Nintendo Switchシーン 2018年2月21日時点でのハックシーン事情を軽くまとめてみた

2018/02/21 08:26 Switch 10
  • 2019/10/01
    この記事の情報はかなり古いです。
    当時の状況を知りたいならともかく、そうでないなら読まない方が良いと思います。

私、任天堂のゲーム機のハックに関してはちょっと齧った程度で、全然詳しくありません。
Switchに関しては元々記事書く気なんて全然無かったんですが、ここ一週間程でいろいろと思う所が出来てしまって、
とりあえずは今Switchシーンがどんな状況なのかをまとめてみようと思い、この記事を書いています。
読んでおかしいと思う所があればコメントで遠慮なく指摘してください。その方が私も勉強になります。



現在Switchシーンは、複数のチーム、及びチームには所属しないもののチームに協力する形の開発者達でハックが進められています。
現時点で主要なチームは4つ。「SwitchBrew」「ReSwitched」「Fail0verflow」「Team-Xecuter
前2つはSwitch発売後に結成されたSwitchシーンのためのチームです。
SwitchBrewチームは過去に任天堂のゲーム機のハックシーンで功績を残した開発者3人をメインに結成されたチームで、
ReSwitchedチームは過去にゲーム機のハックシーンで功績を残した方を含め、8人以上の開発者が関わっているチームです。
Fail0verflowチームはおそらく2007年か8年に結成されたと考えられるハッカー有志によるチームで、チーム名がハックシーンに登場したのは
PS3がGeohot氏のアレで盛り上がっていた2010年頃です。Wiiシーンに関わっていた開発者もメンバーに含まれており、
PS3で活躍した後は WiiUやPS4といった据え置き機をメインとして活動しているチームです。
Xecuterチームは私はあまり詳しく無いのですが、ハックシーンではXbox 360向けの機器を販売しているビジネスハッカー集団
といったイメージがあるそうです。軽く調べた所、PS1や初代Xboxの頃から存在していたチームのようです。(source)

この4つのチームの中でSwitchBrewチームとReSwitchedチームは協力体制を取っているようです。



TrustZoneという用語が登場するので予め書いておきます。
SwitchにはNVIDIAのTegraが搭載されており、TegraのCPUコアにはARMのプロセッサが採用されています。
TrustZoneとはARM系プロセッサで使われているセキュリティ機構の名前です。
私が詳しく書くと墓穴を掘りそうなので詳しくは書きませんが、そういうのがあるんだという認識を持ってください。

また、マスターキーという用語も登場しますが、SciresM氏によればマスターキーは権限を得るという意味では役に立たない
物であり、SwitchがそのFW上で得られる機体毎に固有ではない共通のキーを得る事が可能になるそうで、簡単に言うと
SwitchがそのFW上で復号可能な物をPC上でも復号出来るようになる、とされています。(source)
マスターキーはFW毎に違っており、現時点では以下の4つが存在するようです。
MasterKey0…FW1.0.0~2.3.0
MasterKey1…FW3.0.0
MasterKey2…FW3.0.1~3.0.2
MasterKey3…FW4.0.0~4.1.0

また、機体毎に異なるキーであるデバイスキー、 TrustZoneを復号するためのPackage1キー(Stage 2 bootloader key)、
カーネルやシステムモジュールが復号可能なTrustZone内に存在するPackage2キー、等も存在するようです。
Package1キーもマスターキー同様にFW毎に違っており、FW1.0.0~2.3.0では共通だそうです。


記事執筆時点(2018年2月21日)のFW毎のハック事情をまとめると、以下のような感じになります。

●FW 1.0.0
・TrustZoneのレベルでコードが実行可能(jamais vu)
・NANDをSDカードからエミュレートするemuNANDや、FWを書き換えたCFWが実現可能な模様
・jamais vuによりMasterKey0及びデバイスキーをダンプ可能
・XecuterチームがPackage1キー(FW1.0.0~2.3.0)を公開

●FW2.0.0~2.3.0
・TrustZoneのレベルでコードが実行可能(déjà vu)
・hexyz氏が所持するnvhaxでHomebrewを実行可能

●FW3.0.0
・TrustZoneのレベルでコードが実行可能(déjà vu)
・hexyz氏が所持するnvhaxでHomebrewを実行可能
・ReSwitchedチームが所持する3.0.0用のexploitであるROhanでユーザーランドでコードを実行可能
・SwitchBrewチームがReSwitchedチームと協力してHBL(Homebrew Launcher)をリリース済み

