[PS4] 本体の型番かDatacodeかP/Nを入力するとハック可能かを判別してくれる PS4IDENT がリリース

GitHubでKiiWii氏が、PS4本体の型番かDatacodeかP/Nを入力するとハック可能かを判別して表示する
PS4IDENT をリリースしていました。
https://defaultdnb.github.io/PS4IDENT/index.html
リリースを伝えられたGBAtempのスレッドは以下です。
https://gbatemp.net/threads/release-ps4ident-find-hackable-consoles.520039/

型番はCUH-xxxx、Datecodeは欧州で用いられる製造年月が分かる二桁のコード、P/NはPS4の箱に貼られた
シールに記載されているP-2745xxxx-xのコードです。いずれかを入力するとそのPS4本体の初期FWの範囲や、
そのFWがハック可能かどうかが判別され表示される、といった感じのサイトです。

ハック可能かどうかは色で表されます。
[緑=ほぼ確実に可能な事が確認されている、黄=無理な場合もある、赤=今は無理]
現時点で緑色で表示されるのは、exploitが公開されているFW5.05までのようです。
判別のベースとなっているのはPSDevWikiの情報やGBAtempのスレの情報のようです。

あくまで 「初期FWの範囲」と「そのFWがハック可能かどうか」を判別するサイトです。
改造目的で新品のPS4を購入する際には役立つかも、といった感じの認識が良いと思います。

[ 2018/10/06 06:28 ] カテゴリ PS4 | コメント(0)

[PS4] システムソフトウェア バージョン6.00 がリリース

ソニーがPS4の システムソフトウェア バージョン6.00 をリリースしていました。
・システムソフトウェアにおいて、動作の安定性を改善
がソニーが公表している変更点です。

「ベータテストやっといてこれだけ!?」
と思ってしまうくらいには悲しい内容。なんのためにキリの良い数字まで上げたんでしょう。
今までキリの良い数字の時にはSHINGENだったりKENSHINだったりのコードネームが付いていましたがそれもありません。
正直がっかりなショボイ内容です。

サイバーガジェットのセーブエディターは現時点では使用出来ないようです。(source)
セーブエディターを使っている方は6.00にはまだ上げない事をオススメします。

ハックシーンからは今のところは特に目立った情報はありません。
PS4のハックに興味があるのであれば、いつものようにアップデートは控えるようにしてください。
何か分かれば追記か記事にします。


・追記 2018/09/18
セーブエディターが6.00に対応したようです。
https://twitter.com/cybergadget/status/1041887352401027072

[ 2018/09/14 06:48 ] カテゴリ PS4 | コメント(0)

[PS4] データベースの再構築で消えたFPKGのゲームを復活させる PS4_db_rebuilder がリリース

GitHubでZer0xFF氏が、PS4でデータベースの再構築を行い消えてしまったFPKGゲーを復活させる
PS4_db_rebuilder v0.1 をリリースしていました。

PS4はデータベースの再構築が実行されてしまうとデータベースからFPKGのゲームが消えてしまうという特徴があります。
そうなってしまった場合、予めapp.dbをバックアップしてあればそれを使う、というのがこれまでの解決策でした。
今回リリースされたPS4_db_rebuilderではapp.dbのバックアップは不要です。
"/user/app/タイトルID/" をスキャンし、app.dbに書き込むというPythonのスクリプトのようです。

使用手順
1、release_0.1.zip をDL/解凍
2、PS4でFTPのペイロードを実行(実行後、ブラウザを開いたままにしておく)
3、PCで以下のように実行する(要Python3)
python fix_db.py PS4のIPアドレス
4、処理が終わったらブラウザを開いたままPSボタンを長押し、電源→PS4からログアウトする
5、ユーザーを選択してPS4のホームを確認する(FPKGゲーが復活してたら成功)

