[SWITCH] gcdumptool v1.0.5 がリリース

GitHubで、DarkMatterCore氏がSwitchのカートリッジをXCI形式でダンプしたり任意のNCAを指定してダンプする事が可能な
gcdumptool v1.0.5 をリリースしていました。
・カートリッジのバージョンの読み込みに関する修正(ncmサービスを使用するように)
・カートリッジに含まれるFWのバージョンを識別する機能の追加
・カートリッジのタイトルIDを読み込んでいる際にエラーが発生した場合、FWのバージョンと説明が表示されるように
・nswdb.comのXMLデータベースに基づいてXCIの名前を変更する機能を削除
・ファイルを出力する際のファイル名でASCII以外はアンダースコアに置き換えるように
・microSDカードのルートにはダンプせず、フォルダを作成してそこにダンプするように
・XMLデータベースの更新オプションを追加
・gcdumptoolの更新オプションを追加(現在は動作しない)
が変更点です。

[ 2018/06/30 17:46 ] カテゴリ Switch | コメント(11)

[PSVITA] eCFW 6.61 Adrenaline-6.4 がリリース

GitHubで、TheFloW氏がVitaのPSPエミュレータ(ePSP)のeCFWである 6.61 Adrenaline-6.4 をリリースしていました。
・PS1のゲームをプレイしている際に早送りする機能を追加(Lボタン+SELECTボタン で有効/無効切り替え)
・Adrenalineの二度起動しなければいけない仕様のバグの修正(Ensoではない通常のHENkakuに対して)

PS1の早送り機能は、私の記憶が間違っていなければ確かTN-V時代にありましたね。あれの復刻という感じでしょうか。
Adrenalineはバージョン6での再設計により機器認証が不要になったと同時に、初回起動時(Vita再起動後)は起動しようとしても
すぐに閉じてしまうという仕様が存在していました。confiig.txtにadrenaline_kernel.skprxのパスを書き足す事で一発で起動するよう
対処出来ましたが、どうやら通常のHENkaku環境ではそれに関するバグが存在したようで、変更点2点目はそれの事です。

[ 2018/06/30 16:59 ] カテゴリ PS Vita | タグ Vita_Adrenaline, | コメント(11)

[SWITCH] NX-Shell v1.03 (Beta Release 4) がリリース

GitHubで、Joel16氏が3DS向けのファイルマネージャである3DShellをベースにしたSwitch向けのファイルマネージャ
NX-Shell v1.03 (Beta Release 4) をリリースしていました。
・eBookリーダー機能の実装(PDF, CBZ, FB2, EPUB)
・音楽プレイヤー機能でMP3以外でも"次の曲/前の曲"が動作するように
・画像ビューア機能にて"次の画像/前の画像"が方向キー/L,R/タッチで可能に
・音楽プレイヤー機能でシャッフル再生/リピート再生をサポート
・Aboutに開発に協力した人の名前を表示
・削除/コピー/切り取り で複数選択が可能に
・移動 が処理としてはコピー/削除をしていたのを廃止し、即座に移動させるように
・FSサービスを使用してディレクトリを参照するように
・マイナーなコードのクリーンアップ
・"次の曲/前の曲"操作をした際のオーディオファイルの選択に関する修正
が変更点です。

[ 2018/06/30 15:58 ] カテゴリ Switch | コメント(0)

[SWITCH] XCI Explorer v1.2.2.0 がリリース

GitHubで、StudentBlake氏が匿名の開発者がリリースしたSwitchのカートリッジダンプであるXCIを取り扱う事が出来る
XCI Explorerを改良した XCI Explorer v1.2.2.0 をリリースしていました。
・バグの修正
・keys.txt削除してkeys.txtをDLするバッチファイルを追加
が変更点です。
keys.txtを削除したのはGBAtempの住民がそれを好まないためだそうです。
あそこは著作権侵害等には敏感ですからね。

[ 2018/06/30 15:16 ] カテゴリ Switch | タグ Switch_XCI, | コメント(0)

[PSVITA] Adrenaline Bubble Booter VPK Edition v0.4 がリリース

LMAN氏(leecherman氏)がHENkakuのVitaでバブルから指定のゲームをAdrenaline上で起動させる事が可能な
AdrBubbleBooterのVPKをPC上で簡単に作成可能な Adrenaline Bubble Booter VPK Edition v0.4 をリリースしていました。
・ブートコンフィグ構造の書き直し
・タイトルIDの"PSPEMUXXX"フォーマット制限を無くし、どんなタイトルIDでも設定可能に
・プラグイン/npdrm freeのオプションを削除
・AdrenalineのメニューにAdrBubbleBooterの設定を追加
・カスタムバブルオプションの更新
・パスをms0:からではなくux0:から指定するように変更
・アドレナリンモジュールの更新
・readmeの更新
が変更点です。

[ 2018/06/30 14:57 ] カテゴリ PS Vita | タグ Vita_Adrenaline, | コメント(0)

[SWITCH] NCAをHFS0としてビルド後にXCIとしてビルドする hacbuild がリリース

GitHubで、LucaFraga氏がSwitchのNCAをHFS0としてビルド後にXCIとしてビルドする
hacbuild 1.0.0.1 をリリースしていました。

update/logo/normal/secure、これらフォルダ内に配置したNCAファイルをHFS0ファイルとしてビルドし、
カートリッジの情報が記載されたgame_info.iniを元にしてXCIとしてビルドするためのユーティリティのようです。
game_info.iniはXCIから取得可能で、その情報がそのままビルド時に使用されます。
eショップからのDL版ゲームもXCIとしてビルド可能なようですが、DL版をXCIにしたとしてもチケットは回避出来ないようです。

実際にeショップで購入したStardewValleyで試してみましたが、私のやり方が悪いのかSX OSでのマウントに失敗しました。
多分game_info.iniの内容がマズイんだろうなあ…と。私の頭ではそう予想するので精一杯。
残念ながら現時点ではエンドユーザー向けではないようです。

[ 2018/06/30 13:37 ] カテゴリ Switch | コメント(0)

[SWITCH] TegraRcmGUI v2.1 がリリース

GitHubで、eliboa氏がSwitchのcoldboot exploitであるFusée Geléeを利用してペイロードを実行するためのFusée Launcherを
Windows向けに書き直したrajkosto氏のTegraRcmSmashにGUIを採用した TegraRcmGUI v2.1 をリリースしていました。
・SwitchがRCMで起動している際に、トレイにあるアイコンのコンテキストメニューからお気に入りのペイロードが実行可能に
・同じペイロードがお気に入りに設定されないように
・GUIの更新
が変更点です。

[ 2018/06/30 13:15 ] カテゴリ Switch | コメント(0)

[SWITCH] キャプチャ画像/動画をゲームタイトル毎にフォルダ分けして整理する nxshot がリリース

GitHubで、s1cp氏がSwitchのキャプチャ画像/動画のファイル名に含まれるゲーム毎に固有のIDからゲームタイトルを導き、
ゲームタイトル毎にフォルダを作成してキャプチャファイルを整理するPythonのスクリプト nxshot をリリースしていました。
整理されたファイルは "sd:/Nintendo/Album/Organized" にコピーされるようです。

[ 2018/06/30 13:09 ] カテゴリ Switch | コメント(0)