OFWのPS3でバックアップゲームを起動する方法 - 2017/12/08

2017/12/08 23:27 PS3 3

今回紹介するのは2015年にロシアのサイトpspx.ruのフォーラムから広まった方法ですので、正直自分でも今更記事にするのでは遅すぎると思っています。
つい先月、Team PS3Xploitより NOR/NAND Software Flash Writer(PS3 OFW 4.82 NAND Downgrader v1.0) が登場し、
初期FW3.56以下のモデルはE3無しでのCFWの導入が可能になりましたし、今後は同チームからの3xxx/4xxxに対応したHENが期待されています。
そのHENではバックアップゲームの起動も実現する可能性があり、メインターゲットが4.70機なこの記事で紹介する方法はやはり遅すぎるでしょう…

今更記事にしようと思った理由は半分自己満足で、もう半分はこの方法を解説されている日本語のサイトが無かったためです。

今回紹介する方法はどういった方向けなのかについてですが、
1、過去にCFW(またはODE)環境を持っていた。PCにはゲームのダンプが残っている。手元には初期FW3.60以上でFW4.70以下の機体がある。
2、3k3y RipperかPS3のゲームディスクを読み取れるBDドライブを所持している。手元には初期FW3.60以上でFW4.70以下の機体がある。
3、「俺の"25xxモデル(初期FW3.60以上)/3xxxモデル/4xxxモデル"(現在FW4.70以下)で出来るってマジ!?ダウンロードしたろ!」
という3パターンです。ガキンチョであれば3から派生して4.82機で起動出来るようにして商売始めてしまうかもしれませんね。
4.70以下のPS3があれば出来ますからそれも。初期FWが3.56以下の場合は迷わず NOR/NAND Software Flash Writer 使ってください。

この記事は少々長くなるので興味のある方はお暇な時にでも読んでください。



今回紹介する方法でメインとなるソフトは以下。
CFW2OFW Helper
PS3GameConvert
KDW CFW2OFW
TrueAncestor Backup Retailer

これらを使用して何が出来るのかと言いますと、PS3のゲームのダンプをOFWで起動出来るように変換し、PS3のHDDのバックアップデータに挿入出来ます。
1つ目~3つ目のソフトがゲームの変換を行います。どれか1つを使えばOK。ただ、それぞれ開発者が違うため
「こっちがダメでもあっちで変換すれば起動出来る」というようなゲームもあるのだとか…
PS3にはHDD内をバックアップ出来る機能が備わっていますが、そのバックアップデータに、変換したゲームデータを挿入するのが4つ目のソフトです。
出来上がったバックアップデータを使用してPS3(OFW4.70以下)でリストア作業を行えば、XMBにゲームアイコンが現れ、起動出来るようになります。
ただし起動しないゲームも存在します。また、そもそもこの作業が行えないゲームも存在します。この場合は諦めるしかありません。
pspx.ruのフォーラムによれば「そのゲームのアップデートのpkgを所持、またはそのゲームにINSDIRフォルダがある事」が必須条件になります。
アップデートのpkgに関してはPCからのダウンロード方法を後述します。ゲームデータ本体ではないので違法性は無いと思います…
INSDIRフォルダはインストール用のpkgが入ったフォルダです。ゲーム開始時にインストールが求められるゲームはこのフォルダを持っている事があります。
つまり、アップデートが存在せずINSDIRフォルダも存在しない場合は今回の方法は無理という事です。


●全体の流れ(それぞれの詳細は後述)

1、"本体設定/バックアップユーティリティー/バックアップ" PS3のHDD内をバックアップする

2、PCでPS3のゲームデータをOFWでも起動するように変換する。

3、 TrueAncestor BACKUP Retailer で1で用意したPS3のバックアップデータに2で用意したゲームデータを挿入する。

4、出来上がったバックアップデータを "本体設定/バックアップユーティリティ/リストア" でリストアする

5、リストアが完了するとXMBのゲーム列にゲームが表示される。起動したら楽しむ。



PSDevWikiのユーザーさんが編集している起動するかどうかのリストです。
http://www.psdevwiki.com/ps3/CFW2OFW_Compatibility_List
以下で解説する方法を試す前に目を通しておくと良いかもしれません。



●用意する物
・PS3(OFW4.70以下)
・PC
・外付けHDD(FAT32でフォーマットされた物)
CFW2OFW Helper
PS3GameConvert
KDW CFW2OFW
TrueAncestor Backup Retailer
・ダンプ(吸出し)したPS3のゲームデータ

