[SWITCH] TinfoilがUSB経由でのNSPインストールをサポート

SwitchでNSPをインストール可能なTinfoilが、USB経由でNSPをインストールする機能をサポートしていました。
https://github.com/XorTroll/Tinfoil/commit/5695d135808a44db8806421e1c97f5f640b841a5
https://github.com/XorTroll/Tinfoil/blob/master/tools/usb_install_pc.py
Download:https://bsnx.lavatech.top/tinfoil/

USB経由でPCにあるNSPをインストール可能になりました。
ゲームのバックアップをNSPで管理している人間にとってはとてもありがたい機能です。
現時点ではPython3のスクリプトを利用するようで、pipでpyusbをインストールしておく必要があります。
また、libusb(libusbK)も必要です。WindowsでSwitchにペイロードを送っている方は多分既に入っているはずです。
USB経由でのインストール手順はusb_install_pc.pyにコメントとして記載されています。

以下にWindowsの場合の手順を簡単に書いておきます。Python3とpyusbに関しては割愛します。
libusbKが入っていない人のために、Zadigを利用したlibusbKのインストールも手順に入れておきます。

1、Zadigをダウンロード (zadig-2.4.exe)
2、Tinfoilを起動し、"Title management" → "USB Install NSP" を選択
3、PCとSwitchをUSBケーブルを接続
4、zadig-2.4.exe を起動してOptionsのList All Devicesにチェックを入れる
5、"libnx USB comms" を選択し、libusbKを選択してインストール
https://blog-imgs-105.fc2.com/c/m/d/cmd0725/Zadig_v2_4_20181012.jpg
※左にlibusbKと表示されていればlibusbKは既に入っているのでインストールしなくてOK
※"Reinstall Driver" ではなく "Replace Driver" と表示されているのであればインストールする
※Tinfoil起動中以外は "libnx USB comms" ではなく "Nintendo Switch" と表示される
6、以下のように実行する
python usb_install_pc.py NSPファイルのあるディレクトリ
7、Tinfoil上にそのディレクトリ中のNSPファイルが表示されるので選択してインストール
インストール中は転送速度も表示されます。私の環境では 33.00MB/s ~ 41.26MB/s でした。

手順6でSwitchがクラッシュする場合はインストールしたいNSPだけを入れたフォルダを用意し、インストールしたいNSPの
ファイル名を短くしてみてください。どうもファイルが多かったりファイル名が長いとダメなようです。

[ 2018/10/12 00:07 ] カテゴリ Switch | コメント(0)

[SWITCH] システムバージョン6.0.1 がリリース

任天堂がNintendo Switchの システムソフトウェア バージョン6.0.1 をリリースしていました。
・以下の修正を含む、いくつかの問題の修正と動作の安定性、利便性を向上
 - 接続テスト時、通信速度(ダウンロード/アップロード)の結果が正しく表示されない問題を修正
が任天堂(日本)が公表している変更点です。
任天堂(米)は上記の内容に加え以下の変更を公表しています。(source)
・任天堂のライセンスを得たコントローラーで傾き等のモーションコントロールが正しく動作しなかった問題の修正

Switchbrew wikiの6.0.1のページを編集したyellows8氏によると、以下の3つが修正されたようです。
・hid-sysmodule
・audio-sysmodule
・qlaunch
しかしながらそれらのromfsに変更は無かったとされています。
qlaunch modへの影響ですが、私が行っている事(壁紙, テキスト変更)に関しては問題ありませんでした。

CFWは、NSPでインストールしたゲームやHomebrewが起動する事や、(SX OSで)XCIを起動出来る事を確認しました。
LayeredFSもqlaunch modが問題無かったので機能していると見て良いでしょう。
wikiの "Security flaws fixed" にYesかNoかが書き込まれるまでは基本的には上げるべきではありませんが、
eショップへの接続やオンラインプレイがしたい方は上げても良いと思われます。
まあ、6.0.0から6.0.1ではヒューズが焼かれないようなので、wikiのその項目はNoになる気がしますが。

意図的に低いFWでキープしている方は、いつものようにそのままキープしてください。
ChoiDujourNXの使用方法等を理解しておりかつ6.0.1を使用したい方はChoiDujourNXを使用するのを推奨します。

・追記 2018/10/9 19:13
おまかんか他の環境でも発生するかが分からなかったので書いておきますが、設定から普通に更新した後に起動時の
Switchロゴが表示されるのにやたらと時間がかかり、なんとexFATをサポートさせるための更新を求められました。
(microSDカードが使えないからという理由で求められる更新=exFATをサポートさせるための更新)
exFATの状態で更新したので結構ビビりましたが、SX OSのemunandでも似たような事があったので対処は出来ました。
この問題を解決する方法は、hekate等でダンプしていたeMMCのダンプを用いてリストアするか、FAT32でフォーマット
されたmicroSDカードとChoiDujourNXを用いて6.0.1(exFAT)に更新する事です。eMMCのダンプを行っていなかった場合は
後者の方法を取るしかないはずです。6.0.1のファイルはSYSTEMパーティションから取り出してください。
(Emunandのみでその問題が発生し、Emunandを消しても良いのであれば、消して作り直すだけで解決します。)
どうも何らかの条件下だと設定から普通に更新すると不味いようで、ChoiDujourNXを使う必要があるっぽいです。
microSDに関する更新が求められるなら更新すればいいだろ、と思われるでしょうが、「更新する」を選択すると
Switchが「今6.0.1」などとほざいて更新しようとしないんです。なんやこの現象…

