[PSVITA] VitaGrafix Configurator v1.2 がリリース

GitHubでKirezar氏が、Vitaの特定のタイトルの解像度やフレームレートの変更/向上を実現するプラグイン
VitaGrafixの設定ファイルを用意出来る VitaGrafix Configurator v1.2 をリリースしていました。
VitaGrafix v3.1 alpha をサポート
が変更点です。

[ 2018/10/15 04:08 ] カテゴリ PS Vita | コメント(0)

[PSVITA] VitaGrafix v3.1 alpha がリリース

redditでElectry氏が、Vitaの特定のタイトルの解像度やフレームレートの変更/向上を実現するプラグイン
VitaGrafix v3.0 alpha をリリースした事を伝えていました。
・NINJA GAIDEN Σ2 (EUR/JPN/ASIA) の内部解像度パッチの追加
・Ratchet & Clank Collection (EUR/USA) のフレームバッファ解像度パッチの追加
・Ratchet & Clank: Going Commando (EUR/USA) のフレームバッファ解像度パッチの追加
・Ratchet & Clank: Up Your Arsenal (EUR/USA) のフレームバッファ解像度パッチの追加
・Ratchet & Clank: Full Frontal Assault (EUR/USA) のフレームバッファ解像度パッチの追加
・うたわれるもの 散りゆく者への子守唄 (JPN) の内部解像度パッチの追加
・kuioの代わりにioPlus v0.1を使用するように
が変更点です。

v3.0ではkuioが不要になったため、kuioに依存するプラグインを使用していない場合はkuioを無効にして構いません。
v3.0ではconfig.txtには以下のように記述してください。
*KERNEL
ux0:tai/ioPlus.skprx
*ALL
ux0:tai/VitaGrafix.suprx


・追記
GitHubのissuesでVitaGrafix v3.1 alphaをリリースした事を伝えられていました。
https://github.com/Electry/VitaGrafix/issues/102#issuecomment-429621115
・ドランゴンクエストビルダーズ (EUR/USA/JPN/ASIA) のフレームレートパッチの追加
・Borderlands 2 (EUR) のフレームバッファ解像度パッチの追加
・ドラゴンボールZ BATTLE OF Z (EUR/USA/JPN) の内部解像度パッチの追加
・レゴ スター・ウォーズ/フォースの覚醒 (EUR/USA) のGPUクラッシュ問題の対策
がv3.0 alphaからの変更点です。

使用方法等の詳細はREADMEを確認してください。
https://github.com/Electry/VitaGrafix/blob/experimental/README.md

[ 2018/10/15 03:56 ] カテゴリ PS Vita | コメント(0)

[PSVITA] Bookr-Mod-Vita v0.3.1 がリリース

GitHubでpathway27氏が、PSPのPDFビューアであるBookr-ModをHENkakuのVita向けに移植した
TXT/PDF/CBZ/HTML/ePub/fb2ビューア Bookr-Mod-Vita v0.3.1 をリリースしていました。
・回転機能によって誤ったスケーリングが発生する問題の修正
・終了時に回転及びスケーリングの情報を記録するように
・ツールメニューの機能拡張
・フォントのスケーリングによってツールメニューが潰れる問題の修正
が変更点です。

[ 2018/10/15 03:54 ] カテゴリ PS Vita | コメント(0)

[PSVITA] PSMのゲームのデータを復号状態でダンプする FuckPSSE がリリース

BitbucketでSilica氏が、Vita上でPlayStation Mobileのゲームのデータを復号状態でダンプする
FuckPSSE をリリースしていました。

PSMのゲームにはPSSEという暗号化が施されており、FuckPSSEはそれを復号するプラグインです。
使用するには今も目的のPSMのゲームが起動可能なVitaが必要です。(NoPsmDrmも可)
FuckPSSE.suprxをtaiフォルダにコピーし、config.txtに以下のように書き足しリロードすれば有効になります。
*ALL
ux0:tai/FuckPSSE.suprx

FuckPSSEが有効になっている時に目的のPSMゲームを起動すれば復号状態でのダンプが始まります。
ダンプ中は画面が真っ赤になり、ダンプが終了すると画面は緑になります。緑になれば終了してOKのようです。
ダンプ先は "ux0:/psm/タイトルID/RW/Documents/" のようです。
FuckPSSEでは復号をそのように実現しているため、有効になっている時はPSMのゲームはプレイ出来ません。
一度ダンプしたとしても、FucKPSSEが有効になっていれば起動時に強制的にダンプが始まってしまいます。
よって、PSMのゲームをプレイする場合はFuckPSSEを無効にする必要があります。

