[PSVITA] reF00D v1.0 がリリース - 要求FWが高いゲームをCompatibility Pack無しで起動可能に

GitHubでFAPS Teamが、HENkakuのVitaで要求FWが高いゲームを起動可能にする reF00D v1.0 をリリースしていました。

先日発表されたreF00DがFAPS Teamより早速リリースされました。
チームメンバーは CelesteBlue氏, dots-tb氏, Princess of Sleeping氏, juliosueiras氏, TheRadziu氏 の5名です。

これまで要求FWが高いゲームはそのFW未満の環境では通常は起動出来ず、そうした環境で起動するためにはそのゲームが
起動出来るVitaでFAGDecを用いてそのゲームの起動に必要なモジュールを復号し、それをrePatchでCompatibility Pack
として使用する必要がありました。(Compatibility PackはGitLabにあるリポジトリからのダウンロードも可。)
対してreF00DではCompatibility Packは不要で、その代りにFAPS Teamが用意した鍵ファイルを使用します。
その鍵によってreF00Dは要求FWが高いゲームや、3.53からは起動出来なくなったPSM Devの起動に必要なモジュールを
復号し、それらの起動を実現します。Compatibility Packのダウンロードは良いか悪いかの是非が分かれる行為ですから、
reF00Dのリリースによりそういう事を気にせずに要求FWが高いゲームを起動出来るようになったというわけです。

Compatibility Packを使用する場合との違いに関して、考慮すべき点を私から挙げるとすれば2点です。
1点目は、Compatibility Packはそれ自体が既に復号されている物として動作しますが、reF00Dはゲームを起動するために
モジュールの復号処理を行うため、ゲームの起動時間(画面に画像が表示されている時間)に差があるという点です。
ただそこまで大きな差があるというわけではなく、dots氏が行った約18MBのebootを持つChasmの起動時間の検証では、
Compatibility Pack使用時は起動に5.8秒掛かり、reF00Dでは7秒掛かったとの事です。(source)
モジュールのサイズだけでなく数も影響してくるようで、中には400以上のモジュールを持つゲームもあるそうです。
2点目は、モジュールの改造です。チートや翻訳等、弄りたい部分が起動に必要なモジュールに含まれている場合には
reF00DではなくCompatibility Packを使用するべきでしょう。チートはVitaCheatでなんとかなるかもしれませんが。

とりあえず簡単に使い方を書いておきます。
[ 2019/01/11 21:45 ] カテゴリ PS Vita | タグ Vita_reF00D, | コメント(4)