●FW3.0.1~3.0.2
・TrustZoneのレベルでコードが実行可能(déjà vu)
・hexyz氏が所持するnvhaxでHomebrewを実行可能

●FW4.0.0~4.1.0
・TrustZoneのレベルでコードが実行可能(déjà vu)
・hexyz氏が所持するnvhaxでHomebrewを実行可能



以下はexploitの概要とも言えない基本的な部分の解説です。

PegaSwitch
ReSwitchedチームが開発,公開しているexploitツールキット。Pegaswitch 3.0でFW3.0.0をサポート。
これを利用してFW3.0.0環境でHomebrewを起動するHBLにACE loaderが存在する。
ACE loaderはリリース後すぐにReSwitchedチームが開発しているSwichのライブラリであるlibtransistorに統合。

ROhan
ReSwitchedチームが所持するFW3.0.0用のexploitで、ユーザーランドでコードを実行可能。
Switchのサービスマネージャーがユーザーがフルパーミッションを持っているかのように扱うsmhaxが利用される。

Homebrew Launcher for Switch, version 3.0.0
SwitchBrewチームとReSwitchedチームが協力し、ROhan/Webkit exploit/hbexploit を利用してHBLをFW3.0.0で実現。
HBLは現時点ではKernel exploitでは無いそうですが、時が来ればKernelの利用をサポートしたNRO launcherをリリースするそうです。

nvhax
hexyz氏が見つけたFWの脆弱性を利用するexploitで、開発にはSciresM氏とplutoo氏も関わっている模様。
最新のFWでもHomebrewが実行可能なexploitのため、hexyz氏としては今後のためにもキープしておきたいらしく、
対策されればHomebrewを実行するための手段としてリリースするそうです。

jamais vu
FW1.0.0にてTrustZoneのレベルでコードが実行可能なexploit。
SciresM氏とmotezazer氏が発見,開発,利用。

déjà vu
FW2.0.0~4.1.0まででTrustZoneのレベルでコードが実行可能なexploit。
SciresM氏が発見。

●coldboot exploit - Fail0verflow
Fail0verflowチームが所持,開発中のexploit。
Tegraのbootromのバグを利用するとしており、Fail0verflowチームは現行のSwitchでは対策出来ないとしています。
(要は任天堂はFWのアップデートでは対策出来ず、ハードウェア自体を更新するしかない。)
また、MODチップの類も不要だそうです。 Fail0verflowチームはSwitch起動時のNintendoロゴの後にオリジナルの文字列を
スクロールさせている動画を公開し、SwitchでLinuxを動作させてまるでタブレットPCの如く使いこなしている動画も公開しています。
https://twitter.com/fail0verflow/status/953084954145181696
https://twitter.com/fail0verflow/status/950003287062974465
https://twitter.com/fail0verflow/status/960894909304786945
https://twitter.com/fail0verflow/status/964954316892119040

●fusée gelée - coldboot exploit - ReSwitched
ReSwitchedチームが所持,開発中のexploit。
Fail0verflowチームと同じくTegraのbootromのバグを利用しているそうですが、両チームは協力体制を取っているわけではなく
それぞれが独立してcoldboot exploitを開発しているため同じ脆弱性(bootromのバグ)を利用しているかどうかは不明。
脆弱性の発見及び実装はReSwitchedチームのKate Temkin氏で、Kate Temkin氏は、ソフトウェア的なバグでありSwitchのハードに
改造は加えていないとしています。Kate Temkin氏はSwitchの起動直後に文字列を表示させるペイロードを実行する実証動画を公開しています。
https://twitter.com/ktemkin/status/964780654142484481



●CFWに関して
GitHubにてSciresM氏がAtmosphère-NXというリポジトリを公開しています。
GitHubにある内容を見るに、CFW開発のためにプレースホルダとして用意されたリポジトリのようです。
GBAtempにこのスレッドがあり、そのスレッドではSciresM氏はAtmosphèreはjamais vuのPOCだと発言されています。
CFWをクローズドな形で開発する事は望んでいない事からオープンソースにしているそうです。