FuckPSSEは単に素のゲームデータを見たかった人に有益ですが、それ以上に有益なのがPC上でプレイ可能になる事です。
これはPSMのSDKにPC上でテストプレイやデバッグを行うためのPSMシミュレータが用意されているためです。
動画:https://youtu.be/4Ede_mhEXlo
今まではPSSEの復号手段が無かったために、世に出たPSMのゲームがシミュレータではプレイ出来ませんでした。
それが今回FuckPSSEという復号手段が誕生したために可能になったという事です。

PSMのコンテンツは2015年に配信が終了していますし、某共有シートでもPSMのコンテンツのzRIFに限っては集まりが悪い
ようなのでFuckPSSEを活用出来る方は少ないと思いますが、それでもこういうのが出てきたのは朗報だと思います。

[ 2018/10/14 03:41 ] カテゴリ PS Vita | コメント(0)

[PSVITA] Adrenalineに Sharp bilinear without scanlines フィルタが追加

rsn8887氏がVitaのPSPエミュレータ(ePSP)のeCFWであるAdrenalineに新たなフィルタを追加していました。
add sharp bilinear without scanlines filter

既存のSharp bilinearにスキャンラインが存在した事から、スキャンライン無しのフィルタを追加されたようです。
スキャンラインが無いだけでなく、バイリニア適用中に一部ゲームで重くなる(らしい)現象も無いそうです。
このフィルタはAdrenalineの次の正式リリースに含まれる内容となります。
そこでrsn8887氏はこのフィルタを早期に試してみたい人向けとして最新ビルドをリリースしています。
https://github.com/rsn8887/Adrenaline/releases/tag/6.7git-rsn8887.patch1
adrenaline_user.suprx がフィルタが追加されたAdrenalineのモジュールの最新ビルドです。
"ux0:app/PSPEMUCFW/sce_module/" の物を上書きすれば新フィルタが使用可能になります。
(事前にAdrenalineの最新版であるv6.7をインストールしておく必要があります。)

以下スクショ。1枚目がSharp bilinearで2枚目がSharp bilinear without scanlinesです。
https://pbs.twimg.com/media/DpZazUxU4AA7a1-.jpg
https://pbs.twimg.com/media/DpZazxcU0AI80yn.jpg

[ 2018/10/14 02:05 ] カテゴリ PS Vita | コメント(0)

[PS3] SEN Enabler v6.0.9 がリリース

PSX-PlaceでEvilnat氏が、CFWを導入したPS3でバージョン擬装を行いPSNに接続する事を可能にする
SEN Enabler v6.0.9 をリリースしていました。
・4.83への偽装をサポート
・CFW 4.83 CEX/DEX をサポート(v6.0.9リリース時点では4.83のCFWが存在しないため未テスト)
・Rebug 4.82 CEX/DEX のCobraのデータを更新
・SEN Plugin をv3.1に更新
・pluginsフォルダが存在しなかった場合に発生する問題の修正
が変更点です。

[ 2018/10/14 02:03 ] カテゴリ PS3 | コメント(0)

[PSVITA] Autoplugin v3.54 がリリース

GitHubでtheheroGAC氏が、HENkakuを導入したVita向けのプラグインを簡単にインストール/アンインストール出来る
Autoplugin v3.54 をリリースしていました。
・VGiを追加
・Viimoteを追加
・日本語訳の更新
・中国語訳の更新
が変更点です。

VGiはゲームプレイ中にゲームの内部的な情報を閲覧する事が出来るプラグインです。
https://github.com/Electry/VGi
ViimoteはVitaでWiiリモコンを使用出来るようにするプラグインです。
https://github.com/xerpi/viimote

[ 2018/10/14 02:02 ] カテゴリ PS Vita | コメント(0)

[PS3] システムソフトウェア バージョン4.83 がリリース

・2018/10/12 2:33 … 追記しました
・2018/10/11 14:13 … 記事公開

ソニーがPS3の システムソフトウェア バージョン4.83 をリリースしていました。
・システムソフトウェアにおいて、動作の安定性を改善
がソニーが公表している変更点です。

PS3Xploit関連の対策の可能性もあるので、まだアップデートはしないでください。
PS3Xploitは各FW毎に対応している形になるので、仮に対策されていない場合でもPS3Xploitチームが
各exploit(Flash Writer, HAN Installer等)を4.83に対応させなければ4.83では使用出来ないと思われます。

