VITA2PC v.0.2 がリリース

2017/12/11 22:34 PS Vita 3
wololo.netのフォーラムで、Rinnegatamante‏氏がHENkaku環境のVitaの画面をPCにストリーミングする事が可能な
VITA2PC v.0.2 をリリースした事を伝えていました。
・Uncharted: Golden Abyss(EUR版 アンチャーテッド地図なき冒険の始まり)の互換性パッチ
・Muramasa Rebirth(EUR版 朧村正)の互換性パッチ
・Ratchet & Clank 2(EUR版)の互換性パッチ
・Ratchet & Clank 3(EUR版)の互換性パッチ
・LPDDR2ハードウェアエンコーダをサポート
・PC側のクライアントソフトの解像度に関する変更
・PC側のクライアントソフトでバイリニアフィルタリングをサポート
・SDL Mixeオーディオドライバのバグの修正
・クライアントソフトのアイコンを追加
・OpenALベースのオーディオドライバを追加
が変更点です。

kood

▼コメント


なめこ 2019/02/06 05:51
おはようございます。
パソコンで大きい画面で見れないかとおもい調べていたら
このプラグインをみつけてまたここにたどり着き

PC側のクライアントソフトの解像度に関する変更

というのを調べてもみつけられずまた質問をさせてください><

ストリーミングをすることは可能になったのですが解像度がvitaと同じ大きさでしかできずこまっております。
ストリーミング画面がでていろいろ試してみたのですが解像度の変更をするメニューのようなものがみつからず
頓挫しています。
どうぞお力をお貸しください。
管理人 kood 2019/02/06 15:46
>>なめこさん
残念ながらVITA2PC自体にウィンドウの大きさを変えたり、フルスクリーンで表示する機能はありません。
やるとすれば、OBSのようなキャプチャーソフトでVITA2PCのウィンドウを表示させ、それを引き伸ばして
プレビュー機能で楽しむ、という感じになると思います。

ちなみに、ネットワーク経由ではなくUSB経由でPCに画面を映せるudcd_uvcというプラグインもあります。
https://github.com/xerpi/vita-udcd-uvc/releases
udcd_uvcはVitaをUSBビデオクラス(UVC)という規格のデバイスとして認識させる事が可能なプラグインです。
UVCはビデオカメラ等で使われている規格です。udcd_uvcを使用すればOBSのようなキャプチャーソフト等で
Vitaの画面を表示させる事が可能です。例えばOBSではVitaを映像キャプチャデバイスとして扱う事が可能です。
PSVitaDockであれば設定不要でudcd_uvcが有効のVitaの画面を表示させる事が可能です。
https://github.com/lazydevyo/PSVitaDock/releases
(※VITA2PCとは違って音声の出力は出来ません。(音声はイヤホンジャックから取る必要がある))
なめこ 2019/02/06 21:35
こんばんわ
お返事ありがとうございます。
PSVitaDockを試してみたのですが画面が写らない状態です真っ白です。
いろいろ調べてみてプレイヤーでvitaを写すことが成功しました。
これはDockの効果ではなくてUDCD_UVCで繋げられたということなのでしょうか?
勉強になりました!ありがとうございます!


▼コメントを投稿












※「英数字90%以上」のコメントを規制中です。コメントを投稿する際は日本語でお願いします。
※確認ボタンを押すと投稿確認フォームに移ります。投稿確認フォームの送信ボタンを押してください。
※確認フォームにある「メールアドレス」に入力された内容は管理人のみ確認可能です。空欄で構いません。
※確認フォームにある「タイトル」「パスワード」は当ブログでは使用していません。空欄で構いません。
※確認フォームにある「URL」は名前のリンクとして機能します。空欄で構いません。
※確認フォームには非公開コメントのチェック項目がありますが、非公開コメントは受け付けていません。
メールフォームより連絡頂ければメールにてお返事致します。