[PS4] CYBER PS4用セーブエディター 対応ゲーム更新 2018/5/31

サイバーガジェットが5月31日にPS4用セーブエディターの対応ゲームを更新していました。
CYBER セーブエディター(PS4用)対応ゲーム一覧
・新次元ゲイム ネプテューヌVIIR
 タイトル追加、アドバンス〇
・超次次元ゲイム ネプテューヌ Re,Birth1+
 タイトル追加、アドバンス〇
・ブレイブルー クロスタッグバトル
 タイトル追加、アドバンス×
・ペルソナ4 ダンシング・オールナイト
 タイトル追加、アドバンス〇

[ 2018/05/31 19:41 ] カテゴリ PS4 | コメント(0)

[SWITCH] Team XecuterがSX ProとSX OSに関するFAQ(第三弾) & SXの公式サイトを公開

Team XecuterがSwitch向けのハック製品であるXecuter SX ProとXecuter SX OSに関するFAQ(第三弾)と、
Xcuter SXの公式サイトを公開した事を伝えていました。
Announcing the launch of our SX Family website!

公式サイトのURLは以下です。
https://sx.xecuter.com/

第三弾もとりあえず簡単に訳しておきます。
FAQ(第二弾)を確認していない方は以下の記事も合わせてご確認ください。
[SWITCH] Team XecuterがSX ProとSX OSに関するFAQ(第二弾)を公開
[ 2018/05/31 12:29 ] カテゴリ Switch | コメント(2)

[SWITCH] システムバージョン5.1.0 がリリース

任天堂がNintendo Switchの システムソフトウェア バージョン5.1.0 をリリースしていました。
・システムの安定性や利便性を向上
が任天堂が公表している変更点です。

SciresM氏によると、5.1.0ではTrustZone/カーネルは更新されていないらしく、SM(サービスマネージャ)や暗号化に関わるSPLも
更新されていないそうです。NCM/PM/Loader/FS/Bootは更新されたようです。
https://twitter.com/SciresM/status/1001982793402941440
また、5.1.0環境では開発が進むCFWであるAtmosphereのmicroSDカードへのリダイレクト機能が使えないとの報告が挙がったそうで、
SciresM氏は変更点をチェックしてAtmosphereの修正が必要な場合は今夜にでも修正作業に入るとの事です。
https://twitter.com/SciresM/status/1001985445142695936

FW5.0.2以下でHBL/hekate/Atmosphereを使用して遊んでいる方は、リダイレクト機能が修正されるまでは上げないでください。
1.0.0は絶対に上げないでください。2.0.0~4.1.0も基本的には上げないことを推奨します。
それらはTegraというハードウェアの脆弱性ではなく、Switchのソフトウェアの脆弱性を突いたハックが期待されるバージョンです。
1.0.0は神FWで、2.0.0~4.1.0は、将来的にはソフトウェア的なハックが可能であろうと言われているバージョンです。
その境界線が3.0.0か3.0.1だったような気がしますが、それは忘れました。
今は5.0.0以上かつハックに興味がなくオンラインで遊びたい方のみ、上げるのが良いでしょう。


追記 2018/05/31 15:10
SciresM氏が以下のツイートをしていました。
https://twitter.com/SciresM/status/1002062352387260418
私のローダーが死んだという報告はとても大げさです。
5.1.0でも私のローダーには問題ありません。問題はエンドユーザーが使用しているHBLビルドにあるようです。
(私が普段使用している手を加えたビルドは問題なく動作しますが、公開されているビルドは報告された問題を再現します。


[ 2018/05/31 11:53 ] カテゴリ Switch | コメント(0)

[SWITCH] XCI(カートリッジダンプ)の情報を取得したり不要な部分をトリミングする事が可能な XCI Explorer がリリース

MaxConsoleで、匿名の開発者がSwitchのカートリッジダンプ(XCI)を取り扱えるWindows向けツール
XCI Explorer をリリースした事が伝えられていました。

XCI Explorer _20180531.png
https://twitter.com/kood_infothief/status/1001817430262366208
↑とりあえず3.0.0のSwitchでPegaSwitchを使用してBOTWをダンプし、XCI Explorerを使ってみました。
タイトルID、カートリッジサイズ、マスターキーの種類、SDKバージョン、ゲームのバージョン、プロダクトコード、
ROMサイズ、トリミング後のサイズ、ゲームタイトル、開発会社
といった情報を取得する事が可能で、PartitionsタブではXCIの中のhfs0やncaを抽出することが可能なようです。
XCIはカートリッジ(2GB, 4GB, 8GB, 16GB)そのままのダンプのため、データとして不要な部分が存在します。
その不要な部分を取り除くのがトリミング機能のようです。

Hackinformerの記事によると、Switchのゲームにはゲーム毎に固有のヘッダーがあり、そのヘッダーは証明書と呼ばれるらしいです。
XCI Explorerはこのヘッダー内容を閲覧したり削除する事が可能で、エクスポートとインポートにも対応しています。
Hackinformerの記事によるとヘッダーのエクスポート/インポートは3DSのGateway ROM patcherと同じような機能との事です。
ちなみに、海賊グループであるBBBが流しているXCIファイルはそのヘッダー部分が値"FF"で埋められているそうです。
私がPegaSwitchを使用してダンプしたXCIのヘッダー部分はFFで埋まってなかったので正しいヘッダーなのかもしれません。


