[SWITCH] セーブデータを圧縮してバックアップ可能な Svitch v0.1.2-alpha がリリース

2018/06/07 20:58 Switch 0
GitHubで、Slashcash氏がSwitchのセーブデータをZIPで圧縮(拡張子はSVI)してバックアップ可能な
Svitch v0.1.2-alpha をリリースしていました。

セーブデータはSVI形式で"sd:/switch/svitch/export/" にバックアップされるようです。
SVIは単なるZIPで、ゲームタイトルや販売元のような追加情報を記載したsvitch_saveheader.svhと共にセーブデータが圧縮されています。
他のセーブデータを扱うHomebrewで使いまわす場合は解凍してsvitch_saveheader.svhを削除すれば良いとの事。
現在はバックアップ機能のみを備えており、Svitchを使ってのセーブデータの復元は出来ません。
Slashcash氏はすぐに復元機能やGUIを実装するとされています。

kood

▼コメント




▼コメントを投稿












※「英数字90%以上」のコメントを規制中です。コメントを投稿する際は日本語でお願いします。
※確認ボタンを押すと投稿確認フォームに移ります。投稿確認フォームの送信ボタンを押してください。
※確認フォームにある「メールアドレス」に入力された内容は管理人のみ確認可能です。空欄で構いません。
※確認フォームにある「タイトル」「パスワード」は当ブログでは使用していません。空欄で構いません。
※確認フォームにある「URL」は名前のリンクとして機能します。空欄で構いません。
※確認フォームには非公開コメントのチェック項目がありますが、非公開コメントは受け付けていません。
メールフォームより連絡頂ければメールにてお返事致します。