[ 2018/10/09 18:38 ] カテゴリ Switch | コメント(0)

[SWITCH] SX OS v2.0.1 と v2.1 beta がリリース

Team XecuterがNintendo SwitchのCFWである SX OS v2.0.1 と v2.1 beta をリリースした事を伝えていました。
https://team-xecuter.com/sx-os-v2-0-1-and-sx-os-v2-1-beta/
公式サイトからダウンロード可能です。
https://sx.xecuter.com/

以下はアナウンスの雑な訳
今日我々はSX OSの"2つ"の新たなバージョンをリリースするために戻ってきました。
1つは広くストレステストが行われた安定版のリリースで、もう1つは安定版としてリリースする前に
テストをしなければならない新機能を実装したSX OSのオプション扱いのベータ版です。
我々は小さな修正でSX OSのバージョンを変えられる事を好まないユーザーから多くのフィードバックを得ました。
エンドユーザーの99%は小さな(しかしながら重要な)修正を気にするべきではなく、むしろ十分にテストされた
ビルドのSX OSを楽しみます。我々はベータ版を導入する事でそうした事に対処しかつエキサイティングな新機能を
より早くお届けしたいと思っています。

●SX OS v2.0.1の変更点
・安定性の向上
・メニューからベータ版にアップデート可能に

●SX OS v2.1 betaの新機能
v2.1 betaでは我々の新たなチートエンジンとチートファインダーを実装しました。
多くのユーザーからゲームでのチート行為やチートを探す方法をリクエストされたため、しばらくの間それは我々の優先順位の
高い位置に存在します。我々はSX OSに追加された初期バージョンのチート機能のフィードバックを望んでいます。
現時点ではまだチートのライブラリは存在しませんが、我々はコミュニティがクールな物を公開する事を願っています。
チートを発見し確実性のあるチートコードを作成するのは面倒な作業となる可能性があり、いくらかの局面ではゲームボーイの
ゲームのチートを見つけるよりも少し難しいでしょう。そうした理由から我々は、チートコードのフォーマットや伝えておく必要の
ある注意事項、あなたを加速させる小さなTipsのリファレンスガイドを意欲的なチートハッカーのためにここに記します。
https://sx.xecuter.com/download/cheathacker_guide.txt
[ 2018/10/08 21:51 ] カテゴリ Switch | タグ Switch_CFW, | コメント(2)

[SWITCH] NSPを分割する事が出来る splitNSP がリリース

GitHubでAnalogMan氏が、Switchでインストール可能な形式であるNSPを分割する事が可能な
Python3のスクリプト splitNSP v1.0.0 をリリースしていました。

SwitchはmicroSDカードがFAT32でフォーマットされている場合、eショップのコンテンツやゲームのアップデートに
含まれる4GB以上のNCAは分割状態でインストールされます。どうやらSwitchのSDKにはNSPの分割(内部のNCAの分割)
を行うPowerShellのスクリプトが含まれているらしく、それを流した人間がいるために同様の事を任天堂製のスクリプト
ではなくPythonで実現できるようにしたのがAnalogMan氏です。

使用する場合は以下のように実行すれば良いようです。
python3 splitNSP.py filename.nsp
私の環境では「指定されたパスが見つかりません」となり、NSPは完全なパスで指定する必要がありました。
実行すると "filename_split.nsp" というフォルダが作成され、そのフォルダ内で分割されます。
デフォルトではオリジナルのNSPを残したまま分割を行うようですが、以下のように-q を入れるとオリジナルが
分割されるため、空き容量がギリギリな場合なんかは以下のように実行すると良いようです。
python3 splitNSP.py -q filename.nsp

作成された"フォルダ"を "sd:tinfoil/nsp/" に配置すればTinfoil上でインストール可能になりますが、インストール前に
やっておく事として、PC上でフォルダとファイルにアーカイブ属性を付けておかなければいけないようです。
Windowsの場合はフォルダのプロパティから 「詳細設定/フォルダをアーカイブ可能にする」にチェックを入れて適用する際に
「変更をこのフォルダ,サブフォルダおよびファイルに適用する」にチェックを入れて適用すればOKです。MacではFAT32の
ストレージにコピーする際にそのフラグが消えてしまうらしく、現在AnalogMan氏はその対処策に取り組んでいるそうです。

[ 2018/10/08 07:14 ] カテゴリ Switch | タグ Switch_NSP, | コメント(0)

[SWITCH] XCI/NSP中のNCAを読み込んでromfsから指定のファイルを抽出できる SwitchExplorer がリリース

GitHubでSimonMKWii氏が、SwitchのXCIやNSPからゲームデータのNCAを読み込んでromfsから指定の
ファイルを抽出する事が出来るWindows向けツール SwitchExplorer Beta v0.1 をリリースしていました。
SwitchExplorer - A simple GUI-based utility for exploring/extracting NCAs, NSPs and XCIs!

