Vita pkgの参照先をux0/imc0/uma0/ur0にしたPackage Installerを起動出来る PKGInstaller Launcher がリリース

GBAtempで、SKGleba氏がVitaのpkgの参照先をux0/imc0/uma0/ur0にしたPackage Installerを起動出来る
PKGInstaller Launcher をリリースしていました。
先月リリースされていたuxPKGinstallerの改良版といった感じです。

参照先パーティションをux0/imc0/uma0/ur0から選択する事が出来、pkgの参照先は各パーティションの直下に配置したpackageフォルダです。
本来のPackage Installerが参照する場所(host0)が変更されているだけなので、DRM保護の施された物は通常のVitaでは依然インストール出来ません。
IDUを有効にすればそのようなpkgもインストール可能ではありますが、Vita起動時にネットに繋がっていると勝手に最新FWを検知してDLされてしまい、
DLをキャンセルせず放っておくと勝手にインストールされてしまうので、IDUを有効にしようと思っている方は注意する必要があります。

[ 2017/10/21 01:11 ] カテゴリ PS Vita | コメント(0)
お売りください。駿河屋です。


▼コメント




(記入必須)

(空白で構いません / 管理人のみ確認可)

(記入必須)






メールフォームより連絡頂ければメールにてお返事致します。


トラックバック
http://cmd0725.blog.fc2.com/tb.php/1583-e4083915


お売りください。駿河屋です。