[PSVITA] Autoplugin v3.66 がリリース

GitHubでtheheroGAC氏が、HENkakuを導入したVita向けのプラグインを簡単にインストール/アンインストール出来る
Autoplugin v3.66 をリリースしていました。
・MakePsmGreatAgain v1.0 を追加
・スペイン語訳の更新
・中国語訳の更新
が変更点です。

[ 2019/01/06 03:45 ] カテゴリ PS Vita | コメント(0)

[PSVITA] MakePsmGreatAgain v1.0 がリリース

BitbucketでSilicaAndPina氏が、PSM Dev(PlayStation Suite Development Assistant)のライセンス認証をPSM+
変わって行ったり、全アプリでSceUsbSerialを有効にする MakePsmGreatAgain v1.0 をリリースしていました。

ここ数日ほどVitaシーンはPSM関連で盛り上がっています。
ソニーは3.53にてPSM DevやPSM Dev for Unityを起動できないようにしており、そのせいで当時Rejuvenateによって
実現していたPSMを用いたHomebrewはHENkakuの環境では動作させる事が出来ず、新しくPSMのHomebrewを開発
する事も困難になっていました。シーンではCompatibility Packを用意できればHENkakuでもPSM Devが起動可能と
いう話がこれまでも挙がっており、そのためにも3.51にHENkakuを移植する必要があったはずなのですが、Silica氏や
CelesteBlue氏がどうやってかPSM DevやPSM Dev for UnityのCompatibility Packの作成に成功し、そのおかげで
今VitaシーンはPSM関係が熱い、というわけです。

MakePsmGreatAgainは、PSM Devのライセンス認証でPSM+を不要にし、プラグインが有効になっている間は
PSM Devのライセンスが認証済み扱いになります。また、ソニーが3.60からは使えなくしたUSBシリアルモード
(SceUsbSerial)というのもPSM含め全アプリに対して有効になります。
PSM Dev for Unityのランセイス認証に関しては、PSM Dev for Unityを正常に動作させるためにはrePatchの修正が
必要だとして現段階ではサポートされていません。dots-tb氏による修正待ちのようです。

Compatibility PackによりPSM Devが起動できるようになり、MakePsmGreatAgainによりPSMのHomebrewの開発や
実行が可能になりました。(肝心のHomebrewはまだリリースされてないっぽい?)
もちろんRejuvenateを使用して当時のHomebrewを動作させる事も可能です。
https://twitter.com/nikita_krapivin/status/1081143192530141184
私の3.68のVitaでもRejuvenateに付属しているhello_world.elfを実行する事が出来ました。

PSM Devを所持していない人は某所に頼る事になってしまいますが、PSMのHomebrewによりシーンは一層盛り上がりを
見せるかもしれません。PSMですし、ゲーム系が増えるかもしれませんね。
ちなみにSilica氏はローカルでPSM+と同じことを行う LocalPSMPlus もリリースしています。
また、Pastebinで開発者向けのチュートリアルを公開されています。
https://pastebin.com/8mGXtC57
(一番下にエンドユーザー向けのチュートリアル有り)

[ 2019/01/06 03:44 ] カテゴリ PS Vita | タグ Vita_PSM, | コメント(0)

[SWITCH] SX Installer v1.1 がリリース

Team XecuterがSwitchのCFWであるSX OS向けのHomebrewである SX Installer v1.1 をリリースしていました。
https://team-xecuter.com/sx-installer-v1-1-released/
https://sx.xecuter.com/
・"delete after install" の修正
・ファイルブラウザのコピー時のプログレスバーを修正
・ファイルブラウザの削除操作がFTPサーバとUSBストレージに対しても可能に
・ファイルブラウザのリネーム操作がFTPサーバに対しても可能に
・ファイルブラウザの書込操作がFTPサーバとUSBストレージに対しても可能に
・ファイル削除時に確認ダイアログを表示するように
・セーブデータのバックアップ/リストアが可能に(InstalledでLボタン)
・タッチ操作をサポート
・メタ画像をプリロードする機能の追加
・画像をデータベースファイルに保存するように
・ネットワーク経由のインストールの安定性の改善
・中国語/オランダ語/ロシア語 訳の更新
が変更点です。

セーブデータのバックアップ先はデフォルトでは "sdmc:/switch/sx/saves/" です。
バックアップ先はOptionsで変更可能です。

画像が "/switch/sx/icons.db" に保存されるようになったため、これまで画像の保存先として使用されていた
"/switch/sx/cache/" と /switch/sx/icons/ が削除しても良いようです。

[ 2019/01/06 03:39 ] カテゴリ Switch | コメント(0)

[SWITCH] Lockpick v1.2 がリリース

GitHubでshchmue氏が、Switchで使用される鍵(titlekey含む)をダンプする Lockpick v1.2 をリリースしていました。
・libnxをv2.0.0に更新
・FS keyの検索速度の向上
が変更点です。

[ 2019/01/06 03:39 ] カテゴリ Switch | コメント(0)