4.83でのPS3Xploitの状況については判明次第PSX-Placeの以下のページが更新されると思われます。
PS3 4.83 OFW Now Live - Beware changes unknown stay tuned
4.83のCFW, Homebrew, プラグイン等のリリース状況はPSX-Placeの以下のページを確認してください。
4.83 CFW / Homebrew Apps / Plugins / Tools updated for 4.83
[ 2018/10/12 02:33 ] カテゴリ PS3 | コメント(9)

[SWITCH] TinfoilがUSB経由でのNSPインストールをサポート

SwitchでNSPをインストール可能なTinfoilが、USB経由でNSPをインストールする機能をサポートしていました。
https://github.com/XorTroll/Tinfoil/commit/5695d135808a44db8806421e1c97f5f640b841a5
https://github.com/XorTroll/Tinfoil/blob/master/tools/usb_install_pc.py
Download:https://bsnx.lavatech.top/tinfoil/

USB経由でPCにあるNSPをインストール可能になりました。
ゲームのバックアップをNSPで管理している人間にとってはとてもありがたい機能です。
現時点ではPython3のスクリプトを利用するようで、pipでpyusbをインストールしておく必要があります。
また、libusb(libusbK)も必要です。WindowsでSwitchにペイロードを送っている方は多分既に入っているはずです。
USB経由でのインストール手順はusb_install_pc.pyにコメントとして記載されています。

以下にWindowsの場合の手順を簡単に書いておきます。Python3とpyusbに関しては割愛します。
libusbKが入っていない人のために、Zadigを利用したlibusbKのインストールも手順に入れておきます。

1、Zadigをダウンロード (zadig-2.4.exe)
2、Tinfoilを起動し、"Title management" → "USB Install NSP" を選択
3、PCとSwitchをUSBケーブルを接続
4、zadig-2.4.exe を起動してOptionsのList All Devicesにチェックを入れる
5、"libnx USB comms" を選択し、libusbKを選択してインストール
https://blog-imgs-105.fc2.com/c/m/d/cmd0725/Zadig_v2_4_20181012.jpg
※左にlibusbKと表示されていればlibusbKは既に入っているのでインストールしなくてOK
※"Reinstall Driver" ではなく "Replace Driver" と表示されているのであればインストールする
※Tinfoil起動中以外は "libnx USB comms" ではなく "Nintendo Switch" と表示される
6、以下のように実行する
python usb_install_pc.py NSPファイルのあるディレクトリ
7、Tinfoil上にそのディレクトリ中のNSPファイルが表示されるので選択してインストール
インストール中は転送速度も表示されます。私の環境では 33.00MB/s ~ 41.26MB/s でした。

手順6でSwitchがクラッシュする場合はインストールしたいNSPだけを入れたフォルダを用意し、インストールしたいNSPの
ファイル名を短くしてみてください。どうもファイルが多かったりファイル名が長いとダメなようです。

[ 2018/10/12 00:07 ] カテゴリ Switch | コメント(0)

[PSVITA] vita-moonlight v0.4.0 がリリース

GitHubでd3m3vilurr氏が、NVIDIAのGameStreamのオープンソース実装であるMoonlight Embeddedを
HENkakuのVita向けに移植した vita-moonlight v0.4.0 をリリースしていました。
・アプリリストをアルファベット順にソート (#127)
・ボタン設定の改善 (#130)
・PCとの接続に関する問題を修正するためにvita_cleanupを実装
が変更点です。

[ 2018/10/12 00:07 ] カテゴリ PS Vita | コメント(0)

[SWITCH] システムバージョン6.0.1 がリリース

任天堂がNintendo Switchの システムソフトウェア バージョン6.0.1 をリリースしていました。
・以下の修正を含む、いくつかの問題の修正と動作の安定性、利便性を向上
 - 接続テスト時、通信速度(ダウンロード/アップロード)の結果が正しく表示されない問題を修正
が任天堂(日本)が公表している変更点です。
任天堂(米)は上記の内容に加え以下の変更を公表しています。(source)
・任天堂のライセンスを得たコントローラーで傾き等のモーションコントロールが正しく動作しなかった問題の修正

Switchbrew wikiの6.0.1のページを編集したyellows8氏によると、以下の3つが修正されたようです。
・hid-sysmodule
・audio-sysmodule
・qlaunch
しかしながらそれらのromfsに変更は無かったとされています。
qlaunch modへの影響ですが、私が行っている事(壁紙, テキスト変更)に関しては問題ありませんでした。

