[PS3] PlayStation 3 Toolset でIDPS取得/CFWインストール [OFW4.82~4.86]

2020/04/03 12:22 PS3 9
  • 2020/04/03 12:22
    PS3 ToolsetのOFW4.86サポートに伴い、記事のタイトルと内容を更新しました。
  • 2020/03/26 13:45
    記事公開。旧タイトル「OFW4.82~4.85をサポートした PlayStation 3 Toolset がリリース」
この記事では、OFW4.82~4.86をサポートしたbguerville氏の PlayStation 3 Toolset (以下PS3 Toolsetと表記)の
機能の1つである Flash Memory Manager の使用手順を紹介します。
PS3 ToolsetはPS3のブラウザで使用するハックで、PS3をインターネットに接続する必要があります。
Flash Memory Managerでは全モデルで本体毎に固有のIDであるIDPSの取得、工場出荷時の初期FWバージョンの確認、
フラッシュメモリのダンプが可能で、初期FW3.56以下のCECH25xxまでのモデルであればフラッシュメモリにパッチを
適用してCFWのインストールが可能になります。HFWは不要で、OFW4.82~4.86で可能です。
(HFWもサポートされているため、HFWの場合はHFWの状態で作業を進めても問題有りません)

CECH25xx(初期FW3.60以上)/30xx/4xxxの場合、CFWのインストールは出来ません。
CFWがインストール出来ないモデルの場合でもPS3HENが導入可能です。PS3HENは以下の記事で紹介しています。
[PS3] CFWをインストール出来ないモデル向け PS3HEN の導入手順+α
PS3_CFW, kood

[PS3] PS3HEN v3.0.1 がリリース

2020/04/03 09:42 PS3 3
PS3Xploit Teamが、PS3全モデルをサポートしたHomebrew Enablerである PS3HEN v3.0.1 をリリースしていました。
  • HFW4.86をサポート
  • PS3MAPIに関する更新
が変更点です。
PS3MAPIの変更点の詳細についてはチェンジログを確認してください。
GitHubを見るにCobra 8.2でのPS3MAPIの更新をHENにも反映させた感じだと思います。

これでサポート対象はHFW4.84~4.86となりました。HFWは全モデルでOFWからインストール可能です。
HFW及びHENの導入手順は以下の記事で紹介しています。
[PS3] CFWをインストール出来ないモデル向け PS3HEN の導入手順+α

既にHENを導入している場合、"★Enable HEN" 成功時にインターネットに接続されていれば3.0.1が検出され、自動で
HENのpkgのDLとインストールが行われます。インストール完了後に再起動すれば更新完了です。
ネットワーク列の ”★Hybrid Firmware Tools" からでも更新可能です。

[PS3] SEN Enabler v6.2.6 がリリース

2020/04/03 03:49 PS3 0
Evilnat氏が、CFWのPS3でPSNに接続するためにFWバージョン/IDPS/TargetID/MACアドレスの偽装や
CFW特有のsyscallの無効化/履歴ファイルの削除を行う SEN Enabler v6.2.6 をリリースしていました。
▼v6.2.5
  • FW4.86への偽装をサポート
  • Cobraをv8.2に更新
▼v6.2.6
  • CFW 4.86 CEX/REBUG LITE のハッシュをサポート
が変更点です。

kood

[PS3] Rebug 4.86.1 LITE と Rebug Toolbox 2.03.04 がリリース

2020/04/03 03:44 PS3 0
Team Rebugが、4.86 CEXのCFWである Rebug 4.86.1 LITE をリリースしていました。
合わせてCFW4.86をサポートした Rebug Toolbox 2.03.04 もリリースされています。

PS3_CFW, kood

[PS3] HFW4.86.1 がリリース

2020/03/31 20:25 PS3 0
Joonie氏が、OFW4.86以下からインストール出来る HFW4.86.1 をリリースしていました。
(Download)

HFWはOFW4.83で対策されたPS3Xploit(FlashWriterやPS3HEN等)のためのWebkit exploitを再び使用出来るように
Webkitだけを古い物で置き換えたハイブリッドなFWです。
HFW4.86.1はOFW4.86以下のどのモデルからでもインストール可能となっています。

Joonie氏曰くOFW4.86ではカーネルに変更は無かったそうで、PS3HENは近く更新されるようです。
PS3HENユーザーはPS3HENの更新を待ってください。HFW4.86に上げるのはそれからで良いでしょう。