XCIのダンプは現時点ではFW3.0.0以下向けのWebkit exploitとして知られるPegaSwitchと、PegaSwitch向けのdumpXCI.jsのみで可能です。
PegaSwitch自体は7日前に4.1.0がサポートされたようですが、スクリプトの多くで3.0.1にて修正されたsmhaxが利用されているようなので
4.1.0でdumpXCI.jsが使用可能かどうかは不明です。

3.0.0以下のSwitchを持っている方はXCIのダンプを試してみるのも一興だと思います。
SX PRO/SX OS を予約されている方は良いスタートダッシュが切れるかもしれませんし。
PegaSwitchの環境構築は以下を参考にすると良いと思います。
https://switch.hacks.guide/homebrew-launcher-(pegaswitch)
Windowsにでnpm installを実行時にVCBuild.exeに関するエラーが出た場合は以下を実行してからnpm installを実行すると良いかもしれません。
npm install --global windows-build-tools
dumpXCI.jsはSwitchにPegaSwitchの画面が表示された後で以下のような感じで実行してください。
evalfile usefulscripts/dumpXCI.js
dumpXCI.jsはコマンドプロンプトに何も出力しないため、ダンプの進行状況はpegaswitchのログファイル(pegaswitch.log)頼りとなります。
XCIは分割状態でSwitchに挿されたmicroSDにダンプされるため、最終的にはPCで統合する必要があります。
統合に関してはdumpXCI.jsにコメントが入っているのでそれを参考にしてください。

余談ですが、カートリッジをXCIではなくそのままダンプするHomebrewが存在します。
https://github.com/MCMrARM/switch-game-card-dumper
https://gbatemp.net/threads/is-there-a-tool-to-dump-your-own-games.504757/#post-8002689
使っても無意味だと思いますが、まあ紹介だけ。これでダンプしてもXCIとは構造が違うので、XCI Explorerでは読み込めません。

[ 2018/05/31 02:56 ] カテゴリ Switch | タグ Switch_XCI, | コメント(0)

[PS4] FW5.05に対応した PS4-Linux-Loader がリリース

GitHubで、valentinbreiz氏がFW5.05のPS4向けのPS4-Linux-Loaderをリリースしていました。
https://github.com/valentinbreiz/PS4-Linux-Loader/tree/5.05

FW4.05の場合はこれを
https://github.com/valentinbreiz/PS4-Linux-Loader/tree/master
FW4.55の場合はこれを
https://github.com/valentinbreiz/PS4-Linux-Loader/tree/4.55
FW5.01の場合はこれを、使用してください。
https://github.com/valentinbreiz/PS4-Linux-Loader/tree/5.01

上記のREADMEにリンクがあるbzImageは10xx型及び11xx型でのみ動作します。
12xx型/2xxx型/PS4 Pro の場合は以下のbzImageを使用してください。
https://github.com/eeply/ps4-linux/releases

[ 2018/05/31 01:39 ] カテゴリ PS4 | コメント(0)

[PS4] ps4-exploit-host v0.4.2 (5.05サポートver) がリリース

GitHubで、Al-Azif氏がPCをPS4のexploitのサーバにして設定にあるユーザーズガイドからexploitを実行可能にする
ps4-exploit-host v0.4.2 (5.05サポートver) をリリースしていました。
・FW5.05をサポート
が変更点です。

[ 2018/05/31 01:30 ] カテゴリ PS4 | タグ PS4_exploit, | コメント(0)

[PS4] DB SG Backup-50X がリリース

GitHubで、stoogedがFW5.05のPS4のapp.dbとaddcont.dbをUSBストレージにバックアップするペイロード
DB SG Backup-50X v1 をリリースしていました。
・FW5.05をサポート
が変更点です。
[ 2018/05/31 01:25 ] カテゴリ PS4 | コメント(0)

[PS4] PS4 Serve3 がリリース

GitHubで、stoogedがFW5.05のPS4向けのexploit(+js化したペイロード)をホストする事が出来るAndroidアプリ
PS4 Serve3 v11 をリリースしていました。
・FW5.05をサポート
が変更点です。

[ 2018/05/31 01:20 ] カテゴリ PS4 | コメント(0)

[PS4] AppToUsb-50X がリリース

GitHubで、stooged氏がPS4にインストールされたゲームのPKG(FPKGのみ)をUSBストレージにコピーしてシンボリックリンクを作成し、
ゲームをUSBストレージから起動可能にする AppToUsb-50X v1 をリリースしていました。
・FW5.05をサポート
が変更点です。
現在は5.05をサポートしたばかりという事でテストのためのリリースとの事です。

[ 2018/05/31 01:14 ] カテゴリ PS4 | タグ PS4_FPKG, | コメント(0)

[PS4] PS4 Payload Sender for Android v1.2.9 がリリース

GitHubで、valentinbreiz氏がPS4へペイロードを送信するためのAndroidアプリ
PS4 Payload Sender for Android v1.2.9 をリリースしていました。
v1.2.1
・イタリア語を追加
v1.2.2
・タイプミスの修正
v1.2.3
・インドネシア語を追加
v1.2.4
・ロシア語を追加
v1.2.5
・ポルトガル語を追加
v1.2.6
・日本語を追加
v1.2.7
・中国語(簡)を追加
v1.2.8
・スペイン語を追加
・ドイツ語を追加
v1.2.9
・ペルシア語を追加
が変更点です。

[ 2018/05/31 01:11 ] カテゴリ PS4 | コメント(0)