[PSVITA] VitaTweakBox v2.05 がリリース

ModConsolesでBenMitnicK氏が、Vitaの多機能なファイルマネージャアプリであるVitaShell 1.97をベースにした
VitaTweakBox v2.05 をリリースしていました。
v2.04
・パーティションの日付表示部分を容量のグラフに変更
・パーティションの空き容量をデフォルトで表示するように
・アイコンやヘルプメニューテキストの場所を変更する機能の追加
・色/パラメータを更新
v2.05
・メインアプリケーションをVitaTweakBoxに
・VitaTweakBoxと各機能のテーマを更新
・VitaShellがVitaTweakBoxの機能の1つに
・テーマセレクタのバグを修正
・VitaShellのパーティションの容量表示を変更
 (使用/空き/パーティションサイズ)
・メニューセレクタを更新
・マニュアルの更新
・色/パラメータ/言語ファイルを更新
が変更点です。

>メインアプリケーションをVitaTweakBoxに
>VitaShellがVitaTweakBoxの機能の1つに
これはBenMitnicK氏の動画を見ればどういう事か分かると思います。
https://www.youtube.com/watch?v=HcL0LSUcY5s

[ 2018/12/08 18:38 ] カテゴリ PS Vita | タグ Vita_VitaShell, | コメント(0)

[SWITCH] Switchで使用される鍵(titlekey含む)をダンプする Lockpick がリリース

GitHubでshchmue氏が、Switchで使用される鍵(titlekey含む)をダンプする Lockpick v1.0 をリリースしていました。

今まで鍵をダンプするために使用されていたkezplez-nxをC++17を用いて書き直した物だそうで、6.2.0からのダンプにも
対応しています。DL版ゲームやDLC,ゲームのアプデに存在するtitlekeyのダンプもサポートされています。
鍵を検索するに当たりSHA256の代わりにxxHashを採用され、更にPackage2の復号やKIPの展開をせずメモリから鍵を
取得するようにされた事によりダンプ速度が向上したようです。

使用手順をざっくりと書いておきます。
1、hekate v4.5以上を実行
2、Console info を選択 (音量ボタンでカーソル移動、電源ボタンで決定)
3、"Print fuse info" を選択し、電源ボタンでその情報をmicroSDカードにダンプ(完了するとDone!と表示される)
4、"Print TSEC keys" を選択し、電源ボタンでその情報をmicroSDカードにダンプ
5、CFWを起動する
6、hbmenuを開く
7、Lockpickを起動する

Lockpick_20181208_1.jpg

Lockpickを起動すると、操作無しにそのFWから取得可能な鍵のダンプが始まります。
そのダンプが終了後、+ボタンでLockpickを終了するか、Aボタンで続けてtitlekeyのダンプを行えます。
ダンプ先は "sd:/switch/" で、FWから取得可能な鍵はprod.keysとして、titlekeyはtitle.keysとして保存されます。

[ 2018/12/08 18:23 ] カテゴリ Switch | コメント(0)

[SWITCH] Atmosphère 0.8.2 がリリース

GitHubでSciresM氏が、Nintendo SwitchのCFWである Atmosphère 0.8.2 をリリースしていました。
・"Key Derivation Failed!" と表示される事があるバグの修正
・FW1.0.0で一部モジュールが動作しないバグの修正
・debug mode 有効時にスリープが機能しないバグの修正
 - debug modeはデフォルトで有効に(BCT.ini)
・安定性の向上
が変更点です。

変更点には記載されていませんが(と言うよりGeneral system stability improvementsに含まれているのだと思いますが)、
v0.8.2ではこれまでルートに置いていた BCT.ini と fusee-secondary.bin がAtmosphereフォルダに移動しています。
ルートにそれらが置かれている場合、それらはもう必要無いので削除しても構いません。

[ 2018/12/08 12:56 ] カテゴリ Switch | タグ Switch_CFW, | コメント(0)

[SWITCH] Rekado v2.5.1 がリリース

GitHubでMenosGrante氏が、RCMで起動したSwitchにFusée Geléeを利用してペイロードを送信するAndroidアプリ
NXLoaderをベースにした Rekado v2.5.1 をリリースしていました。
・hekateをv4.5に更新
・イタリア語訳の更新
・ポルトガル語訳の更新
が変更点です。

