VitaShell v1.7 がリリース

GitHubで、TheFlow氏がVitaのHENkaku環境で使用できる多機能なシェルアプリ
VitaShell 1.7 をリリースしていました。
・QRコードスキャナーとファイルダウンローダーの追加 (by cxziaho) (L+Rでカメラを起動可能)
・ゲームデータに施された暗号化であるPFSを回避して復号されたファイルを表示するオプションの追加
・SD2VITAとPSVSDをUSBデバイスとしてマウント出来るように
・メモリーカードが利用できない際にimc0をマウント出来ないバグの修正
・メモリーカードが利用できない際に設定メニューにアクセスするとクラッシュするバグの修正
・PSボタンでVitaShellを中断してから再開した際に自動USB接続がブロックされないバグの修正
・VitaTVの場合はSelectボタンを押すと必ずFTPサーバーモードになるように(設定でUSBにしていても)
が変更点です。

PFSの回避はゲームのフォルダ上で△ボタンを押し、"More/Open decrypted"を選択する事でPFS回避モードでそのフォルダを開くことが可能です。
この機能の目的はおそらく復号済のファイルの取り出しです。この機能を使ってからVitaShellでPCとFTP接続して
PFSを回避したフォルダの中身をPCにコピーする事で、PCでも復号済のファイルが扱えます。
VitaShell上でそのフォルダの外に出てしまうとPFS回避モードでは無くなり、再びPFSが施された状態のファイルに戻ってしまいます。
PFS回避モード中はそのフォルダの中ではファイルの上書きやコピーは出来ませんでした。MODはやはりダンプしないと無理か…
結局どういった人向けの機能かと言いますと、「ファイルの解析/抽出を行いたい人向け」の機能ですこれは。
たまに画像やら音源やらを漁る私にとってはちょっとうれしいかも。

[ 2017/09/18 02:24 ] カテゴリ PS Vita | コメント(0)

▼コメント




(記入必須)


(記入必須)






※「英数字90%以上 or URL含む」でコメントを規制中です。コメントを投稿する際は日本語で、かつURLは含めないでください。
(URLは最初のh抜いて規制回避可能)
※上にある送信ボタンを押すとコメント送信の確認フォームに移ります。確認フォームより送信ボタンを押してください。
※確認フォームにある「メールアドレス」に入力された内容は管理人のみ確認可能です。空欄で構いません。
※確認フォームにある「タイトル」「パスワード」は当ブログでは使用していません。
※確認フォームにある「URL」は名前のリンクとして機能します。
※確認フォームには非公開コメントのチェック項目がありますが、非公開コメントは受け付けていません。
メールフォームより連絡頂ければメールにてお返事致します。


お売りください。駿河屋です。