Vita ソニーのPKG作成ツールで作成されたテーマのPKGのインストールに対応した PKGInstaller Launcher がリリース

Twitterで、SKGleba‏氏がVitaのpkgの参照先をux0/imc0/uma0/ur0にしたPackage Installerが起動可能な
PKGInstaller Launcherのアップデート版をリリースした事を伝えていました。

・ソニーのPKG作成ツールで作成したDRMフリーなテーマPKGのインストールに対応
・host0のサポートに関する修正
・メニューにExitを追加
が変更点です。

ソニーからはVitaのSDKが流出しており、その中にはPKG作成ツールが含まれています。
Content IDとパスコードを設定してやるだけでPKGが作成可能であり、そうやって作成されたPKGはDRMフリーとなります。
ただそのテーマPKGはゲームやアプリのPKGとは違い少し特殊なようで、VitaをTestkit化しないとインストール出来ませんでした。
これをTestkitに偽装するプラグインで解決したのがPrincess of Sleeping氏です。(source)
それに影響を受けてその機能をHomebrewに実装したのがSKGleba氏です。

SDK自体は去年の段階で既に流出しており、ググれば誰かがアップしたのが多分見つかります。
つい最近cfwprophet氏が変なファイル名でアップしてたこれもそれです。
PKGの作成はpsp2pubgen.exeを起動してみればフィーリングでいけると思います。

GitHubでPrincess of Sleeping氏がサンプルのテーマPKGを公開しているのでこれを使用してみるのも良いかもしれません。
https://github.com/Princess-of-Sleeping/theme-pkg
カスタムテーマをググって探してそれをPKGにするのもアリですね。

[ 2018/02/22 09:30 ] カテゴリ PS Vita | コメント(0)

▼コメント




(記入必須)


(記入必須)






※「英数字90%以上 or URL含む」でコメントを規制中です。コメントを投稿する際は日本語で、かつURLは含めないでください。
(URLは最初のh抜いて規制回避可能)
※上にある送信ボタンを押すとコメント送信の確認フォームに移ります。確認フォームより送信ボタンを押してください。
※確認フォームにある「メールアドレス」に入力された内容は管理人のみ確認可能です。空欄で構いません。
※確認フォームにある「タイトル」「パスワード」は当ブログでは使用していません。
※確認フォームにある「URL」は名前のリンクとして機能します。
※確認フォームには非公開コメントのチェック項目がありますが、非公開コメントは受け付けていません。
メールフォームより連絡頂ければメールにてお返事致します。


お売りください。駿河屋です。