スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] カテゴリ スポンサー広告 | コメント(-)

[PSP] npdrm_free v7.2 がリリース

GitHubで、qwikrazor87氏がPSP向けのPSNコンテンツをact.datやライセンス無しで実行可能にするプラグイン
npdrm_free v7.2 をリリースしていました。
・スリープ/復帰の際のクラッシュ問題の修正
が変更点です。

[ 2018/06/27 20:39 ] カテゴリ PSP | コメント(5)

[SWITCH] メモリから値を検索して書き換える事が可能な NSwitchDebugger v0.5.0 がリリース

GAMES24さんがSwitchのメモリから値を検索して書き換える事が可能な NSwitchDebugger v0.5.0 をリリースしていました。
http://games24.blog.fc2.com/blog-entry-373.html

hekateとHomebrewを組み合わせる事によってメモリの値探索と書き換えを実現したようです。
hekateではloader.kip、sm.kip、fs_mitm.kip、FW5.1.0カーネルダンプを指定してAtmosphereを起動し、Homebrewは
Switchのゲームを終了せず起動する事が可能な事から、Homebrew(NSwitchDebugger)上で値検索や書き換えを行います。
導入に当たって、カーネルダンプをバイナリエディタで開いて書き換えdebugmodeの有効化や関数権限の変更を行うようです。

現状他のハードで存在した同種のツールと比べると機能的にはかなり貧弱な感じがしますが、Switchでこれ系のツールが登場したのは
多分今回が初です。少なくともエンドユーザーに下りてきている物の中では初だと思います。
実際に使った感じとしては、私の使い方がなってないのか、値の書き換えで一番簡単だと思われる金の書き換えでさえ少し苦労しました。
正確に言うなら苦労というか、慣れが必要な感じ。とりあえずオクトパストラベラー体験版の金の変更には成功しました。

まあ私としては今ある機能だけでも、これの登場は本当にうれしいです。メモリの書き換えはゲーム機のハックで実現出来る事の内、
Homebrewの起動やバックアップ起動と肩を並べる程に重要な機能だと私は思ってるんで。
これが登場した事でSwitchのチート環境の開発が加速するとうれしいなあ…



・追記 2018/06/17
画像付きで使用手順の記事を公開されていました。
http://games24.blog.fc2.com/blog-entry-374.html

[ 2018/06/27 18:44 ] カテゴリ Switch | コメント(0)

[SWITCH] Atmosphere、正式リリースはまだ先の模様

4chanでSciresM氏(トリップは !t.3fxzeyWo)がSwitchのCFWであるAtmosphereについて発言されていました。
https://boards.4chan.org/vg/thread/219168658

SciresM氏は当初は6月15日に Fusee, exosphere, emunand, Loader, SM を実装したAtmosphereをリリースしようとしていたそうですが、
4月にKate Temkin氏によってfusee geleeがリリースされた後、コンポーネントの開発をしている際に優先順位が変わったのだとか。
優先されたのはPMとLayeredFSの実装だったそうです。それらは当初最初のリリースの後を予定していたとされています。
また、Kate Temkin氏が個人的な問題でAtmosphereの開発に参加出来なくなり、それによってemunandの予定が少し狂ったそうです。
SciresM氏は今現在emunandを実装しようとしているそうですが、タイムラインは機能しない、つまりいつになるか分からないという状況です。

どうやら今現在はリリース日については考えていないそうで、正式リリースというのは1,2ヶ月は無いとの事。
ただ、コアとなる部分に残るバグを修正した後で fusee/exosphere/loader/sm/layeredfs そして pm を実装した最初のビルドを
公開するつもりだそうで、それは1,2週間後にしたいそうですが、それもバグ修正に掛かる時間に左右されるそうです。

現在SciresM氏はバグの修正とアンチテレメトリに取り組んでいるようです。
昨夜はレポートについて解析を行いカスタムクラッシュレポートの99%を実装したそうで、それはAtmosphereを実行したユーザーにエラー報告を
行ってもらうために実装されたようです。Horizon OSやSX OSは任天堂にアップしないレポートだそうです。
アンチテレメトリの開発を終えたらemunandの開発に、そしてその後GRCモジュールのハックに移行するそうです。
GRCはGame Recordingの事で、任天堂はそれを動画を保存する機能として使用していますが、SciresM氏はWi-Fiでゲームのプレイ映像を
ストリーミングするためにそのモジュールをハックする必要があると考えられているようです。これは個人的に期待したいです。
GRCに関する開発を終えたら開発者向けのツールに移るそうです。

-----

Atmosphereは今現在既に使える状況ですが、使える形で公開しているのはAtmosphereの開発陣ではなく他の人間です。
エンドユーザーとしてはそちらに手が伸びてしまいますが、待てるのであれば1,2週間待ってください。初の公式ビルドが出るかもしれません。
私がAtmosphereの導入記事やLayeredFSの記事等に積極的でないのは公式ビルドが未だ存在しないからです。

[ 2018/06/27 03:24 ] カテゴリ Switch | タグ Switch_CFW, | コメント(0)

[SWITCH] XCI Explorer v1.2.1.0 がリリース

GitHubで、StudentBlake氏が匿名の開発者がリリースしたSwitchのカートリッジダンプであるXCIを取り扱う事が出来る
XCI Explorerを改良した XCI Explorer v1.2.1.0 をリリースしていました。
v1.2
・Partitionタブにてncaファイルの整合性をチェックして表示するように
v1.2.1.0
・XCIのドラッグ&ドロップに対応(XCIのテキストボックスへ)
が変更点です。

[ 2018/06/27 00:40 ] カテゴリ Switch | タグ Switch_XCI, | コメント(0)

[SWITCH] gcdumptool v1.0.4 がリリース

GitHubで、DarkMatterCore氏がSwitchのカートリッジをXCI形式でダンプしたりパーティションを指定してダンプする事が可能な
gcdumptool v1.0.4 をリリースしていました。
・exFATモード(分割無し)がデフォルトで有効に
・パディングオプションをトリミングオプションに変更
・ダンプ中にダンプ速度(MIB/s)とETA(残り時間)を表示するように
・nswdb.comのXMLデータベースを使用したXCIダンプ検証機能の追加
・CRC32チェックサムの計算+XCIダンプ検証機能を有効/無効化可能なオプションに
・ダンプがXMLデータベースの内容と一致した場合はシーンリリース(BBBやHRの流すファイル)名を適用
が変更点です。

[ 2018/06/27 00:33 ] カテゴリ Switch | タグ Switch_XCI, | コメント(0)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。