[PSVITA] ステートセーブプラグイン déjàvu がリリース

2020/03/07 15:05 PS Vita 0
TheFloW氏が、Vitaでステートセーブを実現するプラグイン déjàvu v0.1 をリリースしていました。

TheFloW氏はDiscordでは1月、Twitterでは2月にこのプラグインを開発している事を明かしていました。
Twitterではプラグインの名前を募集され、その結果決定した名前が déjàvu です。(tweet)
Switchのexploitと同じ名前なのはどうなんだと思って私はアンケートではomoideを選びましたが、dejavuが47%、
omoideが6.5%という散々な結果になっていました。同じ名前が良いという人が多いのでしょうか…?

déjàvuを使用する前提条件として、Vitaにメモリーカードを挿している必要があります。
ux0としてマウントしておく必要はありません。ソースコードではux0のパスが指定されているため、ステートセーブ
とステートロード中にのみ一時的にメモカをux0としてマウントしているのだと思われます。
(つまり内蔵メモリ/SD2VITA/PSVSD/USBストレージ内にはステートセーブを保存出来ません)
READMEによると、déjàvuはまずVitaのソフトリセット機能を使用してRAM内の全リソースが中断された状態にし、
ペイロードによって全キャッシュとMMUを無効にし、FatFSとリバースエンジニアリングされたメモカのドライバを
使用してRAMとその他必要なデータをステートセーブとしてメモカに保存する、という流れのようです。
この時、セーブデータ("ux0:user/00/savedata/タイトルID")もステートセーブとして保存されるようです。
ステートロードではファイルからRAMに書き戻し、セーブデータもステートセーブ内の物に置き換わるようです。
v0.1時点ではステートロードに大きな課題があるようで、100%安定しているとは言えず、SDカードやメモカ内の
ファイルの破損やシステムのクラッシュが発生する可能性があるようです。ここでSDカードというのは、おそらく
SD2VITAやPSVSDに使用しているmicroSDカードの事だと思われます。
déjàvuは実験的なプラグインとされており、TheFloW氏自身は3.65の2000でのみテストされたそうです。

とりあえず試してみたので手順等を書いておきます。
kood