65-3.68 HENkaku & 3.65 Enso のリリースが7月1日に前倒し!
[PSVITA] TheFloW氏が3.65~3.68のHENkakuのためのexploit "h-encore" のデモ動画を公開

既にh-encoreのデモ動画も公開されており、エンドユーザーとしては7月1日が待ちきれないといった感じです。
そんな新たなHENkakuは3.65~3.68がサポートされますが、3.65に関しては恒久的なハックであるHENkaku Ensoがインストール可能です。
EnsoはVitaのブートローダーの脆弱性を利用して内部のストレージのMBRに変更を施しVita起動時からHENkakuを実行するというハックで、
再起動する度にexploitを実行する必要が無くとても素晴らしいのですが、残念ながらその脆弱性はソニーによって3.67で修正されました。
もしEnsoについて詳しく知りたい方がいるのであれば、Yifan氏の記事を確認してみてください。
https://yifan.lu/2017/07/31/henkaku-enso-bootloader-hack-for-vita/

h-encoreをリリースしようとしているTheFloW氏ですが、既に3.65向けのEnsoのインストーラーをリリースされたようです。
https://github.com/TheOfficialFloW/enso/releases
h-encoreでHENkakuをインストールした後にこれをインストールして実行すれば3.65HENkaku Enso環境の完成です。
h-encoreがリリースされれば誰かが3.65へアップデートするためのDNSサーバを公開するとは思うのですが、前準備は大切です。
リリースされてから、アプデはどうするんだ、となるよりも今からアプデしておいた方が良いと私は思います。
[ 2018/06/23 01:40 ] カテゴリ PS Vita | コメント(2)

[PSVITA] 3.65HENkaku向け HENkaku Enso Installer がリリース

GitHubで、TheFloW氏がMoleculeチームの開発したHENkaku Ensoのインストーラーのフォークである
3.65HENkaku向け HENkaku Enso Installer をリリースしていました。

まだ使用出来ません。h-encoreがリリースされるまでの辛抱です。
h-encoreで3.65にHENkakuをインストールし、その後これを使用してEnsoをインストール可能なはずです。

[ 2018/06/23 01:40 ] カテゴリ PS Vita | コメント(0)

[SWITCH] XCI Explorer v1.1.0.0 がリリース

GitHubで、StudentBlake氏が匿名の開発者がリリースしたSwitchのカートリッジダンプであるXCIを取り扱う事が出来る
XCI Explorerをデコンパイルして変更を加えた XCI Explorer v1.1.0.0 をリリースしていました。
・card2のXCIをサポート
が変更点です。

card2というのはFW4.x頃から確認され始めたとされるlogoパーティションが追加された新しいカートリッジで、cart2やtype2とも
呼ばれています。私はcart2と呼んでいます。cart2は現在海賊グループであるBBBのみがダンプを実現し、そのXCIを流しています。
現状、Team Xecuterが開発/販売するXCIのマウント/起動を実現するCFWであるSX OSはcart2のXCIには対応していません。

[ 2018/06/22 21:05 ] カテゴリ Switch | コメント(0)

[SWITCH] SX OS v1.1 がリリース

Team XecuterがNintendo Switchでカートリッジのバックアップ起動を実現するCFWである
SX OS v1.1 をリリースした事を伝えていました。
https://team-xecuter.com/sx-os-v1-1-update-released/
SXの公式サイトからダウンロード可能です。
https://sx.xecuter.com/

変更点をざっと訳しておきます。
・Homebrewの互換性向上
我々はいくつかのHomebrewが正常な速度で動作していない、或いは全く動作していないという報告を受けましたが、
ちょうどそれらの問題を修正しました。おそらくご存じでしょうが、あなたはSX OSで無料でHomebrewを楽しめます。
・ヒューズバーンプロテクション(ヒューズ焼損保護)の追加
一部の人々はSwitchのヒューズが破壊される事を心配しています。
簡単に言えばそのような人に安心して頂くためにヒューズが焼かれるのを防ぐようにしました。
・XCIのユーザー証明書をサポート
ゲーム(XCI)をオンラインでプレイする場合、XCIに固有の証明書が含まれている必要があります。
証明書を適切にエミュレートするよう修正したので、適切なダンプであればオンラインプレイが可能です。
しかし、複数人と証明書を共有するのは推奨されない事にお気を付け下さい。
最善策は自分でカートリッジのバックアップを作成する事です。WAIN v0.0.3で可能です。