GBAtempでどのバージョン向けにリリースするのかと問われたSciresM氏は以下のような回答をされています。
「Atmosphèreは最終的には1.0.0~4.1.0の全てのバージョンで起動可能になるでしょう。
 1.0.0ではjamais vuを通して最初に使用する事が可能になります。
 その後で(少なくとも数ヶ月。私はAtmosphèreにリリース予定日を設定しません)、
 2.0.0~3.0.0ではdeja vuを通して使用可能になります。その後いつになるかは分かりませんが3.0.1~4.1.0で使用可能になります。」
(source)



●どのFWをキープすべきか
4.1.0でもTrustZoneでコードが実行出来ると言うニュースがあった際に、Wololo氏がその方法を発見したSciresM氏に
どのFWをキープすべきか聞いたそうです。SciresM氏ははっきりと以下のような発言をしたそうです。

もし1.0.0なら1.0.0をキープしてください。
もし2.0.0~3.0.0ならそのままにしておくか3.0.0でHBLを使用してください。
もし3.0.1~4.0.1であれば、遠慮なく4.1.0にアップデートしてください。
Nintendo Switch 4.1.0 hack: SciresM has some (very) good news for people on the latest firmware

2.0.0~2.3.0に関して、1月24日時点ではfeel free(遠慮なく、ご自由に)という用語を使って3.0へのアップデートを促していた
SciresM氏が2月18日時点では「stay where you are or get on 3.0.0(そのままにしておくか3.0.0でHBLをゲット)」
と2.0.0~2.3.0にも何らかの希望はありそうなニュアンスで発言されています。

3.0.1~4.0.1に関してはHBLのページで「現時点では3.0.1以降をサポートする予定は無い」と書かれていますし、
SciresM氏も遠慮なくアップデートして良いとしているのでアップデートして良いと思われます。
実際私も3.0.1を持っていましたが4.1.0にアップデートしました。

3.0.1~4.0.1を持ってる人はアップデートするならするで覚悟を決めてさっさとアップデートした方が良いです。
新たなFWがリリースされたら4.1.0にするために4.1.0入ったゲームを買う羽目になるかもしれませんし。
特定のFWをダウンロードしてフラッシュ出来る方法が見つかれば良いんですけどね。



●Homebrewに関して
SwitchBrew wikiの以下のページにまとめられています。
http://switchbrew.org/index.php?title=Homebrew_Applications

それとは別にVitaのHomebrewをまとめたデータベースサイトVitaDBの創設者であるRinnegatamante氏が
SwitchのHomebrewをまとめるためのデータベースサイトSwitchDBを開設されました。
当然ここ以外にもHomebrewのミラーサイト的な物は登場すると思いますが、VitaDB同様にAPIが用意されているので
SwitchDBを参照するサイトやVita HomeBrew BrowserのようなHomebrewが登場するかもしれません。

外国人が大好きなDOOMはHomebrewとして既に登場しています。
https://github.com/kgsws/kgdoom

PegaSwitchを利用したSwitchでは既にRetroArchが動作する事が分かっています。
TheNerdMagの記事に動画がまとまっています。NES/SNES/AtariJaguar/GBA/ネオジオ/Atari Lynx は動作しているようです。
Nintendo Switch Hombrew can run SNES, GBA, GBC, Doom Emulators and Many more
PegaSwitchを利用して動作させているようなので、動作環境としてはFW3.0.0だと思われます。
RetroArchを開発するLibretroチームはつい先日RetroArch 1.7.1をリリースした際にSwitchへの移植を始めたことを伝えており、
まだSwitch向けにリリースはされていないものの、次の1.7.2をリリースする際にはSwitch向けの物もリリースするつもりのようです。



●Team-Xecuterに関して
Xbox360シーンではビジネスハッカー集団というイメージを持たれているチームのようで、
「インストールされているFWに関係無くCFWへの道を切り開くソリューション」
「独自のコードとカスタムファームウェアパッチを実行可能な安定していて高速なメソッド」
「我々は成功したと思う」
というコメントと共に1月頭にSwitchシーンへの参入を発表していました。(source)

Switchは起動時にNintendoのロゴを表示しますが、そのロゴをXecuterに変更した動画を公開しています。
https://www.youtube.com/watch?v=gzngEqL6vnI

チームは1月15日時点で情報がリークされた事から、フォーラムで以下のような発言をしていました。
「今の所、はんだ付けするバージョンとしないバージョンがあるとお伝えしておきます。
私たちはかなり多くの作業をしており、詳細は近日公開する予定です。」(source)

