AdrBubbleBooterバブルのvpkをPC上で作成する AdrBubbleBooterCreator がリリース

2017/09/13 03:31 PS Vita 0
leecherman氏(LMAN氏)がバブルから指定のゲームをAdrenaline上で起動させる事が可能なAdrBubbleBooter
のバブルのvpkファイルをPC上で簡単に作成可能な AdrBubbleBooterCreator をリリースしていました。

Adrenalineがベースゲーム不要で動作するようになった事で、AdrBubbleBooterバブルはePSPバブルから独立して存在する事が可能になったみたいです。
よって今回リリースされた物は Adrenaline Bubble Booter VPK Edition と呼ばれていますが、個人的にこれのメインは
「AdrBubbleBooterバブルのvpkをPC上で簡単に作成可能」な所だと思ったため、この記事ではそれメインで紹介します。

現在公開されているファイルは「AdrBubbleBooter.VPKEdition.v0.1-LMAN.rar」と「AdrBubbleBooterCreator.rar」です。
後者はAdrBubbleBooterCreator.exeの更新です。前者を解凍してからexeを後者の物に入れ替えてください。

●全体的な流れ
1、Adrenaline-6 を導入しておく
2、AdrBubbleBooterInstaller.vpkをインストールして起動
3、STARTボタンを押し、AdrBubbleBooterを動作させるために必要なファイルをインストールし、Selectボタンで再起動する
4、AdrBubbleBooterCreator.exeでAdrBubbleBooterバブルのvpkを作成する
5、作成したvpkをインストールする。指定のゲームが起動したら成功

●AdrBubbleBooterCreator.exe
・Title…バブルのタイトル
・TitleId…バブルのタイトルIDを設定。PSPEMUで始まる必要があるため、実際に弄るのは後ろの3文字
・Game File…ms0をルートとしてゲームファイル(PBP、ISO、CSO)をパスで指定する
・ICON0.PNG…バブルのアイコン画像の指定
・BG0.PNG…Liveareaの背景画像の指定
・STARTUP.PNG…Liveareaの中央に表示される起動アイコン画像の指定
・PIC0.PNG…バブルを起動した際に表示される画像の指定
・Driver mode…ISOゲームの起動ドライバの設定(デフォルト=INFERNO)
・Execute mode…ISOゲームの実行ファイルの設定(デフォルト=EBOOT.BIN)
・Plugins mode…GAME.TXTやPOPS.TXTで有効にしてあるプラグインを指定のゲームで有効にするか無効にするかの設定
・Icon0. Style…バブルのアイコンのスタイルの設定(PSPスタイル、PS1アーカイブススタイル、Vitaスタイル)
・Create…AdrBubbleBooterバブルのvpkを作成する

※AdrBubbleBooterCreator.exeが画像をリサイズするため、こちらで画像サイズを合わせる必要はない

kood

▼コメント




▼コメントを投稿












※「英数字90%以上」のコメントを規制中です。コメントを投稿する際は日本語でお願いします。
※確認ボタンを押すと投稿確認フォームに移ります。投稿確認フォームの送信ボタンを押してください。
※確認フォームにある「メールアドレス」に入力された内容は管理人のみ確認可能です。空欄で構いません。
※確認フォームにある「タイトル」「パスワード」は当ブログでは使用していません。空欄で構いません。
※確認フォームにある「URL」は名前のリンクとして機能します。空欄で構いません。
※確認フォームには非公開コメントのチェック項目がありますが、非公開コメントは受け付けていません。
メールフォームより連絡頂ければメールにてお返事致します。