将来的にはSX OSにユーザーフレンドリーなカートリッジバックアップ機能を追加する予定です。
今回はここまです。我々にはさらなる改善(cart2とか?)がありますし、あなたがSX OSを楽しんでくれる事を願っています。
最後に、現在SX Proの到着を待っている人には申し訳ないと思っています。
しかし、それは待つ価値のある物です。

SX OS v1.0ユーザーはmicroSDカードに配置したboot.datを上書きしてください。それで更新した事になるようです。
ヒューズの焼損保護は一般的なエンドユーザーは基本的には気にしなくても良い機能です。
その保護機能は誰向けなのかと言いますと、GBAtempでrajkosto氏が公開した任意のFWへアップデート/ダウングレードする手法で
アップデートを行った方向けです。その手法はヒューズを焼かずhetateでヒューズのチェックをバイパスしてFWを起動します。
How to install/run ANY Switch firmware UNOFFICIALLY (WITHOUT burning any fuses)
この手法でアップデートした後にhekateを通さず普通に起動するとヒューズが焼かれてしまうようなのですが、どうやらSX OSは
hekateと同等の物では無かったようで、SX OSによってヒューズを焼かれてしまった方がその問題をTeam Xecuterに報告し、
早期対応が行われたという事です。いやしかし、この問題にこんなに早く対応してくるとは…

rajkosto氏の手法自体は誰向けかと言いますと、低FWから高FWにヒューズを焼かずにアップデートしたい人向けです。
eMMCのバックアップを取っていればヒューズは無傷で元のFWに戻れます。今後登場するであろうAtmosphereのソフトウェア的な
解決策に期待している人がこの方法を取る、という事です。ああ、あとコールドブートなハックもですね。
この手法でのダウングレードは開発者や解析を行いたい人向けと言って良いです。hekate通さないと起動出来ないんで。
なら低いFWをキープしている人はこの方法でFW5.1.0にすれば良いと、ここまで読んだ人は絶対に思うと思いますが、万人向けではありません。
理由は2つ。手順が長いというのが1つ。もう1つ理由は、FW4.0.0でカートリッジリーダーのコントローラに更新が入ったらしく、それ未満から
それ以上にアップデートした場合、ヒューズの破壊は防げるもののカートリッジリーダーのコントローラーの更新は防げず更新されてしまい、
元のFW(4.0.0未満)に戻した際にカートリッジが読み込めなくなる、そういう問題を報告した人がいるからです。
私がこの手法を記事にしなかったのもその2つが理由です。単純に長くて記事にすんの面倒ですし、2つ目の理由はもっと深刻です。

変更点3つ目、うーん。反応に困る。
個人的には疑うと同時に単純に信じたい事でもある。
まあ、バックアップのオンは自己責任ですがリスクは軽減されたと、そのくらいの認識が良いでしょうか。

[ 2018/06/22 01:32 ] カテゴリ Switch | コメント(0)

[PSVITA] TheFloW氏が3.65~3.68のHENkakuのためのexploit "h-encore" のデモ動画を公開

TheFloW氏がリリース予定としているFW3.65~3.68のVitaのHENkakuのexploitである "h-encore" のデモ動画を公開していました。



https://twitter.com/theflow0/status/1009727170565083136
h-encore。これがどれだけ速いか見てください。10日後にリリースします。
ああ、速いからって開発に掛けた時間や開発量を誤解しないでください。
ROPのコードは1000行以上です :)

https://www.youtube.com/watch?v=m1C3UzZLMzo
h-encore(hはhackとhomebrewを表す)は最新のFW3.65/3.67/3.68をサポートするVitaの2回目のパブリックなジェイルブレイクです。
これによってカーネルとユーザーの改造、クロック周波数の変更、プラグインのインストール、Homebrewの実行等が可能になります。
7月1日リリース。


[PSVITA] 3.65-3.68 HENkaku & 3.65 Enso のリリースが7月1日に前倒し!
先日TheFloW氏が7月1日にリリースすると伝えていた3.65~3.68のHENkakuのexploitの名前は "h-encore" に決定したようです。
私はhをHENkakuかと思っていましたが、実際はhackとhomebrewを表しているようです。

