Vitaで恒久的なHENkakuを実現する HENkaku Enso が正式リリース

2017/07/29 22:53 PS Vita (-)
追記
FW3.65の場合は以下を使用してください。
https://github.com/TheOfficialFloW/enso/releases

チームmoleculeがVitaで恒久的なHENkakuを実現する HENkaku Enso を正式リリースしていました。
https://enso.henkaku.xyz/

3.60のVitaで導入可能なHEN(Homebrew Enabler)であるHENkakuはVitaのブラウザから導入が可能でしたが、
Vitaの電源を切ってしまうと無効になってしまうという物でした。
そこで新たに登場したのが再起動してもHENkakuのまま、つまり恒久的なHENkakuを実現する HENkaku Enso です。
チームmoleculeにより今年5月に発表されてからベータテスターの募集なんかもありました。
そして本日、2017年7月29日についに正式リリースです。

早速私も導入してみたので軽く導入手順でも書いていこうかと思います。




(サイトの前置き部分の訳)

PS Vitaのカスタムファームウェア(CFW)
HENkaku EnsoはPS VitaとPS Vita TVに新たな世界を提供するHENkakuが進化した物です。
一度のインストールでVitaに恒久的なハックが与えられます。再起動するたびにHENkakuを有効にする必要はありません。
HENkaku有効にしてからenso.vpkをインストールして起動し、画面の指示に従ってください。

Q. HENkaku Enso は私のVitaに害を及ぼしますか?
簡単に答えるのであれば「可能性は低い」
もう少し詳しく言うと、システムにとって恒久的な変更を加えるため、常に何らかのエラーが発生する可能性が存在します。
しかし100人を超えるテスターが数ヶ月テストをして大きな問題が起きずに済んだので、我々はEnsoのコードに自信を持っています。
ですが何かエラーが起きた場合にはいかなる保証も行わないので、リスクを回避したい方はEnsoを使わず HENkaku offline installer を使用する事をお勧めします。




●用意するもの
・PS Vita v3.60 HENkaku導入済み
enso.vpk

「↓」のマークが書かれたアイコンからダウンロードが可能です。
ダウンロードリンクはリリース日の12時頃までは https://enso.henkaku.xyz/enso.vpk だったのですが、
現在はGitHubにアップされているvpkのリンクに差し替わっています。



●手順
0、"設定/HENkakuの設定/リスクのあるユーザープログラムを有効化" にチェックを入れる

1、vpkをダウンロードしてインストール

2、ホーム画面に ensō バブルが現れるので起動する。

3、○を押して先に進め、という事なので○ボタンを押します。
enso install_0729_

4、オプション情報が表示されます。今回はインストールなので✕ボタンを押します。
enso install_0729_2

✕ ... Ensoインストール/再インストール
△ ... Ensoアンインストール
□ ... ur0:tai/boot_config.txt の修復
○ ... 何もしないで終了

5、MBRとos0に関するチェックが入り、正常に通過する事が出来ればEnsoがインストールされます。
完了後に✕ボタンを押すことでVitaが再起動し、インストール作業は完了となります。
HENkakuが有効の状態でVitaが起動すれば導入は成功です。



●taiHEN向けプラグインによってVitaが正常に起動しなくなった場合
悪意のあるプラグイン、不具合のあるプラグイン、Ensoと互換性の無い古いプラグイン
上記のようなプラグインを有効にした場合、EnsoではVitaが正常に起動しない事があるようで、
その際の復旧策として、Lボタンを押しながら起動する事でtaiHEN向けプラグインのロードをスキップする機能がEnsoには搭載されているみたいです。
プラグインを使う人は覚えておいた方が良さそうです。

●何らかのエラーにより起動プロセスがループする場合/そもそも起動しない場合
セーフモードから「PS Vitaを初期化する」
起動しない場合Ensoとしての起動はこけるけどセーフモードの起動は行けるって認識で良いのかな。
起動ループの場合はループ中にバッテリー抜いて戻して起動でセーフモード起動という荒業もある模様。

● ur0:tai/boot_config.txt とは
Vitaのブートシーケンスを弄る人向けのファイルです。現段階では開発者と人柱の人以外は弄らなくて良いファイルです。
こちらのファイルはEnsoの有効無効を司るファイルでもあるみたいで、ファイルが存在する場合はEnsoが有効、
存在しない場合はEnsoが無効になります。アンインストールではなく無効な所は注意が必要です。
Ensoをアンインストールする場合はインストーラーを使いましょう。



再起動してもHENkakuが有効なままなのは楽で良いですね。
boot_config.txtを使った今後の開発者達の動きに期待が高まります。