CFWは、NSPでインストールしたゲームやHomebrewが起動する事や、(SX OSで)XCIを起動出来る事を確認しました。
LayeredFSもqlaunch modが問題無かったので機能していると見て良いでしょう。
wikiの "Security flaws fixed" にYesかNoかが書き込まれるまでは基本的には上げるべきではありませんが、
eショップへの接続やオンラインプレイがしたい方は上げても良いと思われます。
まあ、6.0.0から6.0.1ではヒューズが焼かれないようなので、wikiのその項目はNoになる気がしますが。

意図的に低いFWでキープしている方は、いつものようにそのままキープしてください。
ChoiDujourNXの使用方法等を理解しておりかつ6.0.1を使用したい方はChoiDujourNXを使用するのを推奨します。

・追記 2018/10/9 19:13
おまかんか他の環境でも発生するかが分からなかったので書いておきますが、設定から普通に更新した後に起動時の
Switchロゴが表示されるのにやたらと時間がかかり、なんとexFATをサポートさせるための更新を求められました。
(microSDカードが使えないからという理由で求められる更新=exFATをサポートさせるための更新)
exFATの状態で更新したので結構ビビりましたが、SX OSのemunandでも似たような事があったので対処は出来ました。
この問題を解決する方法は、hekate等でダンプしていたeMMCのダンプを用いてリストアするか、FAT32でフォーマット
されたmicroSDカードとChoiDujourNXを用いて6.0.1(exFAT)に更新する事です。eMMCのダンプを行っていなかった場合は
後者の方法を取るしかないはずです。6.0.1のファイルはSYSTEMパーティションから取り出してください。
(Emunandのみでその問題が発生し、Emunandを消しても良いのであれば、消して作り直すだけで解決します。)
どうも何らかの条件下だと設定から普通に更新すると不味いようで、ChoiDujourNXを使う必要があるっぽいです。
microSDに関する更新が求められるなら更新すればいいだろ、と思われるでしょうが、「更新する」を選択すると
Switchが「今6.0.1」などとほざいて更新しようとしないんです。なんやこの現象…

[ 2018/10/09 18:38 ] カテゴリ Switch | コメント(0)

[SWITCH] SX OS v2.0.1 と v2.1 beta がリリース

Team XecuterがNintendo SwitchのCFWである SX OS v2.0.1 と v2.1 beta をリリースした事を伝えていました。
https://team-xecuter.com/sx-os-v2-0-1-and-sx-os-v2-1-beta/
公式サイトからダウンロード可能です。
https://sx.xecuter.com/

以下はアナウンスの雑な訳
今日我々はSX OSの"2つ"の新たなバージョンをリリースするために戻ってきました。
1つは広くストレステストが行われた安定版のリリースで、もう1つは安定版としてリリースする前に
テストをしなければならない新機能を実装したSX OSのオプション扱いのベータ版です。
我々は小さな修正でSX OSのバージョンを変えられる事を好まないユーザーから多くのフィードバックを得ました。
エンドユーザーの99%は小さな(しかしながら重要な)修正を気にするべきではなく、むしろ十分にテストされた
ビルドのSX OSを楽しみます。我々はベータ版を導入する事でそうした事に対処しかつエキサイティングな新機能を
より早くお届けしたいと思っています。

●SX OS v2.0.1の変更点
・安定性の向上
・メニューからベータ版にアップデート可能に

●SX OS v2.1 betaの新機能
v2.1 betaでは我々の新たなチートエンジンとチートファインダーを実装しました。
多くのユーザーからゲームでのチート行為やチートを探す方法をリクエストされたため、しばらくの間それは我々の優先順位の
高い位置に存在します。我々はSX OSに追加された初期バージョンのチート機能のフィードバックを望んでいます。
現時点ではまだチートのライブラリは存在しませんが、我々はコミュニティがクールな物を公開する事を願っています。
チートを発見し確実性のあるチートコードを作成するのは面倒な作業となる可能性があり、いくらかの局面ではゲームボーイの
ゲームのチートを見つけるよりも少し難しいでしょう。そうした理由から我々は、チートコードのフォーマットや伝えておく必要の
ある注意事項、あなたを加速させる小さなTipsのリファレンスガイドを意欲的なチートハッカーのためにここに記します。
https://sx.xecuter.com/download/cheathacker_guide.txt
[ 2018/10/08 21:51 ] カテゴリ Switch | タグ Switch_CFW, | コメント(2)