2月17日頃にはメールで商品の詳細や発売日の問い合わせが相次いだ事から以下のようなコメントを出していました。
「旧正月が理由で数日遅れましたが、私たちの元にプロトタイプの基板が届きました。
どんな開発にも予想されるように私たちはエントリーポイントの信頼性に関する問題を発見しましたが、
製品をリファインして状況をお伝えするつもりです。続報と動画をお待ちください」(source)

既にプロトタイプの基板があるという事は分かりましたが、具体的な製品像は現時点では全く分かりません。
続報に期待したい所です。



今までなんとなく眺めて来たSwitchシーンを割とまじめに調べてこの記事を書きました。
まあやる気が出れば今後はソニーのゲーム機だけでなくSwitchシーンのニュースも記事にします。
私、本当に任天堂のゲーム機のハックシーンには疎いので、いざ記事を書くとなったら温かい目で見守ってくださるとうれしいです。
文字ばっかりで見苦しい記事になってしまい申し訳ございませんでした。




追記 2018/02/27
http://boards.4chan.org/vg/thread/206336778/hbg-homebrew-hacking-general#p206340126
4chanのスレッドでてSciresM氏が以下のような発言をしていました。
3.0.0を持っている場合はそこで待ってください。もし3.0.1/3.0.2を持っている場合は、
 そこで待つ理由はあまりありません。もし更新するなら4.1.0で待ってください。


https://www.reddit.com/r/SwitchHacks/comments/7zk9ba/switch_hacks_guide/
また、redditのこのスレッドで「3.0.1~4.1.0でも低ければ低いほど良い」と発言する人に対して
SciresM氏が以下のような発言をしていました。
普通なら私も同意見。とは言え私は自分のTrustZoneへの攻撃の理解に自信を持っています。
 つまり私が言いたいのは3.0.1で有効なTrustZoneのバグ(deja vu)は4.1.0でも有効という事です。
 私はバージョン間の修正点を把握しています。


SciresM氏以外の人も
「社会的な面も考慮する必要がある。3.0.1にexploitがあるなら証明しろ。他の人は4.1.0にいるけど」
的な事を発言されています。

kood

▼コメント


jh1evz 2018/07/16 20:41
>>管理人さん

御相談したいことがあります。
先日知り合いから使わないからとのことでSwitchを譲り受けたのですが、F.Wが1.0のようでした。
Switchで特に何かやりたいゲームがあるわけではないのですが、管理人さんの記事を見て以来Switchのハックシーンには興味を持っています。

そこでこの機体のF.Wをどうするか迷っています。
一旦上げてしまったらDG出来ないでしょうし、かと言ってこのままキープしてハックシーンに参加出来るのか判らないので・・・。
1.0の場合、何故そのままキープしておいた方がいいのでしょうか?

アドバイス頂けますと助かります。
何卒宜しくお願い致します。
管理人 kood 2018/07/17 00:04
>>jh1evzさん
現在Switchシーンではソフトウェアハックのためのexploitと、ハードウェアハックのためのexploitが存在します。
現在主流のfusee geleeは、Switchに搭載されているSoCであるTegraのブートROMの脆弱性が利用されており、
SwitchをTegraのリカバリーモードで起動してPC/スマートフォン/その他デバイスからペイロードを実行可能です。
こちらがハードウェアハックのexploitです。任天堂は、FWの更新によっては対策出来ない脆弱性です。
ここ最近はfusee geleeの対策版が出荷され始めたと話題になっていますね。
対してソフトウェアハックはSwitchのFWに存在する脆弱性を利用したexploitでハックを行います。
私は過去の任天堂のゲーム機のシーンに疎いんでソニーのハードで例えますが、この状況はPSPやPS3でも存在しました。
PSPはパンドラバッテリーによるCFW(ハードウェアハック)と、そうではないLCFW(ソフトウェアハック)。
PS3は2500型までのCFW(ハードウェアハック)と、最近登場したHAN(ソフトウェアハック)。

