[SWITCH] システムバージョン5.1.0 がリリース

任天堂がNintendo Switchの システムソフトウェア バージョン5.1.0 をリリースしていました。
・システムの安定性や利便性を向上
が任天堂が公表している変更点です。

SciresM氏によると、5.1.0ではTrustZone/カーネルは更新されていないらしく、SM(サービスマネージャ)や暗号化に関わるSPLも
更新されていないそうです。NCM/PM/Loader/FS/Bootは更新されたようです。
https://twitter.com/SciresM/status/1001982793402941440
また、5.1.0環境では開発が進むCFWであるAtmosphereのmicroSDカードへのリダイレクト機能が使えないとの報告が挙がったそうで、
SciresM氏は変更点をチェックしてAtmosphereの修正が必要な場合は今夜にでも修正作業に入るとの事です。
https://twitter.com/SciresM/status/1001985445142695936

FW5.0.2以下でHBL/hekate/Atmosphereを使用して遊んでいる方は、リダイレクト機能が修正されるまでは上げないでください。
1.0.0は絶対に上げないでください。2.0.0~4.1.0も基本的には上げないことを推奨します。
それらはTegraというハードウェアの脆弱性ではなく、Switchのソフトウェアの脆弱性を突いたハックが期待されるバージョンです。
1.0.0は神FWで、2.0.0~4.1.0は、将来的にはソフトウェア的なハックが可能であろうと言われているバージョンです。
その境界線が3.0.0か3.0.1だったような気がしますが、それは忘れました。
今は5.0.0以上かつハックに興味がなくオンラインで遊びたい方のみ、上げるのが良いでしょう。


追記 2018/05/31 15:10
SciresM氏が以下のツイートをしていました。
https://twitter.com/SciresM/status/1002062352387260418
私のローダーが死んだという報告はとても大げさです。
5.1.0でも私のローダーには問題ありません。問題はエンドユーザーが使用しているHBLビルドにあるようです。
(私が普段使用している手を加えたビルドは問題なく動作しますが、公開されているビルドは報告された問題を再現します。


[ 2018/05/31 11:53 ] カテゴリ Switch | コメント(0)

▼コメント




(記入必須)


(記入必須)






「英数字90%以上 or URL含む」でコメントを規制中です。コメントを投稿する際は日本語で、かつURLは含めないでください。
(URLは最初のh抜いて規制回避可能)
※上にある送信ボタンを押すとコメント送信の確認フォームに移ります。確認フォームより送信ボタンを押してください。
※確認フォームにある「メールアドレス」に入力された内容は管理人のみ確認可能です。空欄で構いません。
※確認フォームにある「タイトル」「パスワード」は当ブログでは使用していません。
※確認フォームにある「URL」は名前のリンクとして機能します。
※確認フォームには非公開コメントのチェック項目がありますが、非公開コメントは受け付けていません。
メールフォームより連絡頂ければメールにてお返事致します。


お売りください。駿河屋です。