Windows/macOS向け PSVitaエミュレータ Vita3K が登場

GitHubで、PetMac氏がWindows及びmacOS向けのPSVitaエミュレータ Vita3K をリリースしていました。

おそらく開発チームが存在するのだとは思いますが、Contributorsを見るにコードの大半をPetMac氏が公開し、
現時点ではRinnegatamante氏やdevnoname120氏、frangar氏、TingPing氏が協力されているのが分かります。

公式サイトは https://vita3k.github.io/ とされていますが、現時点ではHello Worldしか表示されません。
クリエイターを支援するサービスであるPatreonに登録されているようです。

Patreonのページを読むに開発目的やその必要性に関しては
ソニーがPS4でPSP/PS3/PSVitaを動かそうとしないなら今後も互換機能に関してはソニーに期待出来ない。
 だからその開発を促すと共にそれを自分たちで開発する。

的な事が書いてあります。
確かにソニーはPSP Remasterという形でPS3向けにPSPのエミュを開発していましたが、PS4ではそのような話を聞きません。
PS4にはPS2 classicsという形でPS2のエミュが存在するだけです。

本当に出来るのかどうかという所ですが、Vita3Kは既にRinnegatamante氏の自作ゲームであるvitaQuakeが動作するらしく、
xerpi氏のvitahelloworld、SMOKE5氏のVitaTesterとVitaScreenFlasherのようなHomebrewが動作しているという事で、
構想段階では無く既にそれなりの開発が始まっているという段階です。市販のゲームは動作しないそうですが、
ロードマップとして「音声のサポート」「ソースコードのリリース」「PSVファイル(ゲームカードのバックアップ)をサポート」
「継続的な互換性向上作業」「継続的な性能向上作業」と書いてあり、この中で注目されるのはPSVのサポートです。
ゲームカードをmotoharu-gosuto氏が開発したpsvgamesd v1.0を使用してダンプした物がPSVファイルです。
これのサポートをロードマップとしてPatreonに書いているという事は、ちょっと期待しちゃっても良いかもしれません。
もちろん私としてもそれの実現に年単位の時間が必要な事は理解していますが。

Vita3Kは現時点ではGUIを採用していないようで、ゲーム実行のためにはコマンドラインでvpkのパスを指定しなければいけません。
また、今回のリリースはソースコードのみのリリースです。使用するためにはビルドする必要があります。

まだまだ開発としては初期段階だとは思いますが期待したいですね。

Vita3Kという名前、なんだか笑みがこぼれると共に少し悲しくなるような名前です…ソニー…

[ 2018/01/31 21:04 ] カテゴリ PS Vita | コメント(0)

Psvimgtools Frontend v0.5.4 がリリース

GitHubで、Silica氏がVitaのCMAのバックアップファイル(psvimg)の復号,再パックが可能な
psvimgtoolsにGUIを採用した Psvimgtools Frontend v0.5.4 をリリースしていました。
・起動しなかった問題の修正(某共有サイトのURL変更)
・3.67に関する機能していない警告メッセージの削除
・Windowsで違うフォルダが開いてしまうバグの修正
・ASCII以外の文字を使用した際に発生するtclErrorの修正
・小さなイースターエッグの追加
が変更点です。

[ 2018/01/31 11:35 ] カテゴリ PS Vita | タグ Vita_psvimgtools, | コメント(-)

Picodrive 1.92.3 がリリース

GitHubで、robson-alcantara氏がPSP向けのメガドライブエミュレータ
Picodrive 1.92.3 をリリースしていました。
・レンダラーの改善。(ストリートファイターIIの背景の問題等が改善)
・マスターシステムのゲーム向けに画面サイズ4:3オプションを追加
が変更点です。

