Vita FW3.67でHENkakuが実現?VitaShell、DownloadEnabler、NoNpDrmに「Ported to 3.67」のコメントが…

TheFlow氏が開発した HENkakuのVitaで使用できる多機能なファイルマネージャアプリ VitaShell
及び HENkakuのVitaのWebブラウザからファイルを直接ダウンロードする事を可能にする DownloadEnabler
更には HENkakuのVitaでコンテンツの偽ライセンスを作成してDRM保護を回避する事が可能な NoNpDrm
この3つのソースコードが更新されました。
https://github.com/TheOfficialFloW/VitaShell/commit/0a399ea2c4537c9d8de08f81dd69f4dcae9cc50c
https://github.com/TheOfficialFloW/DownloadEnabler/commit/af0824d3ef10b823c48444e74704dc853c91b054
https://github.com/TheOfficialFloW/NoNpDrm/commit/196e5b45961737b8b85854cf8412627e3ccfcddc

「Ported to 3.67」
と、確かにそう書いてあります。
switch文に「3.60 retail」というコメントに加えて「3.67 retail」というコメントも…
そして taiInjectDataForKernel や taiHookFunctionOffset 等のフック、これはHENkaku(taiHEN)の機能です…
つまりは「3.67 HENkaku に移植」という意味になってしまいます。

TheFlow氏はこの更新の直前くらいに意味深なツイートをされていました。
丁度1年掛かった

2月頭には3.65か3.67が入った開発機を探されているような、そんなツイートをされていました。

別件かもしれませんがmoleculeチームのxyz氏も何やらHENkakuの更新作業を進めているように見えます。
https://github.com/henkaku/henkaku/commits/cleanups
このxyz氏の更新に関してはkozarovv氏が「ROPチェーンのアップデートを示唆している」とコメントされています。
http://www.psx-place.com/threads/something-good-is-going-on-ps-vita-scene.16415/
今R10ですから、HENkaku R11とかが来るのかもしれません。

さて、今後どうなるのか。ワクワクしますね。

[ 2018/02/18 00:36 ] カテゴリ PS Vita | コメント(3)

Vita システム情報のMACアドレスを0にする Mac-Address-Hidden がリリース

GitHubで、Princess of Sleeping氏がVitaのシステム情報のMACアドレスを0にするHENkaku向けプラグイン
Mac-Address-Hidden v1.1 をリリースしていました。
v1.0
・リリース
v1.1
・bug fix

システム情報のMACアドレスの項目を 00:00:00:00:00:00 で埋めるプラグインのようです。

使用する場合は、ux0:/tai/ にプラグインをコピーし、config.txtに
*NPXS10015
ur0:tai/Mac-Address-Hidden.suprx
*NPXS10016
ur0:tai/Mac-Address-Hidden.suprx
と書き足してVitaを再起動すればOK。

こんな感じになります。

2018-02-18-Mac-Address-Hidden v1_1
[ 2018/02/18 00:12 ] カテゴリ PS Vita | コメント(0)


お売りください。駿河屋です。