動画ではh-encoreというバブルを起動し、HENkaku(taiHEN)をインストールし、VitaShellをダウンロードして起動されています。
TheFloW氏によるとHENkakuのインストールはオフラインで、オンラインの工程はVitaShellのダウンロードのみとの事です。(ツイート)

applause.gif

[ 2018/06/21 21:35 ] カテゴリ PS Vita | コメント(0)

[SWITCH] TegraRcmSmash v1.2.1-3 がリリース

GitHubでrajkosto氏が, Switchのcoldboot exploitであるFusée Geléeを利用してペイロードを実行するためのFusée Launcher
Windows向けに書き直した TegraRcmSmash v1.2.1-3 をリリースしていました。
・引数として -r を指定すると起動後にUSBデバイスから読み続けるように
が変更点です。

[ 2018/06/21 20:51 ] カテゴリ Switch | コメント(0)

[SWITCH] briccmii v2 がリリース

rajkosto氏がSwitchのBOOT0の各BCTの公開鍵の最初のバイトを変更してSwitchを100%の確率でRCMで起動させたり、
逆にそれを修正してSiwtchを正常な状態に戻す事が可能な briccmii v2 をリリースしていました。
・BCTにて正しいkeyblobをチェックし、要求があれば復元するように
が変更点です。

[ 2018/06/21 20:48 ] カテゴリ Switch | コメント(0)

[PSVITA] VitaShell v1.94 がリリース

GitHubで、TheFlow氏がHENkaku環境のVitaで使用できる多機能なファイルマネージャアプリ
VitaShell 1.94 をリリースしていました。
・VitaShellでマウント可能な全パーティションのアンマウントが可能に
・StorageMgrを使用している場合にクラッシュしていた問題の修正
が変更点です。

[ 2018/06/21 20:17 ] カテゴリ PS Vita | コメント(0)

[SWITCH] XCI-Cutter v2.4.2 がリリース

GitHubで、Destiny1984氏がSwitchのカートリッジのダンプであるXCIファイルからFで埋められている未使用の部分を削除したり
4GB毎に分割したりする事が可能なWindows向けトリミングツール XCI-Cutter v2.4.2 をリリースしていました。
・分割サイズを32kの倍数に変更(トリム/分割されたXCIがSX OSで使用出来るように)
が変更点です。

私の環境で分割XCIのマウントがダメだったのは分割サイズが原因だったっぽい?
まあとにかく、FAT32のmicroSDカードを使用している方も安心してSX OSを使えるようになったようです。

[ 2018/06/21 20:13 ] カテゴリ Switch | コメント(0)

[PSVITA] gamecard-microsd v1.3 がリリース

GitHubで、xyz氏がVitaのゲームカード型microSDアダプター(SD2VITA)を扱うためのプラグイン
gamecard-microsd v1.3 をリリースしていました。
v1.2
・FW3.68をサポート
v1.3
・メモリーカードを再マウントするためのパッチを追加
が変更点です。

[ 2018/06/21 20:06 ] カテゴリ PS Vita | コメント(0)

[SWITCH] NX-Shell v1.02 (Beta Release 3) がリリース

GitHubで、Joel16氏が3DS向けのファイルマネージャである3DShellをベースにしたSwitch向けのファイルマネージャ
NX-Shell v1.02 (Beta Release 3) をリリースしていました。
・オーディオファイルの再生をサポート(mp3/midi/flac/ogg/wav/mod)
・タッチ操作が可能に
・方向キー左右でカーソルをディレクトリの最初と最後に移動可能に
・スクリーンキーボードのサポート
・リネーム機能と新しいフォルダの作成機能が使えるように
・空のディレクトリを開いた際に発生するバグの修正
・フォルダの移動を再帰的な動作に修正
・設定にAboutの項目を追加
が変更点です。

[ 2018/06/21 20:00 ] カテゴリ Switch | コメント(0)

[PSVITA] ONEMenu for PSVita v3.03 がリリース

GitHubで、ONEluaチームがVitaのeCFWで使用出来るONEMenuをHENkakuのVita向けに移植したVitaのゲーム管理アプリ
ONEMenu for PSVita v3.03 をリリースしていました。
・VitaShellによるカーネルモジュールとユーザーモジュールの更新
・ux0:app/(titleid)/ を開くオプションを追加
・いくつかのバグの修正
が変更点です。

[ 2018/06/21 19:08 ] カテゴリ PS Vita | コメント(0)


お売りください。駿河屋です。