今回紹介する方法はPS3のバックアップデータにゲームを挿入するため、用意するストレージはそれなりの空き容量がある必要があります。
そのため私としては外付けHDD推奨です。また、NTFS等のFAT32以外でフォーマットされている場合はFAT32でフォーマットする必要があります。
PS3にゲームや動画等が入っている人ほど、バックアップ及びリストア作業は時間が掛かります。

PS3初期化直後にバックアップした場合はバックアップデータは6MB~8MBのため、ゲームサイズによっては16GBや32GBのUSBメモリでもOK。
ゲームのサイズにもよりますが、8GBだと収まらないゲームも存在しますし最低16GBは欲しい所ですね。
大量のゲームを突っ込む場合はその分大容量のストレージが必要になります。


●準備

1、OS標準のフォーマット機能や Fat32Formatter を使用して外付けHDDをFAT32でフォーマットしておく。

2、PS3に外付けHDDを挿し、"本体設定/バックアップユーティリティー/バックアップ" でPS3のHDD内をバックアップする。

3、用意したゲームデータがISOファイルの場合はマウントするなり適当なソフト展開するなりして "PS3_GAMEフォルダ" を取り出す。

4、"PS3_GAME/LICDIR/LIC.DAT" があるかどうか確認する。無い場合は以下のサイトにタイトルIDを入力して作成する。
 PS3 LIC.DAT Generator
※作成した場合は "PS3_GAME/LICDIR/LIC.DAT" となるようにコピー。



●各変換ソフトの特徴

・CONVERT.BAT と make_npdata.exe
pspx.ruのフォーラムで編み出された最初の方法。以下に紹介する3つのソフトはこれをベースに開発された。
OFW向けに変換する機能だけしか持っていないため、ライセンスファイルの変換やアップデートのpkgの展開等は自分でやる必要がある。
これはこの記事では紹介しません。興味のある方はロシア語ですがフォーラムを参照してください。
http://www.pspx.ru/forum/showthread.php?t=106399

・CFW2OFW Helper
実行ファイル(CFW2OFW Helper.exe及びmake_npdata.exe)と同じ場所にPS3_GAMEフォルダを配置して使用する。
PS3_GAME/PARAM.SFO を参照し、問題が無い場合はタイトルIDに合わせてアップデートのpkgを検索,DLし、変換を自動でやってくれる。
PARAM.SFOに問題がある場合(改竄されている場合)はどの場所に問題があるというエラーが出る。エラーを見て手動で修正も可能だが、
面倒なのでPS3GameConvertを使うようにする。ライセンスファイルの変換やアップデートのpkgの展開機能も持っている。
CONVERT.BATとmake_npdata.exeベースであるが、v5で次に紹介するPS3GameConvertのロジックをベースにしたとの事。
開発が一番進んでいるソフトで、アップデートのpkgの自動DL機能を持っているため、私としては一番最初にこれを使用する事を推奨。

・PS3GameConvert
pspx.ruのフォーラムで生まれたソフト。ISOファイルの展開機能(PS3_GAMEフォルダの取り出し)とアプデpkgの展開機能が特徴。
アプデのpkgかINSDIRフォルダがあれば処理が完了するため、param.sfoで処理が止まってしまう事があるCFW2OFW Helperよりも良い。
が、アプデのpkgはどこかから持ってこなければいけないため、CFW2OFW Helperがダメだった場合に使用する事を推奨。

・KDW CFW2OFW
kdwgamestore氏が上記の物をベースに開発した物。アップデートのpkgの検索,DLはAldostools氏のPS3 Game Updatesを、
pkgの展開はifcaro氏のPkgViewを、そしてPARAM.SFOを編集するAldostools氏のPARAM.SFO editor。
ゲームデータを変換する事以外は他のソフトに回すようにしたソフト。動作が少々不安定なため最終手段。



●CFW2OFW Helper の使用方法
1、実行ファイルと同じ場所にPS3_GAMEフォルダを配置してCFW2OFW Helper.exeを実行。

2、コンソールが表示され、自動で処理が始まり、成功すれば実行ファイルがある場所に「(タイトルID)フォルダ」が出来る。
※実行時にコンソールでエラーが表示されたらPS3GameConvertを使用する。
※「(タイトルID)フォルダ」に2つの「タイトルIDフォルダ」があるのを確認する。(1つがゲームデータ本体、もう1つがアプデ)


