[SWITCH] システムバージョン6.0.1 がリリース

2018/10/09 18:38 Switch 0
任天堂がNintendo Switchの システムソフトウェア バージョン6.0.1 をリリースしていました。
・以下の修正を含む、いくつかの問題の修正と動作の安定性、利便性を向上
 - 接続テスト時、通信速度(ダウンロード/アップロード)の結果が正しく表示されない問題を修正
が任天堂(日本)が公表している変更点です。
任天堂(米)は上記の内容に加え以下の変更を公表しています。(source)
・任天堂のライセンスを得たコントローラーで傾き等のモーションコントロールが正しく動作しなかった問題の修正

Switchbrew wikiの6.0.1のページを編集したyellows8氏によると、以下の3つが修正されたようです。
・hid-sysmodule
・audio-sysmodule
・qlaunch
しかしながらそれらのromfsに変更は無かったとされています。
qlaunch modへの影響ですが、私が行っている事(壁紙, テキスト変更)に関しては問題ありませんでした。

CFWは、NSPでインストールしたゲームやHomebrewが起動する事や、(SX OSで)XCIを起動出来る事を確認しました。
LayeredFSもqlaunch modが問題無かったので機能していると見て良いでしょう。
wikiの "Security flaws fixed" にYesかNoかが書き込まれるまでは基本的には上げるべきではありませんが、
eショップへの接続やオンラインプレイがしたい方は上げても良いと思われます。
まあ、6.0.0から6.0.1ではヒューズが焼かれないようなので、wikiのその項目はNoになる気がしますが。

意図的に低いFWでキープしている方は、いつものようにそのままキープしてください。
ChoiDujourNXの使用方法等を理解しておりかつ6.0.1を使用したい方はChoiDujourNXを使用するのを推奨します。

・追記 2018/10/9 19:13
おまかんか他の環境でも発生するかが分からなかったので書いておきますが、設定から普通に更新した後に起動時の
Switchロゴが表示されるのにやたらと時間がかかり、なんとexFATをサポートさせるための更新を求められました。
(microSDカードが使えないからという理由で求められる更新=exFATをサポートさせるための更新)
exFATの状態で更新したので結構ビビりましたが、SX OSのemunandでも似たような事があったので対処は出来ました。
この問題を解決する方法は、hekate等でダンプしていたeMMCのダンプを用いてリストアするか、FAT32でフォーマット
されたmicroSDカードとChoiDujourNXを用いて6.0.1(exFAT)に更新する事です。eMMCのダンプを行っていなかった場合は
後者の方法を取るしかないはずです。6.0.1のファイルはSYSTEMパーティションから取り出してください。
(Emunandのみでその問題が発生し、Emunandを消しても良いのであれば、消して作り直すだけで解決します。)
どうも何らかの条件下だと設定から普通に更新すると不味いようで、ChoiDujourNXを使う必要があるっぽいです。
microSDに関する更新が求められるなら更新すればいいだろ、と思われるでしょうが、「更新する」を選択すると
Switchが「今6.0.1」などとほざいて更新しようとしないんです。なんやこの現象…

kood

▼コメント




▼コメントを投稿












※「英数字90%以上」のコメントを規制中です。コメントを投稿する際は日本語でお願いします。
※確認ボタンを押すと投稿確認フォームに移ります。投稿確認フォームの送信ボタンを押してください。
※確認フォームにある「メールアドレス」に入力された内容は管理人のみ確認可能です。空欄で構いません。
※確認フォームにある「タイトル」「パスワード」は当ブログでは使用していません。空欄で構いません。
※確認フォームにある「URL」は名前のリンクとして機能します。空欄で構いません。
※確認フォームには非公開コメントのチェック項目がありますが、非公開コメントは受け付けていません。
メールフォームより連絡頂ければメールにてお返事致します。