[PSVITA] NoNpDrm v1.4 Unofficial がリリース

2019/05/17 03:22 PS Vita 0
LMAN氏(leecherman氏)が、Vitaのゲーム/DLC/テーマの偽ライセンスを作成してDRMを回避するための
NoNpDrm v1.4 Unofficial をリリースしていました。
  • 共有DLCの偽ライセンスが作成されなかった問題の修正 ( #44 / #46 )
が変更点です。

別のタイトルIDのDLCが使用される場合に、そのDLCの偽ライセンスが作成されなかった問題が修正されました。
fumu-no-kagomeko氏のプルリクエストはマージされましたが、TheFloW氏はそのビルドをリリースしていない
ようなので、共有DLCがあるゲームで偽ライセンスを作成したい方はv1.4 Unofficialを使用してください。

Vita_NoNpDrm, kood

[PSVITA] ゲーム/DLC/テーマのDRMを回避する NoNpDrm の使い方

2019/03/22 19:56 PS Vita 54
・2019/03/22
2018年4月に作成した記事でしたが、古い情報や不十分/不適切な情報が存在したため、この度内容を一新しました。

この記事では、Vitaのゲーム/DLC/テーマのDRMを回避するためのNoNpDrmの使い方を解説/紹介します。
https://github.com/TheOfficialFloW/NoNpDrm
DRMの回避というとちょっと伝わりにくいかもしれませんが、ゲームの場合は所謂「バックアップ起動」の事です。
ゲームカードはゲームカード無しで起動出来るようになり、DL版は違うアカウントでログインしていたり機器認証
を解除していたとしても起動出来るようになります。それを実現するのがNoNpDrmです。

NoNpDrmを使用するに当たってはHENkakuのVitaが必要です。HENkakuにはFW3.70以下のVitaが必要です。
HENkakuのVitaをまだ用意出来ていない方は、まずはHENkakuのVitaを用意してください。
[PSVITA] VitaのFWを任意のバージョンにアップデートする方法
[PSVITA] FW3.60でHENkakuをインストールする手順+α
[PSVITA] FW3.65~3.68にHENkakuをインストールする事が可能な h-encore を導入する手順+α
[PSVITA] FW3.69/3.70でHENkakuをインストールする事が可能な Trinity がリリース

[PSVITA] pkg2zip v2.0-alpha がリリース

2018/11/13 23:47 PS Vita 0
GitHubでYoti氏が、Vitaのゲーム/DLC/PSMやPSPのアーカイブスのPKGを展開したりPSPのゲームのPKGをISOに変換する
mmozeiko氏のpkg2zip v1.8を改良した pkg2zip v2.0-alpha をリリースしていました。
v1.9-alpha
・Unityを利用したPSMコンテンツのPKGの展開の修正(runtimeフォルダも展開するように)
v2.0-alpha
・VitaのテーマのPKGの展開をサポート ("/theme/(テーマID)/")
が変更点です。

テーマのPKGの展開に関しては、過去にLucas氏がそれをサポートしたpkg2zipをリリースされていましたが、内容としては
Vitaが何かをDLする際に一時的に使用するbgdlフォルダに配置出来るよう展開するというものでした。
bgdlを用いたインストールというのは、単純に配置してVitaを再起動するというものですが、どうやらmmozeiko氏にとって
それは好ましいインストール方法ではなかったらしく、結局Lucas氏のプルリクエストはマージには至りませんでした。
mmozeiko氏はゲーム(ux0:app/)やDLC(ux0:addcont/)のようにテーマをテーマのフォルダであるthemeフォルダに配置して
インストールする方法を好まれ、今回Yoti氏はv2.0-alphaでそれを出来る形での展開をサポートされました。

現状、偽ライセンスを用いたテーマのインストール方法はbgdlの方法を使うかthemeフォルダに置く方法を使うかのどちらかで、
前者は単純にVitaを再起動すればインストールされ、後者はデータベースの更新や再構築でOKなはずです。
前者の場合に課題になるのが偽ライセンスを使うという所で、bgdlに配置して再起動というのはインストールの後回し的な
意味を持っているので再起動時にNoNpDrm(unofficial)が有効になっていなければインストールに失敗します。
対して後者の場合は既にインストール済みという扱いでデータベースの内容を更新します。
つまり前者はEnso限定の方法で、後者はテーマを適用出来るのがHENkaku有効後になりますがEnsoでなくても可能な方法です。
まあ理想的なのは、可能なのかは不明ですがVitaShellのリフレッシュ機能がテーマに対応する事でしょう…


・追記 + ↑の一部情報が間違っていたので修正
themeフォルダを用いた方法ではDB更新後や構築後にlicenseフォルダに偽ライセンスが配置されないようです。
以下のように自分で配置すれば問題ありませんが、Enso環境の方は面倒ならbgdlを用いた方法を使うべきでしょう。
("ux0:license/(テーマID)/6488b73b912a753a492e2714e9b38bc7.rif")
これをやった場合、そのテーマを適用するまではテーマの選択画面でそのテーマのアイコンが破損か真っ白です。
偽ライセンスが正しく配置されていてNoNpDrm(unofficial)が有効になっているならその状態でも適用可能です。

Vita_NoNpDrm, kood

[PSVITA] NoNpDrmと合わせてFFFTPを使用する場合は転送モードをバイナリモードに

2018/11/03 19:01 PS Vita 7
数えてみたのですが、NoNpDrmに関してのコメントやメールで私に以下の事を報告した人が14人いました。
「FFFTPではバブルが作成されず、FileZillaに変えたらバブルが作成された」
で、今日になって、なぜこれが起こるのか流石に疑問に思えて来たので少し調べました。