●PS3GameConvert の使用方法

0、アップデートのpkgを用意する。
・PS3 Game Updates
PSN PKG Decryptor&Extractor に搭載されているPSN Update Checker
等でアプデのpkgを検索,DL出来る。pspx.ruのフォーラムでErikPshat氏がタイトルID別にDLリンクを網羅されているのでそこからDLでも良い。
http://www.pspx.ru/forum/showthread.php?t=106860
これらはゲームのアップデートのpkgのDLには違法性が無いと思い紹介しています。
また、他にもpkgが検索できるソフトはありますが、アップデート以外(PSNコンテンツ)を表示してしまう物もあるため、それらは挙げていません。

1、PS3GameConvert_v0.91.exeを実行すると「アップデートのpkgがあるか(yes)、INSDIRフォルダがあるか(no)」の選択があるので、選択する。

2、yesを選択した場合はpkgの選択ウィンドウが開くので選択する
※そのゲームのアプデのpkgが複数ある場合は必ず全て選択する。

3、処理したデータを出力するフォルダを指定する。

4、ゲームのISOかPS3_GAMEフォルダ、どちらを使用するか問われるのでPS3_GAMEフォルダを選択して、指定する。
※ISOを指定すると展開処理が入る。

4、自動で処理が始まり、指定した保存先フォルダに2つの「タイトルIDフォルダ」があるのを確認する。
 (1つがゲームデータ本体、もう1つがアプデ)


●KDW CFW2OFW の使用方法

1、付属のPS3 Game Updatesを使用してアップデートのpkgをダウンロードする。
※KDW CFW2OFW V.1.2.exeから実行可能。

2、LOAD PKGでDLしたpkgを選択。

3、PS3_GAMEフォルダを選択するウィンドウが開くので選択する。

4、KDW CFW2OFW V.1.2.exeのある場所に「タイトルIDフォルダ」が2つ出力される。



ここからはPS3のバックアップデータに、変換ソフトで変換したゲームデータを挿入する作業です。

●TrueAncestor BACKUP Retailer の使用方法

1、backupフォルダにPS3のバックアップデータ(日付のフォルダ)をコピーする。

2、gameフォルダに変換ソフトで変換したゲームデータ(タイトルIDフォルダ2つ)をコピーする。

3、retailer.exeを実行し、キーボードで1を入力してEnter。

4、バックアップデータの日付が添え字付きで表示されるので、添え字を入力する。

5、メインメニューに戻り、キーボードで4を入力してEnter。

6、タイトルIDが添え字付きで表示されるので、添え字を入力する。
※Aを入力で全部選択、Bでメインメニューへ戻る。メインメニューに戻るまでは何度でも添え字を入力可能。

7、キーボードでsを入力しEnterを押し、okと入力してEnter。

8、バックアップデータへの挿入作業が始まる。

9、完了したらoutputフォルダにバックアップデータ(日付のフォルダ)があるので、それを外付けHDD等にコピー。
※外付けHDD:\PS3\EXPORT\BACKUP\日付\...

10、外付けHDDをPS3に挿し、 "本体設定/バックアップユーティリティー/リストア(復元)" でリストアする。

11、リストアが完了したらXMBのゲーム列にゲームが表示される。起動したら楽しむ。起動しなかったら別の変換ソフトで試す。
それでも起動しないなら諦める。PSDevWikiのリストに目を通して起動に必要な特殊な作業がある場合はチャレンジしてみるのもあり。



●OFW4.75~OFW4.82のPS3でバックアップゲーム(ダンプゲーム)を起動する方法

この方法はOFW4.70以下のPS3とOFW4.75~OFW4.82のPS3が必要です。
また、データ転送ユーティリティーを使用するためLANケーブルが必要です。

1、OFW4.70以下のPS3で上記までの作業を行い、ダンプゲームが起動出来るようにしておく。

2、PS3の "本体設定/データ転送ユーティリティ-/" でOFW4.70以下のPS3のデータをOFW4.75~OFW4.82のPS3に転送する。
※転送先(OFW4.75~OFW4.82のPS3)はフォーマットされた後、OFW4.70以下のPS3のデータが転送(コピー)されます。

3、リストア完了後、OFW4.75~OFW4.82のPS3でXMBからゲームが起動出来たら成功。


OFW4.82ならPSNに接続可能ですし、試してませんがオンに行ける可能性もあります。
ソニーに分かるのかどうかは知りませんけど、まあBAN覚悟で逝ってください。