1.0.0は、ソフトウェアハックがハードウェアハックを越える、シーンではそういう「伝えられ方」がされているFWです。
1.0.0には他のFWには存在しない強力な脆弱性が存在するようで、それを利用したexploitはjamais vuと言われています。
jamais vuを利用したハックというのは未だリリースされていませんが、現在主流のexploitであるfusee geleeの開発者の
Kate氏や、SwitchのCFWとして開発が進められているAtmosphereの開発陣のリーダー格であるSciresM氏は、
「将来的に究極のCFW起動を実現できる可能性が最も高いFW」
「長い目で見ると、多分1.0.0はcoldbootなソフトウェアハックのソリューションを得る」
それぞれこのような事を言われています。

2.0.0~4.1.0にはdéjà vuというexploitがあるようですが、1.0.0レベルの伝えられ方はされていません。
これが、「1.0の場合、何故そのままキープしておいた方がいいのでしょうか?」に対する私が書ける最大限の回答です。
1.0.0以外(2.0.0~4.1.0)の場合、fusee geleeが最新のFWでも使用出来るのでキープするかしないかを答えるのは難しいんですが、
1.0.0に限ってはキープした方が良いと思われます。ただ、おそらく本当に長い目で見る必要があります。
1.0.0を持っている人を何人か知っていますが、長い目で見てキープしている人もいれば、売りたいと言っている人もいます。
私としては、今すぐハックシーンに参加したい、やりたいゲームがある、そういう理由が無いのなら、
長い目で見る/待つ事になっても良いのでしたら1.0.0をキープしてください、と言いたいです。
今すぐハックして遊びたいとかゲームがやりたいとか、そういう事なら売ってfusee gelee未対策版を買う資金にしてください。
まあ…1.0.0は価値がある事は確かなんですが、1.0.0向けに何かすごい物がリリースされてるわけでもないので、
ebayとかでも売れ行きは微妙っぽいですけど…。

ダウングレードに関してですが、通常のアプデではヒューズが焼かれるためDGは出来ませんが、任意のFWにヒューズを焼かず
アプデする方法が存在し、その方法で任意のFWへアプデする前に1.0.0のNANDのバックアップを取っておけば1.0.0に戻れます。
https://gbatemp.net/threads/how-to-install-run-any-switch-firmware-unofficially-without-burning-any-fuses.507461/
バックアップさえあれば戻れるので最新のFWに上げても良いのですが、4.0.0からはカートリッジスロットのコントローラーに更新が
入ってしまい、それ未満に戻した際にOFWではカートリッジが読み込めなくなります。ヒューズ焼損は回避出来てもそこの更新は回避出来ません。
FWを戻した後でhekateというfusee geleeのペイロードを通せばカートリッジは読み込めるようになるっぽいですが…
OFWでカートリッジが読み込めなくなる事をどれ程のデメリットと感じるかなんて人によるでしょうし、上記リンクの方法は推奨できません。
jh1evz 2018/07/18 09:28
>>管理人さん
詳しく御説明頂きましてありがとうございます。
これで何故FWを1.0.0でキープすべきなのかやっと明確に判りました。
「jamais vu」というexploitはそれ程凄まじいものなのですね・・・。

coldboot可能なCFWがリリースされる可能性が少しでもあるのであれば(相当長い目で見る必要があるという御指摘は理解した上で)それを待ちたいと思います。
どうしても現行のハックシーンに参加したくなった場合は、fusee gelee未対策版を中古で購入すればいいだけですし・・・。

DGの件は御紹介頂きましたsiteにアクセスし、とても興味深く読ませて頂きました。
(英文なのでかなり苦労しましたが、何とか理解することが出来ました)
ただ、管理人さんが仰る通り確かに危険性も存在するようですので、導入は見送りたいと思います。