検証に使用したソフト
・FFFTP v2.00
・FileZilla v3.38.1
・WinMerge (ファイル比較)
Vita_NoNpDrm, kood

[PSVITA] NoNpDrm イース8 シュラム密林地帯 C2-12828-1エラー問題に対する2つの解決策

2018/09/06 12:50 PS Vita 9
「Vitaのイース8(NoNpDrm)のシュラム密林地帯のエリア移動でC2-12828-1エラーが出る」
そんな話をちょっと前に聞きました。その時は「ふーん、あっそ」と思ってたんですが、実は私イース8は積んでまして
ここ最近やる気が出て来たのでちょこちょこプレイしてて、問題のシュラム密林にやってきました。
NoNpDrmで動作させてたんですが確かに、はい、確かにシュラム密林のエリア移動でエラーが出ました ^^;

[PSVITA] NoNpDrm v1.3 Unofficial がリリース

2018/03/13 08:05 PS Vita 0
LMAN氏(leecherman氏)がHENkaku環境のVitaでゲームの偽ライセンスを作成してDRM保護を回避する事が可能な
TheFloW‏氏のNoNpDrm v1.2をベースにした NoNpDrm v1.3 Unofficial をリリースしていました。
・テーマの偽ライセンスの作成をサポート
・偽ライセンスを作成する前に偽ライセンスが存在するかどうかをチェックするように
がオリジナルからの変更点です。

テーマの偽ライセンスはVitaを再起動する事で "ux0:/nonpdrm/license/theme/テーマID/" に作成されます。
NoNpDrm v1.2ベースなのでFW3.65/FW3.67がサポートされています。

Vita_NoNpDrm, kood

[PSVITA] NoNpDrm v1.2 がリリース

2018/03/10 20:04 PS Vita 0
GitHubで、TheFloW‏氏がHENkaku環境のVitaでゲームの偽ライセンスを作成してDRM保護を回避する事が可能な
HENkaku向けプラグイン NoNpDrm v1.2 をリリースしていました。
・FW3.65/FW3.67 をサポート
が変更点です。

Vita_NoNpDrm, kood

NoNpDrm v1.2 Unofficial がリリース

2018/02/08 22:37 PS Vita 0
leecherman氏(LMAN氏)がHENkaku環境のVitaでゲームの偽ライセンスを作成してDRM保護を回避する事が可能な
TheFloW‏氏のNoNpDrm v1.1をベースにした NoNpDrm v1.2 Unofficial をリリースしていました。
・テーマの偽ライセンス生成をサポート
・偽ライセンスを作成する前に偽ライセンスが存在するかどうかをチェックするように
がオリジナルからの変更点です。

テーマと言えばGnarmagon氏のNoThemeDrmがありましたが、これが登場したからかリポジトリは非公開にされたようです。

Vita_NoNpDrm, kood

Vita PSMのゲームが起動しない問題を解消する NoPsmDrm Fixer V1.0 がリリース

2017/12/08 23:27 PS Vita 0
GitHubで、Yoti氏がVitaでPlayStation Mobileのゲームが起動しない問題を解消する
NoPsmDrm Fixer V1.0 をリリースしていました。

NP-2052-9エラー(SCE_NP_AUTH_ERROR_INVALID_CREDENTIAL) を解消するHomebrewらしいです。

Vita_NoNpDrm, kood

Vita PSMコンテンツの偽ライセンスを作成してDRM保護を回避する事が可能な NoPsmDrm v1.0 がリリース

2017/10/16 01:24 PS Vita 0
GitHubで、frangarcj氏がHENkaku環境のVitaで今も動作しているPSMコンテンツの偽ライセンスを作成し、
DRM保護を回避する事が可能な NoPsmDrm v1.0 をリリースしていました。

2015年3月にサービスが終了し、同年9月にコンテンツの再ダウンロードが出来なくなってしまったPlayStation Mobileですが、
TheFloW‏氏の開発したNoNpDrmと同様の事をPSMのコンテンツでも出来るようにしたのがfrangarcj氏のNoPsmDrmのようです。
偽ライセンスがあればPSMのコンテンツが動作するわけですが、frangarcj氏によれば機器認証は必要だとの事。
その機器認証はPSM起動時にインターネットを介して行われるものでは無く、普通のPSNの機器認証との事(Twitter)
なのでおそらくですが、偽ライセンスがあり、act.datのバックアップを取ってあるのなら、手持ちのPSMコンテンツは不滅です。

使用方法としては、nopsmdrm.skprx を ux0:tai/ にコピーし、config.txtに以下のように書き足してリロード(Vitaを再起動)。
*KERNEL
ux0:tai/nopsmdrm.skprx
その後にPSMのコンテンツを起動させれば "ux0:data/" に偽ライセンス(rif形式)が作成されるそうです。
偽ライセンスは "ux0:psm/タイトルID/RO/License/偽ライセンス.rif" と配置すればOKな模様。
これを行う場合は必ずtm0パーティションと"ux0:psm/"のバックアップを取ってからにしてください。

もしコンテンツをアンインストールしてまったり他の環境で動作させたりする場合には、タイトルIDのフォルダを"ux0:psm/"にコピーし、
偽ライセンスを "ux0:psm/タイトルID/RO/License/" にコピーし、セーフモードからデータベースの再構築を行えば良いとの事。

Vita_NoNpDrm, kood