[ 2018/12/08 12:56 ] カテゴリ Switch | コメント(0)

[SWITCH] hekate v4.5 と Kosmos v11.5 がリリース

GitHubでCTCaer氏が、Switchのブートローダーとして使用したりeMMCをバックアップ/リストアする事が出来る
hekate - CTCaer mod v4.5 をリリースしていました。
・FW6.2.0をサポート
 - Secure Monitorと新しいExosphereをサポート
 - ヒューズの焼損数が8個未満でも6.2.0を起動出来るように
 - "Print TSEC keys" と "Dump package1/2" が6.2.0で使えるように
・YouTubeアプリのHDCPに関する問題を修正
・ファイルリスタが隠しファイルや.dotファイルを無視するように
・Minerva Training Cell ライブラリを最新バージョン(v1.1)に更新
・"Auto HOS power off" にロゴを表示せず電源を落とすオプションを追加
・main.cのリファクタリング
・多くのバグを修正
が変更点です。

またGitHubでTeam AtlasNXが、ブートローダーであるhekateやCFWであるAtmosphereを使用するための
オールインワンパック Kosmos v11.5 をリリースしていました。
・hekate v4.5を採用
・fuseeを削除(hekate v4.5がリリースされたため)
・Atmosphereを更新
・ldn_mitmを更新
が変更点です。

hekateが6.2.0に対応した事でfusee-primary.binを使わず細分化されたモジュールを用いてCFWを起動出来るようになり、
ヒューズチェックの回避のみを行いFWを起動出来る俗に言うstockも6.2.0で使えるようになりました。

[ 2018/12/07 04:31 ] カテゴリ Switch | タグ Switch_CFW, | コメント(0)

[SWITCH] FW6.2.0でAtmosphere起動時にmaster_key_06含め3つの鍵をダンプする方法が公開

GBAtempでSimonMKWii氏が、FW6.2.0のSwitchでmaster_key_06含め3つの鍵をダンプ出来るようにするコードと、
そのコードを追加したfusee-secondary.binをリリースしていました。
How to dump the latest master key (master_key_06) + others

6.2.0のSwitchでAtmosphereを起動する際に tsec_root_key, master_kek_source_06, master_key_06 の3つの鍵を
microSDカードのルートにprod.keysファイルとしてダンプする、といったコードを追加されたようです。
6.2.0向けであり、上記の鍵が存在しない6.1.0以下のSwitchでは追加されたコードは機能せずにAtmosphereが起動します。

6.2.0にて追加された3つの鍵をダンプ出来るだけで、他の鍵はダンプ出来ません。
他の鍵をダンプする方法として、エンドユーザー向けにはkezplez-nxがありますが、未だ6.2.0に対応していないため
いくつかの鍵はダンプ出来るものの、kezplez-nxがサポートする全鍵をダンプする事は出来ません。
6.2.0に上げた方が他の鍵を取得する方法は、現時点では6.1.0にダウングレードするかググるかくらいでしょう。


・追記 2018/12/08
Lockpickがリリースされたのでこちらは不要になりました。鍵のダンプにはLockpickを使用してください。
[SWITCH] Switchで使用される鍵(titlekey含む)をダンプする Lockpick がリリース

[ 2018/12/06 03:13 ] カテゴリ Switch | コメント(0)

[PS3] SEN Enabler v6.2.0 がリリース

PSX-PlaceでEvilnat氏が、CFWを導入したPS3で各種擬装を行いPSNに接続する事を可能にする
SEN Enabler v6.2.0 をリリースしていました。
・Cobraのデータを7.55に更新(SEN Enablerがサポートしている全CFW向け)
・disable syscalls option の改良
・syscalls patch mode の削除
・IDs patch mode の削除
・Cobra hash fix の改良
・Patch syscalls/IDs/XMB option がFWに依存しないように
・syscall無効中に発生するランダムなクラッシュ問題を修正
・SEN Plugin からflagファイルを削除
・SEN Plugin 起動時にIDのパッチを追加
・SEN Plugin 起動時にdisable syscallを追加
・SEN Plugin にパッチファイルのソースオプションを追加(USB/内蔵HDD)
・SEN Plugin をv3.33に更新
・コードの改善
が変更点です。

v6.2.0ではSEN Enablerがサポートしている全CFWでCobraを7.55に更新出来るようになりました。
Evilnat氏はこれに合わせてGitHubに各CFW向けのCobra 7.55のデータをアップされています。
https://github.com/Evilnat/Cobra-7.55
また、PS2エミュを使う人向けに、上記のCobraのデータからPS2エミュのファイルのみをMEGAにアップされています。
https://mega.nz/#F!FINVyKII!h_nAT9fjjMGKF7a8RBWAkg