[ 2018/01/31 11:26 ] カテゴリ PSP | コメント(0)

vitaQuake v.2.7 がリリース

wololo.netのフォーラムで、Rinnegatamante氏がHENkaku環境のVita向けの自作FPSゲーム
vitaQuake v.2.7 をリリースした事を伝えていました。
・Rinnegatamante氏が用意したオリジナルのミッションパック(データファイル)を使用した場合
 ゲーム起動時にクラッシュしてしまうバグの修正
・MODやミッションパックを使用していても音声がオリジナルの物になっていた問題の修正
・Liveareaにオリジナルのミッションパックのランチャーを追加
・パーティクルレンダリングに関する修正
・チェイスカメラのレンダリングに関する修正
・鏡のレンダリングに関する修正
・v_gammaコマンドに関する修正。明るさの設定が正しく反映されるように
・テクスチャサイズを1024x1024 to 4096x4096 (sceGxm hardware limit)に
・オプションメニューの再構築
・Added Quake 3 boobing effect to pickups.
・Added specular mode for Quake veteran challengers (gl_xflip)
が変更点です。

[ 2018/01/31 11:15 ] カテゴリ PS Vita | コメント(0)

VitaShell v1.81 がリリース

GitHubで、TheFlow氏がHENkaku環境のVitaで使用できる多機能なファイルマネージャアプリ
VitaShell 1.81 をリリースしていました。
・アドホックモードファイル転送機能の追加(Vita間でのファイル転送機能)
・アーカイブファイル内のファイルやフォルダが正しくカウントされていなかったバグの修正
・コントロールコードの改善

アドホックモードを利用したファイル転送機能はPSPのPSPFilerで存在しましたが、あんな感じの機能がVitaShellにも実装されたようです。
Twitterでは以下のようなツイートをされていました。リリース直後にアップデートした人は再インストールした方が良いでしょう。
最初にバグの多いバージョンをアップロードしてしまったので、アドホック使用後に問題が発生した場合は再インストールする必要があります。

[ 2018/01/30 06:22 ] カテゴリ PS Vita | タグ Vita_VitaShell, | コメント(0)

PS4 FW1.76/4.05 アップデートブロックメソッド

Twitterで、CelesteBlue氏がFW1.76及びFW4.05のPS4でアップデートをブロックする方法を紹介していました。

つまりこれを手動で行う場合はPS4とFTP接続し、もし "/update/PS4UPDATE.PUP" が存在する場合は削除し、
新たにPS4UPDATE.PUPフォルダを作成して "/update/PS4UPDATE.PUP/" になるようにすれば良いという事です。
これにより最新FWのPUPはPS4UPDATE.PUP.net.tempとしてダウンロード自体はされますが、
最後の最後でPS4UPDATE.PUPフォルダが存在するために「ダウンロード出来ませんでした」というエラーを吐きます。
DNSを用いてアップデートをブロックしなくともアップデートブロックメソッドとして機能します。
DL自体はされるため、完全にアップデートをブロックしたい場合は今回の方法よりもDNSを用いた方法の方が優れています。

CelesteBlue氏がFW4.05のPS4向けのアップデートブロッカーの公開を予告
上記の記事で書いたようにCelesteBlue氏はSilica氏の名前を挙げていましたが、これはVitaシーンのコミュニティのチャットで
Silica氏が「Vitaにid.datフォルダを作成したら」という旨の発言をしたという所が理由っぽいです。

私もVitaでのその方法をどこかで見たのでPS4でも似たような事が出来るのではと思って、今回の方法を既にやっていました。
SKGleba氏も「ワロタ、俺あってたわ」的なツイートしてますし多分他にも既にやっていた人は結構いると思います。

[ 2018/01/30 05:33 ] カテゴリ PS4 | コメント(0)

CYBER PS4用セーブエディター 対応ゲーム更新 2018/1/29

サイバーガジェットが先日1月29日にPS4用セーブエディターの対応ゲームを更新していました。
CYBER セーブエディター(PS4用)対応ゲーム一覧
・モンスターハンター:ワールド
 パッチコード追加
・MONSTER HUMTER: WORLD(北米版)
 タイトル追加、アドバンス〇

北米版のアドバンスだけ解放してくるサイバーほんまむの…
でも発売数日で素材999を解放してきたから手のひらグルングルンですわ…

[ 2018/01/30 04:23 ] カテゴリ PS4 | コメント(0)

