VitaをUSBビデオクラス(UVC)のデバイスとしてPCに認識させるプラグイン(PoC)がリリース

redditで、xerpi氏がHENkakuのVitaをUSBビデオクラスのデバイスとしてPCに認識させるプラグインをリリースしていました。
[PoC] PSVita as a UVC (USB Video Class) device

USBビデオクラス(UVC)はUSBを通して利用するキャプチャーデバイスやWEBカメラで使われている規格です。
xerpi氏のプラグインはその類のデバイスに対応したソフトを使えばUSB経由でPCへ画面の出力が出来るというプラグインのようです。

VitaのOSには1000型と2000型の下部ポート(独自規格とmicroUSB)を通してVitaをデバイスとして認識させるSceUdcdと言うモジュールがあるそうで、
そのモジュールのディスクリプタをカスタムしてやれば今回のようにVitaを任意のデバイスとして認識させる事が可能だそうです。
過去にxerpi氏がリリースしていたvitastick(VitaをUSB HIDゲームパッドとして認識させるプラグイン)でも同様の事を行ったそうで、
なぜ自分は他の物も作らないのか、と自問自答されて数ヵ月間心の内で温められてきたのが今回のプラグインで、ここ最近やる気を出されたようです。

現在はPoCの段階でVitaのホーム画面の出力にのみ対応しているそうで、現在のコードは非効率的だとされており、
Vitaでハードウェアカラースペースコンバーターやビデオエンコーダの類は使わずCPUのパワーのみで動作させているとの事。

とても面白そうですが残念ながら私はVitaTVなので出来ません。。。
まあ興味のある方は現状ホーム画面の出力しか出来ないそうですが試してみると良いでしょう。
ゲームプレイ時も使えるようになるのなら使う人は多そうなプラグインなのでxerpi氏には期待したいですね。

[ 2017/10/31 01:16 ] カテゴリ PS Vita | コメント(0)

HENkaku導入の際はHTTPSではなくHTTPで 2017/10/30

redditで、Yifan Lu氏がCloudflareの henkaku.xyz がTLS1.1をサポートしなくなった事を伝えていました。
[PSA] henkaku.xyz website is broken on HTTPS, here is a workaround

TLS1.1がサポートされなくなった事によりVitaからHTTPS(https://henkaku.xyz)でHENkakuのサイトに接続する事が出来なくなったようです。
そのためHTTP(http://henkaku.xyz)からHENkakuを導入するよう伝えられていますが、HSTSによりhttpでもhttpsにリダイレクトされる事があるようなので
各自環境でそれが確認される場合はVitaのブラウザの設定からCookieを削除すれば良いとの事。

[ 2017/10/30 16:31 ] カテゴリ PS Vita | コメント(0)

Red-EyeX32氏がPS4向けの何かのリリースを予告

Twitterで、Red-EyeX32氏が以下のようなツイートをしていました。
PS4に関わる2つの物のリリースを予定されているみたいですが、何が来るんでしょうかね。


[ 2017/10/30 02:28 ] カテゴリ PS4 | コメント(0)

TropHAX v0.2 がリリース

GitHubで、Nkekev氏がVitaの任意のゲームのトロフィーをアンロック出来るHENkaku向けプラグイン
TropHAX v0.2 をリリースしていました。

Silica氏、zecoxao氏、dots-tb氏らによって開発されたTropHAXですが、v0.2では主にNkekev氏が開発を進められたようです。
v0.1ではLボタンとRボタンを同時押しでそのゲームのトロフィーをプラチナまで順にアンロックしていく機能のみでしたが、
v0.2ではトロフィーを1つ選択してそのトロフィーをアンロックする機能を追加されたみたいです。

・STARTボタン+SELECTボタン…プラグインを起動
・Lボタン+Rボタン…ブロンズ~プラチナまでを順にアンロック
・Lボタン+STARTボタン…1つアンロックするモードに移行
・Lボタン+十字ボタン上下…トロフィーのID(0~)を指定
・Lボタン+〇ボタン…そのIDのトロフィーをアンロック

操作方法は上記のような感じで、IDは基本的にプラチナが0で以下1ずつ増加していく形になります。
トロフィーのアプリでは0(プラチナ)から順に表示されるので、目的のトロフィーまでを「0、1、2...」と数えるのも良いですが、
私としてはトロフィーのファイルであるTROPHY.TRPを展開し、トロフィー情報であるSFMファイルをテキストエディタで開く事をお勧めします。
TTEMMA氏のTRPWorkやmhvuze氏のTRPUnpackでPFSが復号されたTROPHY.TRPの展開が可能です。

[ 2017/10/29 22:11 ] カテゴリ PS Vita | コメント(2)

Vita Database Manager v.1.20 がリリース

GitHubで、deltaclock氏がVitaのホーム画面のバブルのレイアウトを管理出来る
Database Manager v.1.20 をリリースしていました。

・ホーム画面のバブルのレイアウト(配置)のバックアップとリストア
・VitaShellのテーマ のバックアップとリストア
・データベースの更新
が出来るようです。

[ 2017/10/29 21:24 ] カテゴリ PS Vita | コメント(0)

VitaShell v1.76 がリリース

GitHubで、TheFlow氏がHENkaku環境のVitaで使用できる多機能なシェルアプリ
VitaShell 1.76 をリリースしていました。
・DLCのリフレッシュに関するテコ入れ
・SQLiteライセンスデータベースの実装とそのリフレッシュ機能の追加
・C2-12828-1エラーに関する修正
が変更点です。

