スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] カテゴリ スポンサー広告 | コメント(-)

[PSVITA] enso_ex v3.0 がリリース - カスタムブートロゴ/アニメーションをサポート

GitHubでSKGleba氏が、FW3.60/3.65の両方で使用可能なHENkaku Enso(enso_ex)のインストーラー
enso_ex v3.0 をリリースしていました。
・カスタムブートロゴ/アニメーションをサポート
・オプションとしてSD2VITAのドライバを追加
・オプションとしてUpdate blockerを追加
・オプションとして "sd2vita wakeup fix" を追加
・オプションとして "sleep fd fix by TheFlow" を追加
・オプションとして "delay boot" を追加
が変更点です。

PSロゴやmoleculeロゴの代わりにカスタムブートロゴ/アニメーションの使用が可能になりました。
例:https://twitter.com/skgleba/status/1104494617498738690
本来のPSロゴを書き換えるのではなく、ur0にカスタムブートロゴ/アニメーションのファイルを配置し、enso_exが
PSロゴの代わりにそれを読みに行く、という動作をします。ファイルが存在しない場合はenso_exがsa0に配置する
デフォルトのロゴが読み込まれるので特に問題ありませんが、アニメーションに限ってはファイルが壊れていると起動
しなくなり、セーフモードからFWを再インストール、つまりenso_exをアンインストールするしか手がなくなります。
ur0に配置すると言ってもプラグインと同様には扱われないため、Lボタンを押しながらの起動では無効になりません。
カスタムブートロゴのファイルは仮に壊れていても起動には問題無いようです。(確実に、とは言えませんが。)

SD2VITAのドライバ(プラグイン)がオプションとして付属しますが、使用しない事(無効を選択)を推奨します。
オプションを有効にするとenso_exに引っ付いてインストールされるため、使い勝手が非常に悪いです。
機能としてはSD2VITAをux0としてマウントするというシンプルな物になっていますが、enso_exに引っ付いている
ため、Lボタンを押しながらの起動でも無効に出来ません。それをやってもメモカはux0としてマウントされません。
有効にすると、無効にするためにはenso_exをアンイストールする必要があります。(FWの再インストールでOK)
SD2VITAを使用するのであれば、enso_exに付属するプラグインではなくStorageMgrを使用するべきです。

カスタムブートロゴ/アニメーションが不要ならTeam moleculeによる3.60用或いはTheFloW氏による3.65用
通常のEnsoのインストーラーを使用してください。enso_exは細心の注意を払って使用するべきです。
通常のEnsoでカスタムブートロゴ/アニメーションを使用したい場合、PSロゴやmoleculeロゴが表示されても良い
のであれば、SKGleba氏のCBS-Managerが使えます。Princess of Sleeping氏のCustomBootSplashのフォークです。
PSロゴやmoleculeロゴの後にカスタムブートロゴ/アニメーションを表示する事が可能です。

とりあえずざっくりと使用方法を書いておきます。もし仮にVitaが起動しないようになったり、SD2VITAが無いのに
SD2VITAのオプションを有効にした場合、私は悪くないので私には文句を言わないでください。
せめて文句を言う前にセーフモードからFWを再インストールしてください。
[ 2019/03/15 12:39 ] カテゴリ PS Vita | タグ Vita_HENkakuEnso, | コメント(0)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。