もしjamais vuに関する何らかのリリースがありましたら、検証しここで報告させて頂きますね。

最後に、この管理人さんのブログは数あるハックシーンのブログの中で、最も情報が早く正確で、一番信頼出来ると思っています。
 重要なのはただ早いだけではなく、不確かな情報はむやみに紹介せず、確実な情報だけ検証を伴って提供して頂いていることだと思っており、これは私みたいな人間にとってはとても助かっています。
今後とも何卒宜しくお願い致します。
古い人ですいません 2019/03/16 12:40
Wiiのクラシックコントローラーをwiiソフト非対応で使う方法を知りませんか? 専門外など何でもいいのでお返事ください
管理人 kood 2019/03/16 19:05
>>古い人ですいませんさん
申し訳ありませんがWii関連は専門外です。
古い人ですいません 2019/03/17 22:01
返信ありがとうございます 応援してます 頑張ってください
名無し 2019/09/30 15:57
eshopからsdカードにダウンロードしてダンプしたら.nspが分割されて出来たけどこのまま本体にインストールできますか?分割された.nspを結局する方法ありますか?.nspはBANするとよく聞くけど完全オフラインで本体使っててもBANされますか?.nspを.xciに変換できますか?本体にインストールする方法詳しく教えて下さい。
管理人 kood 2019/10/01 20:52
>>名無しさん
NSPはGoldleaf, Tinfoil, Lithiumでインストール可能です。
CFWとしてAtmosphereを使用していてかつeショップのコンテンツ(DL版ゲーム、DLC)をNSPにした場合、インストールには
ESパッチが必要となります。カートリッジ/XCIをNSPにした場合、インストールにはFSパッチが必要となります。
ESパッチとFSパッチに関しては以下の記事で概要を解説しています。
http://cmd0725.blog.fc2.com/blog-entry-2993.html
SX OSを使用している場合はそれらのパッチを用意する必要はありません。(SX OSに内蔵されているため)
分割はFAT32のmicroSDカードを考慮して行われます。分割NSPもインストール可能です。結合は不要です。
NSPからXCIへの変換はNSC_BUILDERで可能です。
https://github.com/julesontheroad/NSC_BUILDER

DL版ゲーム/DLC/アプデにはそれらを扱うためのチケットが存在し、アプデの物を除きチケットはアカウント毎に固有です。
DL版ゲーム/DLCをNSPにした場合NSP内のチケットは非正規の物となります。NSPを使用するとBANされる可能性があるのは
任天堂がどこかタイミングでチケット情報を送信していると考えられるためです。(非正規の物があると任天堂にバレる)
完全にオフラインで使えば任天堂に情報が送信される事はありません。任天堂にバレないならBANはされないでしょう。
しかしそれは「CFW(SysNAND)をオフラインで使えば」ではなく「CFW(EmuNAND)をオフラインで使えば」という意味です。
非正規チケットを抜きにしてもCFWはBANのリスクがあるため、CFW環境を分離する目的でEmuNANDの使用が推奨されます。
BANされたくないのであればSysNANDは可能な限り綺麗に(CFWの痕跡を残さないように)した方が良いと言われています。
ちなみにNSC_BUILDERでチケットを不要にしたり、Nro2Nspでチケットの無いHomebrewのNSPを作成できたりもしますが、
非正規のチケットが無いとしてもBANされたくないならそもそもNSPは使わないほうが良いと言われています。
XCIはNSPに比べるとBANのリスクが低いと言われていますが、CFWをSysNANDで運用する限りBANのリスクは高いです。
EmuNANDをうまく使えばBANのリスクは0に近くなります。0で無いのは、もし仮に任天堂がmicroSDカード内のファイル情報を
収集し初めたらCFW関連のファイルがバレるからです。
(個人情報に当たるので流石に任天堂でもそこまではしないだろうとする人もいますが、可能性は0ではありません)
名無し 2019/10/06 14:53
ネットで観たのですがUSBドングル(自作または販売品)ってどんな時に必要ですか?
管理人 kood 2019/10/06 15:11
>>名無しさん
RCM時にペイロード(fusee-primaryやhekate等)を実行出来る非対策機で役立ちます。
ペイロードは通常PCやスマホからUSBケーブル経由で送信しますが、USBドングルからも送信出来ます。
USBドングルにはペイロードを送信するプログラム(fusee-gelee)とペイロードを組み込みます。
つまりPCやスマホを使わずペイロードを実行したい人向けの物ですね。


▼コメントを投稿












※「英数字90%以上」のコメントを規制中です。コメントを投稿する際は日本語でお願いします。
※確認ボタンを押すと投稿確認フォームに移ります。投稿確認フォームの送信ボタンを押してください。
※確認フォームにある「メールアドレス」に入力された内容は管理人のみ確認可能です。空欄で構いません。
※確認フォームにある「タイトル」「パスワード」は当ブログでは使用していません。空欄で構いません。
※確認フォームにある「URL」は名前のリンクとして機能します。空欄で構いません。
※確認フォームには非公開コメントのチェック項目がありますが、非公開コメントは受け付けていません。
メールフォームより連絡頂ければメールにてお返事致します。