3点のうち上から2点はVitaSmith氏によるもので、1点目はVitaShellの既存のリフレッシュ機能に関して。
2点目はライセンスをバックアップするデータベースの実装に関する事です。
全ライセンスファイル(偽ライセンス含む)を "ux0:license/license.db" として1つのファイルにバックアップする事が出来るようで、
SQLiteのデータベースである事から各ライセンスは DB Browser for SQLite のようなソフトを使用して簡単に復元可能だそうです。

license.db はルートディレクトリで△ボタンを押して Refresh license database を行う事で作成可能で、
ライセンスを追加した際に再度実行すればlicense.dbが更新されるみたいです。
ライセンスを追加していない状態でリフレッシュしてもlicense.dbは更新されません。

──────
2017/10/30
追記修正

[ 2017/10/29 21:05 ] カテゴリ PS Vita | コメント(0)

pkg2zip v1.5 がリリース

GitHubで、mmozeiko氏がVitaのpkgファイルを展開してからzipで圧縮するWindows用ソフト
pkg2zip v1.5 をリリースしていました。
v1.4
・DLCのpkg及びアップデートのpkgをサポート
・圧縮する際のファイルの容量制限を無しに
・4GBを超える圧縮に関する修正
・ライセンスキーやzRIFを使わず展開した際に作成していたダミーwork.binを作成しないように
・展開の際にライセンスキーを使えないように(zRIFがあるため)
v1.5
・tail.binのサイズ調整
が変更点です。

[ 2017/10/28 14:22 ] カテゴリ PS Vita | コメント(0)

CYBER PS4用セーブエディター type0 Vol.1 が発売

サイバーガジェットが本日10月27日に CYBER セーブエディター type0 Vol.1(PS4用) の販売を開始したようです。

新機能が搭載されたセーブエディターというわけではありません。
既存のセーブエディターに対応した日本語版タイトル20タイトルのパッチコードを収録したセーブディターであり、
パッチコードの追加が出来ない(20タイトルのみかつアドバンスモードが使えない)タイプです。

海外版タイトル20タイトルのパッチコードを収録した saveEditor Game Enhancer for the PS4 Vol.1
の日本国内向け製品がtype0、という認識で良いでしょう。
saveEditor Game Enhancer同様にVol.1と付いている事から、そのうちVol.2が出てくるのだと思われます。

[ 2017/10/27 00:49 ] カテゴリ PS4 | コメント(0)

CYBER PS4用セーブエディター 対応ゲーム更新 2017/10/26

サイバーガジェットが10月26日にPS4用セーブエディターの対応ゲームを更新していました。
CYBER セーブエディター(PS4用)対応ゲーム一覧
・シャドウ・オブ・ウォー
 タイトル追加、アドバンス×
・太鼓の達人 セッションでドドンがドン!
 タイトル追加、アドバンス〇
・月に寄りそう乙女の作法 ~ひだまりの日々~
 タイトル追加、アドバンス〇
・よるのないくに2
 タイトル追加、アドバンス〇

[ 2017/10/27 00:30 ] カテゴリ PS4 | コメント(0)

Vita上でpkgをzRIFと合わせてインストール出来る pkgi がリリース

GitHubで、mmozeiko氏がHENkaku環境のVita上でpkgをzRIFと合わせてインストール出来る
pkgi v0.05 をリリースしていました。

zRIFはご存じ無い人もいるでしょうが、どういった物かと言いますと、NoNpDrmで作成可能な偽ライセンスを圧縮・文字列化した物です。
あんな小さなファイルを何故圧縮するのか、というのは当然の疑問ですが、pkgを展開する際に合わせて使用する事で、
"/sce_sys/package/"内にあるファイルが完全な物になるからです。NoNpDrmが出てすぐにTheRadziu氏がMOD版PkgDecryptをリリースされました。
最初はそのMOD版PkgDecryptで偽ライセンスに含まれるライセンスキーをpkg展開の際に使うという方針だったようですが、
それだと"/sce_sys/package/"にあるファイルは不完全な物になってしまうため、偽ライセンスその物をzRIFとして圧縮・文字列化してpkg展開時に使用する
という事なったようです。現在のMOD版PkgDecryptはzRIFに対応しています。

pkgiにはpkgをVita上でダウンロードと同時に展開してインストールする機能が搭載されています。
pkgをダウンロードするためのURLとzRIFはメモリーカードに置いたtxtファイルから取得するようになっているようで、
この時にメモリーカード内にpkgを配置していればそのpkgを使用する仕組みになっています。
pkgのURLはzeusやares(ソニーのサーバー。aresはDRMフリーのアプリやゲーム)のURLでも良いですし、
自分でサーバー立ててそこにpkgを置いてそのリンクを使う形でも良いです。
pkgのURLとzRIFをtxtファイルから取得する、で勘の良い人は気づいたと思いますが、他者とtxtファイルを共有すれば実質海賊アプリになってしまいます。
善良な心を持ったpkgiユーザーは自分で用意したURLとzRIFを使いましょうね。

一応、使用方法は以下に書いておきます。
[ 2017/10/26 01:30 ] カテゴリ PS Vita | コメント(2)


お売りください。駿河屋です。