Vita上でpkgをzRIFと合わせてインストール出来る pkgi がリリース

GitHubで、mmozeiko氏がHENkaku環境のVita上でpkgをzRIFと合わせてインストール出来る
pkgi v0.05 をリリースしていました。

zRIFはご存じ無い人もいるでしょうが、どういった物かと言いますと、NoNpDrmで作成可能な偽ライセンスを圧縮・文字列化した物です。
あんな小さなファイルを何故圧縮するのか、というのは当然の疑問ですが、pkgを展開する際に合わせて使用する事で、
"/sce_sys/package/"内にあるファイルが完全な物になるからです。NoNpDrmが出てすぐにTheRadziu氏がMOD版PkgDecryptをリリースされました。
最初はそのMOD版PkgDecryptで偽ライセンスに含まれるライセンスキーをpkg展開の際に使うという方針だったようですが、
それだと"/sce_sys/package/"にあるファイルは不完全な物になってしまうため、偽ライセンスその物をzRIFとして圧縮・文字列化してpkg展開時に使用する
という事なったようです。現在のMOD版PkgDecryptはzRIFに対応しています。

pkgiにはpkgをVita上でダウンロードと同時に展開してインストールする機能が搭載されています。
pkgをダウンロードするためのURLとzRIFはメモリーカードに置いたtxtファイルから取得するようになっているようで、
この時にメモリーカード内にpkgを配置していればそのpkgを使用する仕組みになっています。
pkgのURLはzeusやares(ソニーのサーバー。aresはDRMフリーのアプリやゲーム)のURLでも良いですし、
自分でサーバー立ててそこにpkgを置いてそのリンクを使う形でも良いです。
pkgのURLとzRIFをtxtファイルから取得する、で勘の良い人は気づいたと思いますが、他者とtxtファイルを共有すれば実質海賊アプリになってしまいます。
善良な心を持ったpkgiユーザーは自分で用意したURLとzRIFを使いましょうね。

一応、使用方法は以下に書いておきます。




●用意するもの
・PS Vita 3.60 HENkaku導入済み
・NoNpDrm
・pkgi
・pkgのURLとzRIF
・PC



●導入方法


▼準備
1、NoNpDrmを導入し、ゲームの偽ライセンスを手に入れる
http://cmd0725.blog.fc2.com/blog-entry-1524.html

2、MOD版PkgDecryptに同梱のmake_keyを使用して偽ライセンスをzRIF化する
https://github.com/weaknespase/PkgDecrypt/releases

面倒な人は以下のサイトがオススメ。偽ライセンスを投げるとzRIFが返って来ます
https://rawgit.com/mmozeiko/pkg2zip/online/zrif.html

3-Aパターン、PCでExcelを使ってcsvファイル(コンマ区切り)を作成、A1~H1に以下の英単語を順番に入れる
contentid,flags,name,name2,zrif,url,size,checksum

・contentid列…アプリやゲームのコンテンツIDを記述(例:UP2120-PCSE00747_00-TOWERFALLVITA000)
・flags列…現バージョンのpkgiでは未使用の列。0を記述
・name列…pkgi上で表示する任意のゲーム名(UTF-8)を記述
・name2列…現バージョンのpkgiでは未使用の予備name列。空白で良い
・zrif列…コンテンツIDと一致しているzRIF文字列を記述
・url列…pkgのURLを記述
・size列…バイト単位でpkgのサイズを記述。不明の場合は0を記述
・checksum列…32バイトのSHA-256。pkgが改変されていない事を確認するために使うが、スキップする場合は空白にしておく

必要な内容を書き終えたらcsvファイルをpkgi.txtにリネームしておく

3-Bパターン、Excelが無い場合はpkgi.txtを作成する
一行ずつこの順で内容を記述していく
contentid,flags,name,name2,zrif,url,size,checksum

contentid,flags,name,name2,zrif,url,size,checksum
コンテンツID,0,あいうえお,,ZRIF,http://~~~,100000,,
※一番最初の行に「contentid,flags,name,name2,zrif,url,size,checksum」が必要
※こうする事でExcelのcsvファイルと同じになる

4、必須ではありませんが
pkgi.txtの内容をpastebin等にアップし、そのURLをpkgiでpkgi.txt代わりに使用する事も可能(やりたい人はやると良いかも)
これを行う場合は場合はpkgi.txtの一番最初の行を削除してpastebin等にアップ
config.txtを作成し、以下のように記述する
url http://~~~
※最初のurlコマンドが無いとエラーが出るので注意


▼ここから本番
1、pkgi-v0.05.vpk をダウンロードし、インストール

2、ux0パーティションにpkgiフォルダを作成

3、ux0:pkgi/ に pkgi.txt または config.txt を配置

4、pkgをローカル参照する場合は ux0:pkgi/ にpkgを配置
※ダウンロードする場合は配置しなくて良い

5、PKGiを起動

6、Enjoy !



●PSDLE

Chromium系のブラウザを使用している方は、拡張を入れる事でストアから自分の所持しているゲームのpkgのリンクを取得可能です。
PSDLE

PSDLEでcsvにエクスポート後、そのcsvファイルをpkgiで使える形に編集するのが現実的な手順かもしれません。



[ 2017/10/26 01:30 ] カテゴリ PS Vita | コメント(2)
お売りください。駿河屋です。


▼コメント





猫大好き 2017/11/04 16:12 
ダウンロードし終わってインストールが始まったと思ったらインストール出来ませんでしたと表示されました。
どうすればいいでしょうか?



管理人 kood 2017/11/04 19:56 
>>猫大好きさん
pkgi.txtを見直して問題が無いにも関わらずそうなるのならPCでPkgDecryptやpkg2zip使ってください。
https://github.com/weaknespase/PkgDecrypt
https://github.com/mmozeiko/pkg2zip


(記入必須)

(空白で構いません / 管理人のみ確認可)

(記入必須)






メールフォームより連絡頂ければメールにてお返事致します。


トラックバック
http://cmd0725.blog.fc2.com/tb.php/1600-ff19fe26


お売りください。駿河屋です。