----------
  • 追記 2020/04/02 03:25
    https://twitter.com/esc0rtd3w/status/1245222849100558338
    esc0rtd3w氏によると、OFW4.86上でbguerville氏のPS3 Toolsetによるフラッシュメモリのダンプ/パッチ適用の
    テストが完了すれば、PS3Xploit v2のFlash Dumper/Writerは廃止になるとの事。
    PS3 Toolsetはモデルの判別が行われるので、CFWをインストール出来ないモデルにとってはより安全です。
    現時点でOFW4.86でもダンプは機能するらしく、数日でパッチ適用がサポートされる見込みのようです。
    また、新しいexploit(PS3 Toolsetに採用されてる奴?)がオープンソースとなりHENがOFWでも使用出来るように
    なるまで、HFWが必要となるのはHENユーザーのみ、との事です。(=将来的にHFWは不要になる見込み)
  • 追記 2020/04/03
    HFW4.86をサポートしたPS3HEN v3.0.1がリリースされました。
    PS3 ToolsetがOFW4.86に対応しました。

PS3_HFW, kood

[PS3] システムソフトウェア バージョン4.86 がリリース

2020/03/31 12:28 PS3 0
ソニーがPS3の システムソフトウェア バージョン4.86 をリリースしていました。
  • システムソフトウェアにおいて、動作の安定性を改善
がソニーが公表している変更点です。

さっそくJoonie氏がHFW4.86.1をリリースしています。
4.86ではカーネルに変更は無かったそうで、近くPS3HENが更新されるようです。

4.86で何が変わったのか現時点では不明ですが、タイミング的にこれ関連の可能性があります。
PlayStation®3一部メッセージ機能のサービス終了について

----------
  • 追記 2020/04/02 03:25
    https://twitter.com/esc0rtd3w/status/1245222849100558338
    esc0rtd3w氏によると、OFW4.86上でbguerville氏のPS3 Toolsetによるフラッシュメモリのダンプ/パッチ適用の
    テストが完了すれば、PS3Xploit v2のFlash Dumper/Writerは廃止になるとの事。
    PS3 Toolsetはモデルの判別が行われるので、CFWをインストール出来ないモデルにとってはより安全です。
    現時点でOFW4.86でもダンプは機能するらしく、数日でパッチ適用がサポートされる見込みのようです。
    また、新しいexploit(PS3 Toolsetに採用されてる奴?)がオープンソースとなりHENがOFWでも使用出来るように
    なるまで、HFWが必要となるのはHENユーザーのみ、との事です。(=将来的にHFWは不要になる見込み)
  • 追記 2020/04/03
    PS3 ToolsetがOFW4.86に対応しました。

kood

[PS3] PS3のゲームをバックアップしよう

2020/03/25 16:57 PS3 7
PS3XploitによってPS3全モデルがハック対象となり、またPS3エミュであるRPCS3でまともにプレイ出来るゲームが
増えてきた2020年3月現在、そろそろ誰かがPS3のゲームのバックアップについてをまとめるべきではないかと思い、
私の理解を丸々記事にしてみました。誤った情報があればコメントなりTwitterなりで指摘してください。

[PS3] CFWをインストール出来ないモデル向け PS3HEN の導入手順+α

2020/03/25 16:54 PS3 29
  • 2020/04/03 10:20
    v3.0.1リリースに伴い更新
  • 2020/03/25 16:52
    v2.0.0の頃から放置していた記事をv3.0.0の記事として更新
この記事では、PS3全モデルでHomebrewの起動やバックアップ起動等を実現可能なHEN(Homebrew Enabler)である
PS3HEN v3.0.1 のインストール手順等を紹介します。サポート対象のFWはHFW4.84~4.86です。
HFWはOFW4.86以下であればインストール可能です。この記事でも紹介するので気にせず読み進めてください。

PS3HENは全モデルをサポートしていますが、CECH25xx(初期FW3.55以下)まではCFWがインストール可能です。
よって、基本的にはCFWがインストール出来ないCECH25xx(初期FW3.60+)/3xxx/4xxxのユーザー向けとなります。
全面的にCFWの方が優秀と言えるので、CFWがインストール出来るならCFWをインストールする事を推奨します。
以下の記事でCFWのインストール手順を紹介しています。
[PS3] PlayStation 3 Toolset でIDPS取得/CFWインストール [OFW4.82~4.86]

[PSVITA] ステートセーブプラグイン déjàvu がリリース

2020/03/07 15:05 PS Vita 0
TheFloW氏が、Vitaでステートセーブを実現するプラグイン déjàvu v0.1 をリリースしていました。

TheFloW氏はDiscordでは1月、Twitterでは2月にこのプラグインを開発している事を明かしていました。
Twitterではプラグインの名前を募集され、その結果決定した名前が déjàvu です。(tweet)
Switchのexploitと同じ名前なのはどうなんだと思って私はアンケートではomoideを選びましたが、dejavuが47%、
omoideが6.5%という散々な結果になっていました。同じ名前が良いという人が多いのでしょうか…?

