HENkaku R11 がリリース

チームmoleculeがPS Vita FW3.60向けのHENである HENkaku R11 をリリースしていました。
http://henkaku.xyz/
https://henkaku.xyz/changes/
・安定性の向上:成功率が劇的にアップ
・use-after-freeに関するバグの修正
が変更点です。

GitHubにて公開されているソースコードも更新されています。
https://github.com/henkaku/henkaku
https://github.com/yifanlu/taiHEN

既にHENkakuを導入済みの場合は http://henkaku.xyz/go/ に接続する事でR11に更新されます。Ensoの場合も同様です。
正しく更新されていればシステム情報でシステムソフトウェアが「3.60 変革-11」となっているのが確認できます。


追記 2018/02/22 16:25
xyz氏によればメールアプリを通してオフラインでHENkakuを有効にするoffline installerは
サポート対象から除外したとの事で、HENkakuを恒久化するEnsoを使用して欲しいとの事です。
[ 2018/02/22 09:47 ] カテゴリ PS Vita | コメント(2)

▼コメント



ホンダ 2018/05/24 13:03 
サイトを参考に
3.60→molecularshellインストール完了→ftpにてvpk転送後のmolecularshell内でのインストールを試みると
Error 0XFFFFFF99
となってインストール出来ません。
いくつかのvpkを試したのですがすべて同じerrorです。
リスクのあるユーザープログラムの有効化チェックがほんとに出来てるのかどうか…

強制インストール試し済み
リスクのあるユーザープログラム…チェック済み
システムは変革11となってます。

アドバイスをよろしくお願いします



管理人 kood 2018/05/25 06:52 
>>ホンダさん
>リスクのあるユーザープログラムの有効化
これはチェックを入れた瞬間に有効化されます。
molecularshellを終了し、再起動してみてください。
(PSボタンを押して設定アプリ~起動状態のmolecularshell間を移動するだけじゃダメということ)

>強制インストール試し済み
強制インストールというのが何か分かりません。vpkを展開してappフォルダに直で入れたとか、そういう事ですか?
「リスクのある~」にチェックを入れても無理だったのなら、HENkakuの再インストールをしてください行ってください。
HENkaku有効の際に使用するサイトで、黒いページに移動した瞬間にRボタンを長押ししてください。
そうするとHENkakuのファイルが再DLされます。HENkakuの設定はデフォに戻るので「リスクのある~」にチェックを入れてください。
問題が解決したらVitaShellを入れ、以後VitaShellを使用するようにしてください。
https://github.com/TheOfficialFloW/VitaShell/releases



(記入必須)

(空白で構いません / 管理人のみ確認可)

(記入必須)






※「英数字90%以上 or URL含む」でコメントを規制中です。コメントを投稿する際は日本語で、かつURLは含めないでください。
※上にある送信ボタンを押すとコメント送信の確認フォームに移ります。確認フォームより送信ボタンを押してください。
※確認フォームにある「タイトル」「パスワード」は当ブログでは使用していません。
※確認フォームにある「URL」は名前のリンクとして機能します。
※確認フォームには非公開コメントのチェック項目がありますが、非公開コメントは受け付けていません。
メールフォームより連絡頂ければメールにてお返事致します。


トラックバック
http://cmd0725.blog.fc2.com/tb.php/1870-f6877376


お売りください。駿河屋です。