CYBER PS4用セーブエディター 対応ゲーム更新 2017/09/14

サイバーガジェットが本日9月14日にPS4用セーブエディターの対応ゲームを更新していました。
CYBER セーブエディター(PS4用)対応ゲーム一覧
・星織ユメミライ
 タイトル追加、アドバンス〇
・雷電V Director's Cut
 タイトル追加、アドバンス×

[ 2017/09/14 22:55 ] カテゴリ PS4 | コメント(0)

Cobra BlackFinの開発者がCobraチームからの報酬未払いを理由に開発に使用したVitaのリバースエンジニアリングのデータをリーク

VitaのFW3.60で導入可能なHENであるHENkakuが公開されたのが昨年の7月29日ですが、その約2ヶ月程前にとあるデバイスが登場しました。
それがCobra BlackFinです。ゲームカードからデータをダンプし、ゲームカード型のアダプターにダンプデータを入れたmicroSDを装着し、
そこからゲームのバックアップ起動を実現すると言う物ですが、ゲームデータを共有可能という、海賊行為を実現してしまえる物でもありました。
Cobra BlackFinの概要については昨年まとめましたので、興味のある方は以下の記事を参照してください。
Cobra Blackfinについてあれこれ

で、本題なのですが、wololo.netのこの記事です。
Vita Reverse Engineering Leak (Cobra Blackfin) – part 1
なんとwololo氏がCobra BlackFinのメインの開発者とコンタクトを取ったらしいのです。
そしてその開発者がCobraチームからの報酬未払いを理由に、段階的に開発に使用したVitaのリバースエンジニアリングのデータを公開するとの事。
まずは第一段階として「MMCホストコントローラをエミュレートしたりVitaのゲームカードを読み取れるようなツールのデータ」と
「ロジックアナライザを使用してキャプチャしたブートログ」と「ゲームカードの認証メカニズムに関する解説」と「ゲームカードのX線スキャン画像」が公開されています。
データはまずwololo氏の手に渡ったようですが、誤字の修正やフォーマットに関する事を除けばwololo氏はほとんど手を付けていないそうです。
上記の記事の一番下に第一段階のリークデータのダウンロードリンクがあります。

記事に書かれている事をもう少し詳しく以下で書きたいと思います。まあ、報酬未払いとか気になる方は是非読んで…
[ 2017/09/14 07:30 ] カテゴリ PS Vita | コメント(0)

AdrBubbleBooterCreator v0.2 がリリース

leecherman氏(LMAN氏)がバブルから指定のゲームをAdrenaline上で起動させる事が可能なAdrBubbleBooter
のバブルのvpkファイルをPC上で簡単に作成可能な AdrBubbleBooterCreator v0.2 をリリースしていました。
・Icon0 styleの設定の名前を変更
・LiveArea Template Style設定の追加
・SFO/ISO/CSO/PBP からタイトル情報や画像を読み取ってAdrBubbleBooterCreatorの項目を埋める機能の追加
・その他の改善
が変更点です。

[ 2017/09/14 01:08 ] カテゴリ PS Vita | コメント(0)


お売りください。駿河屋です。