処理時に特定のタイトルIDでエラーが発生する場合、PS4の "/user/app/(そのタイトルID)/" 内が破損或いはおかしい可能性があります。
特定のタイトルIDでエラーが発生した場合は、そのフォルダを消すか、フォルダ名を8文字以下にリネームしてください。
9文字以上だと名前の終わりから9文字がタイトルIDとしてスクリプトに認識されてしまうようです。

[ 2018/09/13 07:24 ] カテゴリ PS4 | コメント(0)

[PS4] システムソフトウェア バージョン5.56 がリリース

ソニーがPS4の システムソフトウェア バージョン5.56 をリリースしていました。
・システムソフトウェアにおいて、動作の安定性を改善
がソニーが公表している変更点です。

今の所これはPSNに接続するためには必須では無いと言われています。
FF14に関する問題が修正されたっぽい、という話も挙がっていますが詳細は把握していません。
ハックに興味がある方は、いつも通りアップデートしないでください。
6.00のベータテストの最中という所やPSNに必須ではない所から、脆弱性の修正では無い気がしますけど。
サイバーガジェットのセーブエディターは5.56でも動作するようです。

[ 2018/08/31 20:33 ] カテゴリ PS4 | コメント(2)

[PS4] FSELFファイルをELFファイルに変換する UnFSelf がリリース

PSXHAXで、DimosGsxR氏がPS4のFSELFをELFに変換する UnFSelf をリリースした事が伝えられていました。
UnFSelf: Convert PS4 FSELF Files Back to ELF Files by DimosGsxR

さて、PlayStationハードでは実行ファイル(eboot.bin)となるELFはSigned ELF(SELF)として取り扱われています。
現在PS4シーンに存在するバックアップ起動の方法は、ゲームデータに施されたPFSやSELFに施された暗号化を復号状態でダンプし、
ELFをFake SELF(FSELF)に変換し、ソニーから流出したPKGビルドツールを改造したツールでFake PKG(FPKG)としてビルド。
その後PS4でペイロードを実行してインストール/起動、という事をやっています。
(ELFからFSELFの変換は、流出したツールを改造したFake PKG Generator,ToolsがPKGビルドと同時にやっています。)

今回リリースされたUnFSelfは、ELFを直接改造してゲームのMOD,チートを実現したり、要求FWを下げたい人向けです。
後者はELFのバイナリ中のバージョン値を書き換えるという手法で、確か4.05のハックが主流だった時にHorizonで話題になりましたね。
まあ、そもそもELFの改造というのはダンプしたゲームデータが手元にあればそれで良く、UnFSelfはFPKGしか手元にねえって人向けです。
(パスコードを用いてFPKGを展開したとしても、手に入るeboot.binはFSELFなため。)

そういえば以前記事にしましたがVitaのrePatchのような働きをするOrbisAFRはeboot.binのリダイレクトにも対応しているそうです。
5.05以外で動作するのかは把握していませんが、ゲームデータ自体を弄る事に興味がある方はOrbisAFRは要チェックです。

[ 2018/08/04 21:59 ] カテゴリ PS4 | タグ PS4_FPKG, | コメント(0)

[PS4] FPKGを作らずゲームのMODを実現する OrbisAFR がリリース - VitaのrePatchのようなもの

GitHubでTheoryWrong氏が、FPKGを作らずゲームのMODを実現するペイロード OrbisAFR をリリースしていました。
https://github.com/theorywrong/OrbisAFR/

今まではPS4でゲームのMODを行うに当たってゲーム本体或いはパッチとしてFPKGをビルドする必要がありました。
OrbisAFRはPS4の "/mnt/sandbox/タイトルID/app0/" を "/data/タイトルID/app0/" にリダイレクトするペイロードです。
前者にファイルが存在し、後者に同じディレクトリ構造のファイルが存在する場合、後者が読み込まれます。
また、前者にファイルが存在せず、後者にファイルが存在する場合、ゲームにそのファイルを読み込ませる事が可能なのだとか。
VitaでHENkakuに触れた事がある方であれば rePatch と言えば分るでしょうか。OrbisAFRはほぼrePatchです。
TheoryWrong氏によると通常のゲームデータだけでなくeboot.binのリダイレクトも可能だそうです。(ツイート)

