[PSVITA] 3.65に上げる予定の3.60Ensoユーザーは上げる前にEnsoをアンインストールしてください

2018/07/01 16:08 PS Vita 3
追記 2018/08/26
この記事でお伝えしたバグが修正されました。
[PSVITA] HENkaku Ensō v1.1 がリリース - for 3.60/3.65

記事更新履歴
・2018/07/03 21:00 ... 記事書き直し
・2018/07/01 16:08 ... 記事公開

PSA: Do NOT update/reinstall 3.60 AND THEN ALSO uninstall Ensō or YOU WILL BRICK

ソースはEnsoを開発したチームmoleculeのメンバーであるYifan氏がredditに立てたスレです。
内容としては、3.60向けのEnsoのインストーラーにあるアンインストール機能に、Vitaのブリックに繋がるバグが存在するという物です。
Ensoのインストールに使用するインストーラー(https://github.com/henkaku/enso)はEnsoインストール時、VitaのMBR
パッチを施す前にMBRのバックアップを作成します。これはEnsoのアンインストール時に書き戻すためです。
Ensoは、インストーラーに存在するアンインストール機能からのみアンインストール可能、というわけではありません。
FWのインストールでEnsoのインストール時に施されたパッチは上書きされ、実質Ensoはアンインストールとなります。
しかしながら、この場合Ensoインストール時にバックアップされたMBRのデータは残ったままです。重要なのはここからで、
FWをインストールした段階でEnsoのアンインストールというのは完了した状態なのですが、Ensoのインストーラーに組み込まれた
アンインストール機能がそれを理解しないのです。つまり、FWのインストールによりEnsoをアンインストール状態にした後でEnsoの
インストーラーからアンインストール機能を使おうとすると、バックアップしていたMBRがフラッシュ(書き込み)されてしまい、
Vitaがブリックするそうです。

これは「Ensoはインストーラーからのみアンインストール可能だ」と思っている人が取り得る可能性のある行動です。
だからこそ注意喚起が必要なんです。

このブリックに繋がるバグ自体は修正可能なバグのようで、実際にxyz氏がプルリクエストを出しています。
https://github.com/henkaku/enso/pull/15

このバグの対処法というのは簡単で、3.60Ensoでは普通にEnsoのインストーラーからEnsoをアンインストールしてください。
それだけです。その後に3.60のVitaを3.65へアップデートしてください。
なぜなのかというと、3.65向けEnsoのインストーラーは、7月3日現在この問題が修正されていないからです。
3.65へのアップデートにて3.60Ensoをアンインストールした場合、3.65向けのEnsoのインストーラーで手が滑っただとかの理由で
最初にアンインストール機能を実行してしまう恐れがあり、そうなるとブリックする可能性があります。

当然、3.60Ensoのままの人、そして3.65Enso(h-encore)の場合もこの問題を注意しなければいけません。
FWの再インストールでEnsoはアンインストールされる、そう理解している方でも手が滑っただとかでやってしまう恐れがあります。
なので、極力EnsoのアンインストールはEnsoのインストーラーから行ってください。



で、Ensoをアンインストールするとなった場合、最初にHENkakuの設定から「メモカとのリンクを解除する」をやってください。
Ensoを使用するとux0のルートにある メモカとVita+アカウントを紐付けるid.dat のSVR行に偽装しているバージョンが書き込まれます。
そこに書き込まれたバージョンはVita起動時にチェックされるのですが、Enso環境であれば無視されます。
これの削除を忘れてEnsoをアンインストールした場合、OFW状態ですからチェックに引っかかって本体のアプデを求められます。
仮にそうなった場合、HENkakuを有効にして設定から「メモカとのリンクを解除する」をやってください。
設定にあるその機能はid.datを削除する機能です。チェックに引っかかった場合もid.datの削除は可能です。
Ensoアインストール前に消し、Ensoのアンイストールで再起動すれば、その際に作成されるid.datのSVR行は3.60になるため、
スムーズに3.65へのアップデート作業に進むことが可能です。

kood

▼コメント


a 2018/08/21 02:55
このEnsoインストーラーのバグは、今現在でも修正されていないままですよね?(3.60用も3.65用もgithubで確認しても特に更新された様には見えないので)

そして、このブリックの問題は3.60Henkakuから3.65EnsoUpdaterにてEnsoをインストールした場合には当てはまらないと言う認識は合っていますでしょうか?
確か最初に公開された記事を見た時にそのような事を書かれていたような覚えがあります。
管理人 kood 2018/08/21 03:39
>>aさん
はい、未だ修正されていません。3.60用,3.65用のどちらにも残っているバグです。
3.60HENkakuから3.65Ensoに上げる奴(update365)は、手順にEnsoのアンインストールが含まれています。
それを無視した場合は別ですが手順通りにやっていればブリックの危険性はありません。

この記事を書き直したのはh-encoreの記事から飛んでくるのを想定してです。
h-encoreリリース前に書いた記事でしたし内容的に書き直した方が良いかなと。
update365についての記述を消したのもh-encoreの記事から飛んでくるというのを想定してです。
あちらの記事に「 "3.65Enso(update365使用)" には関係ない」と書いたのでこちらは書かなくても良いかなと…。
今読み直すとなんだか変な記事なので気が向いたらまた書き直そうと思います。
a 2018/08/21 04:15
>管理人さん
早速のお答えありがとうございました。
別に読んでいておかしいと思ったわけではないので、余計な気を使わせてしまったならスミマセン。


▼コメントを投稿












※「英数字90%以上」のコメントを規制中です。コメントを投稿する際は日本語でお願いします。
※確認ボタンを押すと投稿確認フォームに移ります。投稿確認フォームの送信ボタンを押してください。
※確認フォームにある「メールアドレス」に入力された内容は管理人のみ確認可能です。空欄で構いません。
※確認フォームにある「タイトル」「パスワード」は当ブログでは使用していません。空欄で構いません。
※確認フォームにある「URL」は名前のリンクとして機能します。空欄で構いません。
※確認フォームには非公開コメントのチェック項目がありますが、非公開コメントは受け付けていません。
メールフォームより連絡頂ければメールにてお返事致します。