スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] カテゴリ スポンサー広告 | コメント(-)

[SWITCH] SX OS v2.6.1 Beta がリリース

Team XecuterがNintendo SwitchのCFWである SX OS v2.6.1 Beta をリリースしていました。
https://team-xecuter.com/sx-os-v2-6-1-beta-announcement/
https://sx.xecuter.com/
・新規にライセンス認証が出来なかった問題の修正
・FW7.0.xでUSBストレージが認識しなかった問題の修正
が変更点です。

v2.6 Betaにて報告されていた2つの問題が早速修正されたようです。

https://twitter.com/hexkyz/status/1107627638313484288
hexkyz氏によると、XecuterはSX OS v2.6 BetaでFW7.0.xをサポートするに当たり、tsec root keyをハードコード
したのだとか。tsec root keyはFW6.2.0からFWを起動するために必要となった鍵で、Atmosphereでは鍵を導出する
形でFW6.2.0や7.0.xをサポートしています。これは、任天堂のゲーム機のハックに携わる多くの開発者が鍵の共有を
著作権侵害だと考えているためです。ハードコードもそれに当たるという認識の方が結構多いです。
GBAtempは特にそういう事に厳しいので、今GBAtempのSX OS関連のスレではそれに関しての発言が多いです。

ただhexkyz氏曰く、使われていないコードからSeptを用いた方法が調査されていた事も分かるのだとか。
SeptはFW7.0.xの起動に必要な鍵を導出すべくAtmosphere v0.8.4で追加されたペイロードです。Septは暗号化/署名
されている必要があり、そのための鍵を用意してビルドする必要があります。XecuterがSeptを採用しなかった理由が
そこにあるのか、鍵をハードコードする方が良いと判断したからそうしたのか、そこは不明です。
ちなみにXecuterはv2.6 Betaでやった事として「将来のFWのアップデートに備え内部設計を大幅に変更」というのを
挙げていましたが、hexkyz氏にはそれが本当か嘘か分からないとの事。tsec root keyをハードコードする事でFWの
起動時に鍵の導出をしなくても良くなるのは確かなものの、そこが将来のFWで対策されるかどうかに依存するとの事。
将来のFWでの動作を保証する唯一の方法はTSECを掌握する事だそうです。

hexkyz氏によってv2.6 Betaでのその他の変更点も分かりました。
チートエンジン、XCIローダー、USBストレージのサポートには変更は無かったようです。
(FW7.0.xでUSBストレージが使用出来なかったため、USBストレージ関連はv2.6.1で更新されました。)
EmuNANDはパッチが更新されたようですが、ブートローダーに変更は無いようです。
内部のKIPやカーネルパッチも更新され、JITをサポートするためのカーネルパッチが追加されたようです。

[ 2019/03/19 08:32 ] カテゴリ Switch | タグ Switch_CFW, | コメント(3)

[PS4] PS4-Xplorer BETA v1.09 がリリース

TwitterでLapy05575948氏が、FW5.05のPS4向けのファイルマネージャアプリ
PS4-Xplorer BETA v1.09 をリリースしていました。
・.jsonファイルをフラットテキストとしてサポート
・ペルシア語訳の追加
・ロシア語訳の追加
・トルコ語訳の追加
・ポーランド語訳の追加
・スウェーデン語訳の追加
・カタルーニャ語訳の追加
・デンマーク語訳の追加
・ギリシャ語訳の追加
・インドネシア語訳の追加
・中国語訳のいくつかの漢字を修正
が変更点です。

[ 2019/03/19 07:36 ] カテゴリ PS4 | コメント(3)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。