SwitchExplorer_Beta_v0_1_20181006.jpg

NCAの復号/展開を行うツールはいくつか存在しますが、SwitchExplorerはかなりエンドユーザーに適しています。
NCAのromfs中のファイルの閲覧や抽出を行うツールで、XCIやNSPを指定するとそこからゲームデータのNCAを探しだし
ゲームデータのNCAを取り出すことなくromfs中のファイルを取り扱う事が可能となっています。
exefsの抽出や、音源ファイルであるBFSTMの再生もサポートされています。
[ 2018/10/06 10:06 ] カテゴリ Switch | タグ Switch_XCI, Switch_NSP, | コメント(0)

[SWITCH] XCIをNSPに変換する xci2nsp がリリース - 一時的なファイルを作成しないため4NXCIより高速

GBAtempで、Team 2168がSwitchのカートリッジのダンプであるXCIをインストール可能な形式である
NSPに変換する事が出来る xci2nsp をリリースした事が伝えられていました。
ソースコードはGitLabで公開されており、Windows向けビルドは以下からダウンロード可能です。
https://gitlab.com/roothorick/dedbae/tags
[ 2018/10/05 02:59 ] カテゴリ Switch | タグ Switch_XCI, Switch_NSP, | コメント(0)

[SWITCH] Rekado v2.4.1 がリリース

GitHubでMenosGrante氏が、Fusée Geléeを利用してSwitchでペイロードを実行するAndroidアプリ
NXLoaderをベースにした Rekado v2.4.1 をリリースしていました。
・ReiNXのペイロードをv1.7に更新
・ペイロードカテゴリを開いた際にクラッシュする事がある問題の修正
が変更点です。

[ 2018/10/05 02:49 ] カテゴリ Switch | コメント(0)

[SWITCH] Homebrew App Store 2.0 がリリース

GitHubでvgmoose氏が、Switch上でswitchbru.comからHomebrewをダウンロード出来る
Homebrew App Store 2.0 をリリースしていました。
・検索機能の追加(Homebrew名か開発者名)
・ソート機能を追加(更新日順/DL数順/アルファベット順/サイズ順/ランダム)
・hekateやシステムモジュールのためのAdvancedカテゴリを追加
・詳細画面でスクロールを可能にし、サイズやDL数、更新日等の情報を表示するように
・詳細画面に問題報告機能を追加
・タッチ操作やJoyCon操作、その他インプット操作のコードのリファクタリング
・LかZLでアプリを4列表示に出来るように(デフォは3列表示)
・インターネットに接続されていない際の画面を追加(Couldn't connect to the Internet! と表示)
・詳細画面に開発者名でアプリ検索を行うボタンを追加
・アンインストール時に空フォルダが残る場合は削除するように
・破損したアイコンキャッシュを読み込んだ際にフリーズする問題の修正
が変更点です。

問題報告機能は英語のキーボードが表示され、入力した文をswitchbru.comに送れるようです。
報告された内容は可能であれば必要に応じてそのHomebrewの開発者に伝えられるとの事。良い機能ですね。

[ 2018/10/03 23:40 ] カテゴリ Switch | コメント(0)

[SWITCH] Rekado v2.4 がリリース

GitHubでMenosGrante氏が、Fusée Geléeを利用してSwitchでペイロードを実行するAndroidアプリ
NXLoaderをベースにした Rekado v2.4 をリリースしていました。
・バンドルされたペイロード(SX OSとReiNX)を隠す機能の追加
・画面が切り替わった際にログを自動でリフレッシュするように
・ヘッダーのフォントサイズの変更
・テーマエンジンの更新
・強調色を変更する際のセレクタの状態の修正
・設定内でのクラッシュに関する修正
・Lakkaの実行を非サポート対象に(hekateでサポートされているため)
・UIのバグの修正
が変更点です。

[ 2018/10/02 07:00 ] カテゴリ Switch | コメント(0)

[SWITCH] FTPやHTTP経由でNSPをインストールしたり, Switch本体で直接titlekeyをダンプ出来る DZ がリリース

GitHubでblawar氏が、ftpやhttpで経由でNSPをインストールしたり, Switch本体で直接titlekeyをダンプする事が可能な
DZ をリリースしていました。 https://github.com/blawar/nut/tree/master/dz

DZ_ss_20181001(1).jpg
[ 2018/10/02 00:00 ] カテゴリ Switch | タグ Switch_NSP, | コメント(0)