早速何か適当にと思い、とりあえずGE2RBのOP動画の入れ替えをやってみました。
こいつがGE2RBのOPです。
/mnt/sandbox/CUSA01516_000/app0/data_9/ge2rb_op_female.mp4
何か適当な動画を "/data/タイトルID/app0/" に同じディレクトリ構造で。つまり以下のように。
/data/CUSA01516/app0/data_9/ge2rb_op_female.mp4

ファイルの配置を行ったのちGitHubにあるOrbisAFR.binをPS4に送ればMODが実現します。
OrbisAFRはPS4の通知機能を利用しないようなので実行しても通知機能は働きません。
OrbisAFRは一度ゲームをFPKG化せずとも使用可能です。つまり正規のディスクやDLゲーでMODが可能です。
TheoryWrong氏に感謝!これでPS4のゲームのMODが盛り上がるかもしれない。
まあ… "/data/タイトルID/app0/" にファイルを転送する手段はFTPなのでそこが難点かもしれませんが。

[ 2018/07/29 12:05 ] カテゴリ PS4 | タグ PS4_FPKG, | コメント(0)

[PS4] DLCのコンテンツIDを検索してDLCをアンロック出来る可能性のあるFPKGを作成する psDLC v4 がリリース

GitHubでstooged氏が、PS4のゲームのタイトルIDからDLCのコンテンツIDを検索し、Fake PKG Generator(Fake PKG Tools)
を用いてそのコンテンツIDのFPKGを作成する psDLC v4 をリリースしていました。

psDLC.exeをorbis-pub-gen.exe等のあるフォルダに配置して使用します。
psDLC.exeを起動後はタイトルIDを入力して検索し、検索結果のリストから1つ選択してCreate fPkgボタンを押すだけです。

[ 2018/07/19 23:17 ] カテゴリ PS4 | タグ PS4_FPKG, | コメント(0)

[PS4] PS4PKGViewer v1.5 がリリース

LMAN氏(leecherman氏)がPS4のPKGファイルに含まれるparam.sfoの情報を閲覧したり,パスコードを用意して
PKGの内容を表示/抽出する事が出来るWindows向けツール PS4PKGViewer v1.5 をリリースしていました。
・PKGの情報検出機能の更新
・アップデートPKG検索機能のフォームとエラー処理の更新
が変更点です。

[ 2018/07/15 12:51 ] カテゴリ PS4 | タグ PS4_PS4PKGViewer, | コメント(0)

[PS4] AppToUsb-50X v3 がリリース

GitHubで、stooged氏がPS4にインストールされたゲーム(FPKG)をUSBストレージにコピーしてシンボリックリンクを作成し、
ゲームをUSBストレージから起動可能にする AppToUsb-50X v3 をリリースしていました。
・FPKGのコピーしないようにするSKIP_DRIVEオプションを追加
・USBストレージのマウントポイントを指定するMOUNT_POINTオプションを追加
が変更点です。

[ 2018/07/09 02:23 ] カテゴリ PS4 | タグ PS4_FPKG, | コメント(0)

[PS4] PS4-HEN-VTX v1.7 がリリース - 拡張ストレージとしてフォーマットしたHDD/SSDにFPKGをインストール可能に

GitHubで、XVortex氏がPS4でHomebrew(FPKG)をインストール/起動可能にするペイロードである
PS4-HEN-VTX v1.7 をリリースしていました。
・FW5.05にて拡張ストレージにFPKGをインストール可能に
が変更点です。

今までは拡張ストレージを接続しているとFPKGインストール時にCE-41798-9エラーが発生していたので、
今回のこれは拡張ストレージユーザーには朗報でしょう。これは以下のflatz氏のツイートにより実現したようです。

[ 2018/07/05 01:35 ] カテゴリ PS4 | タグ PS4_HEN, PS4_FPKG, | コメント(0)