余談

今回の方法はゲームのライセンスファイルである "PS3_GAME/LICDIR/LIC.DAT" がLIC.EDATに変換されます。
このLIC.EDATはFW4.70まではリストア可能でしたが、その次の4.75ではリストア処理に対策が入ってしまい、LIC.EDATは弾かれます。
そのため、4.75以上でリストアすると、XMBにゲームアイコンは現れるものの、ライセンスファイルが無いために80010006エラーが出て起動出来ません。
しかしゲームの起動回りには特に対策は入っておらず、FWを上げた場合でも今回の方法を使ったゲームは起動可能です。
そしてPS3のデータ転送機能ではLIC.EDATも転送されるため、それを利用すれば4.75以上のPS3でもダンプゲームの起動は可能になります。


・超次元ゲイム ネプテューヌ(起動確認)
・AQUAPAZZA -AQUAPLUS DREAM MATCH-(起動時にディスクを要求され、入れると真っ暗)

私が試したゲームは上記2本のみです。これ以外のゲームでは面倒だったので試していません。
DLCの変換に関してもフォーラムには記載されていましたが、面倒だったので試していません。

では、良いPS3ライフを。

kood

▼コメント


もっこり 2017/12/13 13:04
はじめまして。
CECH-2500の改造を考えているのですが、このモデルは初期FWが3.55以上のものもありその場合は改造ができません。
本体裏側に貼られているシリアルナンバーから初期FWが3.55以上かどうか、もしくは製造年日の確認ができると聞いたのですが、どこで判別すればいいのでしょうか?
FW3.55のリリースが2010年12月なので、それ以前に製造された2500なら改造可能ということになります。
よろしくお願いいたします。
管理人 kood 2017/12/13 20:26
>>もっこりさん
シリアルナンバーからの製造年月の判別は不可能ではないかもしれませんが、私は把握していません。
PSPのようにシリアルナンバーの研究をした有志がPS3でも存在したという記憶は、私にはありません。

>CECH-2500の改造を考えているのですが、このモデルは初期FWが3.55以上のものもありその場合は改造ができません。
正確にはFW3.56です。OFWの状態でXMBやセーフモードからCFWを導入出来なくなったのは3.56ですが、3.56の対策は小細工であったため、
E3のようなハードウェアフラッシャーを使用すればCFWにアップデートは可能でした。(初期FW3.56の場合は3.55に戻さずCFWを突っ込む)
本格的な対策(metldr.2)は3.60からです。改造を考えているとの事ですが、それがTeam PS3XploitのNOR/NAND Software Flash Writer
の使用を考えているという事であるならば、初期FWは3.56までOKです。Software Flash Writerに関しては以下の記事を確認してください。
http://cmd0725.blog.fc2.com/blog-entry-1698.html

シリアルナンバーからの判別方法は不明ですが、PS3の購入日からの判別は可能です。
FW3.60は2011年3月10日にリリースされました。PS3の箱を開けたところに保証書部分があるので、
家電量販店等で購入されたPS3であればその場所に購入日が書かれているか、レシートが貼られている可能性が高いです。
購入日が3月10日よりも前であれば初期FWは3.56以下です。ちなみに、3.56は2011年1月27日にリリースされましたから、
購入日がそれよりも前であれば初期FWは3.55以下です。いつ製造されたかを消費者がシリアルから判別する方法は不明であるため、
購入日を頼りにするしかありません。仮に新品の2500の購入を考えているのであれば、それは完全に運です。
もっこり 2017/12/13 23:31
>koodさん

大変詳しくありがとうございました。とても勉強になりました。
その方が嘘を言っていた可能性も十分考えられますが
「シリアルの3ケタが重要だ。ヤフオクでも2500はシリアルを聞いている人が多いから見てみなさい」
と言っていました..

判別方法が分かれば、その時は是非よろしくお願いします♪


▼コメントを投稿












※「英数字90%以上」のコメントを規制中です。コメントを投稿する際は日本語でお願いします。
※確認ボタンを押すと投稿確認フォームに移ります。投稿確認フォームの送信ボタンを押してください。
※確認フォームにある「メールアドレス」に入力された内容は管理人のみ確認可能です。空欄で構いません。
※確認フォームにある「タイトル」「パスワード」は当ブログでは使用していません。空欄で構いません。
※確認フォームにある「URL」は名前のリンクとして機能します。空欄で構いません。
※確認フォームには非公開コメントのチェック項目がありますが、非公開コメントは受け付けていません。
メールフォームより連絡頂ければメールにてお返事致します。