déjàvuを使用する前提条件として、Vitaにメモリーカードを挿している必要があります。
ux0としてマウントしておく必要はありません。ソースコードではux0のパスが指定されているため、ステートセーブ
とステートロード中にのみ一時的にメモカをux0としてマウントしているのだと思われます。
(つまり内蔵メモリ/SD2VITA/PSVSD/USBストレージ内にはステートセーブを保存出来ません)
READMEによると、déjàvuはまずVitaのソフトリセット機能を使用してRAM内の全リソースが中断された状態にし、
ペイロードによって全キャッシュとMMUを無効にし、FatFSとリバースエンジニアリングされたメモカのドライバを
使用してRAMとその他必要なデータをステートセーブとしてメモカに保存する、という流れのようです。
この時、セーブデータ("ux0:user/00/savedata/タイトルID")もステートセーブとして保存されるようです。
ステートロードではファイルからRAMに書き戻し、セーブデータもステートセーブ内の物に置き換わるようです。
v0.1時点ではステートロードに大きな課題があるようで、100%安定しているとは言えず、SDカードやメモカ内の
ファイルの破損やシステムのクラッシュが発生する可能性があるようです。ここでSDカードというのは、おそらく
SD2VITAやPSVSDに使用しているmicroSDカードの事だと思われます。
déjàvuは実験的なプラグインとされており、TheFloW氏自身は3.65の2000でのみテストされたそうです。

とりあえず試してみたので手順等を書いておきます。
kood

[PS4] TMDB、リーク対策なのか一部の未発売タイトルで空のページを返すようになった模様

2020/01/12 05:13 PS4 0
gamstat.comの管理人が、ソニーが一部の未発売のPS4タイトルのTMDBのjsonからは空ページを返すよう仕様変更
した事をツイートしていました。 https://twitter.com/GamstatC/status/1216052957357187072
TMDBはPS3とPS4の各タイトルのメタデータを公開しているサブドメインの事で、PS4タイトルの場合メタデータが
jsonで公開されています。これまでソニーは未発売/未発表のタイトルのjsonをフライングして公開していました。
しかしどうやらソニーはその自社リークとでも言うべき行為を改めようとしているのか、一部の未発売タイトルで空の
ページを返すよう仕様を変更したようです。gamstat.comの管理人は例としてDaymare: 1998を挙げています。
http://tmdb.np.dl.playstation.net/tmdb2/CUSA18168_00_7EEF524507438580C551C9E6C3B245521698F103/CUSA18168_00.json
そのタイトルIDの予約が破棄された可能性もあるのでは、と思い少し調べてみると、他に空ページになった侍道外伝は
icon0.pngがサーバ上に残っていました。タイトルIDの予約破棄の可能性は低いかもしれません。
どうせならFF7リメイク体験版のjson消せよって思うのですが、なんでしないんでしょうね。
(FF7リメイク体験版は、jsonはありますがicon0とpic0は消えています。なんでそんな中途半端な事を…)
既に発表済みのDaymareとか侍道外伝のjsonを見えなくして何の意味があるのかと…何を基準にしているのか…
この状況からgamstat.comの管理人は、これ以上のリークは無いとしています。
私としてはリーク対策なのかどうかは少し様子を見ないと判断出来ないと思っていますが。
まあ、とりあえずPlayStation Title Info Checkerをこれに対応させました。これまではエラー(404)かどうかで存在の
有無を判定していたので。ついでにpronunciation.xmlの情報取得にも対応させました。

kood

[Mega Drive Mini] Project Lunar がリリース

2020/01/11 10:39 Mega Drive Mini 5
  • 2020/01/11 10:39 - .mファイルの解凍方法の紹介を追加
  • 2019/12/31 00:03 - 記事公開

ModMyClassicがメガドライブミニのハック Project Lunar 1.0.0 をリリースしていました。
1.0.0はパブリックベータという扱いのようです。

Project Lunarでは、メガドラのゲームの追加、RetroArchやEmulationStationの起動、USBを介してNANDにSFTPで
アクセス、メガドラミニ用以外のコントローラを使用、等が可能になります。
Project Lunarはm2engage(メガドラミニに実装されているエミュ)がステートセーブの格納に使用するパーティション
にインストールされるようで、そこの空き容量は最大でも170MBです。そのためUSBストレージを使用する事も可能と
なっています。FAT32/exFAT/NTFSがサポートされているようです。

簡単にですが試してみたのでとりあえず記事にする事にしました。
kood

[PS4] FF7リメイク体験版のリークの流れ

2020/01/02 05:49 PS4 (-)
なんとなくまとめたくなったので。
kood