FW4.05のPS4にPS2のELFローダー兼ファイラーである uLaunchELF が移植

PSXHAXで、Nominus氏がPS2のELFローダー兼ファイラーである uLaunchELF を移植してリリースした事が伝えられていました。
PS2 ELF Loader for PS4 4.05 by Nominus and uLaunchELF PKG Arrives

Nominus氏はflatz氏の公開したPS2 classicsをベースに任意のPS2ゲームのISOを起動させる方法を用いて
FW4.05のPS4で起動させる事に成功したようです。実行ファイルであるELFに手が入っているので移植と言った方が良いです。
uLaunchELFを知っている人であればテンション上がるかもしれませんが、まだ完全には活用出来ません。
ただ単にPS2のHomebrewのELFを動作させるのであればuLaunchELFのPKGにまとめてビルドしてやれば問題無いと思われますが
PS4でuLaunchELFを完全活用するためにはuLaunchELFでいうmassのサポートが必要不可欠です。
つまりUSBマスストレージ(USBストレージ)です。ここからELFを動作させて、ここにあるROMなりを参照できなければ話になりません。

PSXHAXのコメント欄でDaedheldirPR氏がコメントされていますが、PS2のメガドライブエミュであるPGenを
uLaunchELFと一緒にPKGにしてuLaunchELFで起動したらエラーが出たらしいです。

USB周りのサポートが待たれる所です。

[ 2018/01/30 04:04 ] カテゴリ PS4 | コメント(0)

FW4.05のPS4にPS2向けスーファミ(SNES)エミュ Snes Station が移植

PSXHAXで、Nominus氏がPS2向けのスーファミ(SNES)エミュであるSnes Station
をPS4に移植してリリースした事が伝えられていました。
SNESStation SNES Emulator Port for PS4 4.05 by Nominus!



PS2にはあの有名なSnes9xをベースにして開発されたSNESエミュである Snes Station が存在しますが、Nominus氏は
その実行ファイルであるELFを弄り、flatz氏の公開したPS2 classicsをベースに任意のPS2ゲームのISOを起動させる方法
を用いてFW4.05のPS4で起動させる事に成功したようです。
flatz氏の方法を使って動作させているので移植では無いように思えるかもしれませんが、ELFに手が入っているため
純粋にPS2のHomebrewが動作しているとは言えません。エミュレートですが移植と言った方が良いです。

動作させるまでの手順はyyoossk氏が解説されていました。
PS4 4.05の本体でPS2用エミュレーターであるSnesStationを起動する方法

私はスーファミカートリッジの吸出し環境が今手元に無いので試せません…
そのうち試したい。

[ 2018/01/30 03:22 ] カテゴリ PS4 | コメント(0)

Simple PS4 WebKit Playground for 4.05 が公開

PS4の改造に関する情報サイトであるextreme-moddingが、FW4.05のPS4向けのポータルサイト
Simple PS4 WebKit Playground for 4.05 を公開した事を伝えていました。
https://extreme-modding.de/simple-ps4-webkit-playground-for-4-05/

PlaygroundのページのURLは以下となります。
https://extreme-modding.de/PS4/4.05/Playground/index.html

Homebrewやバックアップを起動可能にするPS4HEN、PS4をFTPサーバにしてSELFを復号状態でダウンロード可能にするps4-ftp-vtx
がPCを必要とせずブラウザから接続するだけで導入可能で、他のペイロードを実行するためのBinloaderページも用意されています。
HENのペイロードとFTPのペイロードに関してはPC要らずで扱えるようになったのでありがたい話です。

余談というかこれには全然関係が無いのですが、「仮にHENkakuみたいになったらどんな名前になるんだろうなー」
と思いながら情報を眺めていたらPS4HENというのが結構定着しているようで「あ、それでええんや…」ってなった今日この頃。

[ 2018/01/29 00:14 ] カテゴリ PS4 | コメント(5)