[ 2018/12/04 03:04 ] カテゴリ PS3 | コメント(0)

[SWITCH] Kosmos v11.1 (Pre-release) がリリース

GitHubでTeam AtlasNXが、Switchのブートローダーの役割を果たすhekateやCFWであるAtmosphereを使用するための
オールインワンパック Kosmos v11.1 (Pre-release) をリリースしていました。
・FW6.2.0をサポート(Atmosphereのfuseeを使用)
・ldn_mitmを追加
・ブートロゴを変更
・Atmosphereを更新
・hbmenuを更新
が変更点です。

未だFW6.2.0の鍵の導出をサポートしたhekateがリリースされていないため、Kosmos v11.1 (Pre-release)ではhekateで
fusee-primary.binを実行する形でFW6.2.0がサポートされました。だからこそプレリリース扱いなのだと思います。

[ 2018/12/04 02:14 ] カテゴリ Switch | タグ Switch_CFW, | コメント(0)

[SWITCH] 4NXCI v2.10 がリリース

GitHubでThe-4n氏が、SwitchのカートリッジのダンプであるXCIから必要なNCAを抽出し、DL版のゲームやゲームの
アップデートをインストールするためのNSPとしてパックする 4NXCI v2.10 をリリースしていました。
・keygeneration 7をサポート
・tempディレクトリとNSPの出力ディレクトリを設定するオプションを追加
・複数のアップデートを含んだゲームカード(XCI)をサポート
が変更点です。

tempディレクトリ(デフォは4nxci_extracted_xciフォルダ)とNSPの出力ディレクトリの設定はオプションです。
4NXCIをオプションの引数付きで実行した場合のみ適用されます。
https://github.com/The-4n/4NXCI/blob/master/README.md

[ 2018/12/03 02:28 ] カテゴリ Switch | タグ Switch_XCI, Switch_NSP, | コメント(0)

[PSVITA] Autoplugin v3.59 がリリース

GitHubでtheheroGAC氏が、HENkakuを導入したVita向けのプラグインを簡単にインストール/アンインストール出来る
Autoplugin v3.59 をリリースしていました。
・TropHAXを追加
・日本語訳の更新
・中国語訳の更新
が変更点です。

[ 2018/12/01 19:26 ] カテゴリ PS Vita | コメント(0)

[SWITCH] memloader v3 がリリース

rajkosto氏が、SwitchでcorebootのCBFSイメージやu-bootのようなELF形式のペイロードを実行可能なペイロード
memloader v3 をリリースしていました。
・バイナリを実行する前にMinerva memory trainerを実行
が変更点です。

これによりサンプルとして同梱されているu-bootのums(USBマスストレージ)モードのパフォーマンスが80%向上するとの事です。
パフォーマンスの向上は嬉しいですね。

[ 2018/12/01 19:25 ] カテゴリ Switch | コメント(0)

[PSVITA] VitaTweakBox v2.03 がリリース

ModConsolesでBenMitnicK氏が、Vitaの多機能なファイルマネージャアプリであるVitaShell 1.97をベースにした
VitaTweakBox v2.03 をリリースしていました。
・LiveAreaのテーマを変更
・VitaTweakBox(VitaShell)のテーマを変更
・データベースに関するバグの修正
・アイコンの問題を修正
・マニュアルを追加
・右アナログスティックを右に倒す事でヘルプを表示するように
・VITAidentにアイコンを追加
・ディレクトリの再構成
・言語/色/paramを更新
が変更点です。

[ 2018/12/01 14:47 ] カテゴリ PS Vita | タグ Vita_VitaShell, | コメント(0)