VitaShell v1.7 がリリース

GitHubで、TheFlow氏がVitaのHENkaku環境で使用できる多機能なシェルアプリ
VitaShell 1.7 をリリースしていました。
・QRコードスキャナーとファイルダウンローダーの追加 (by cxziaho) (L+Rでカメラを起動可能)
・ゲームデータに施された暗号化であるPFSを回避して復号化されたファイルを表示するオプションの追加
・SD2VITAとPSVSDをUSBデバイスとしてマウント出来るように
・メモリーカードが利用できない際にimc0をマウント出来ないバグの修正
・メモリーカードが利用できない際に設定メニューにアクセスするとクラッシュするバグの修正
・PSボタンでVitaShellを中断してから再開した際に自動USB接続がブロックされないバグの修正
・VitaTVの場合はSelectボタンを押すと必ずFTPサーバーモードになるように(設定でUSBにしていても)
が変更点です。

PFSの回避はゲームのフォルダ上で△ボタンを押し、"More/Open decrypted"を選択する事でPFS回避モードでそのフォルダを開くことが可能です。
この機能の目的はおそらく復号化済のファイルの取り出しです。この機能を使ってからVitaShellでPCと接続して
PFSを回避したフォルダの中身をPCにコピーする事で、PCでも復号化済のファイルが扱えます。
VitaShell上でそのフォルダの外に出てしまうとPFS回避モードでは無くなり、再びPFSが施された状態のファイルに戻ってしまいます。
PFS回避モード中はそのフォルダの中ではファイルの上書きやコピーは出来ませんでした。モディファイはやはりダンプしないと無理か…
結局どういった人向けの機能かと言いますと、「ファイルの解析/抽出を行いたい人向け」の機能ですねこれは。
稀に画像やら音源やらを漁る私にとってはちょっとうれしいかも。

[ 2017/09/18 02:24 ] カテゴリ PS Vita | コメント(0)
お売りください。駿河屋です。


▼コメント




(記入必須)

(空白で構いません / 管理人のみ確認可)

(記入必須)






メールフォームより連絡頂ければメールにてお返事致します。


お売りください。駿河屋です。