[PSVITA] VitaでRetroArchを使いたい方向けの記事 - 2019/12/01

2018/10/22 05:14 PS Vita 54
  • 2019/12/01 0:27
    10月16日に「フォントが適切に配置されていないためデフォだと汚い&日本語等が文字化けする」という問題が
    修正されました。フォントが無かったのはbuildbotの書き方の問題だったようで、意図的では無かったようです。
    修正に伴い、遅ればせながらこの記事の内容を更新しておきます。
    また、この記事のコメントでお答えした内容も記事中で触れておきます。
  • 2019/10/09 02:00
    v1.7.9がリリースされました。Vita版にだけ見られる変更点は以下です。
    • アス比のデフォルトを 4:3 から "Core provided" に変更
    • 使用出来るヒープメモリのサイズ割当を動的に
    • システム言語の検出を追加 (初回起動時(retroarch.cfgがない場合)の言語設定に使用)

古い記事を見られたり古い記事にコメントされるのがなんか嫌だから書いた。



VitaのRetroArchに関しては2種類のファイルが公開されています。
1つが実行ファイル及びコアをまとめたvpk、もう1つが"ux0:data/"に配置するためのファイルを7zで圧縮した物です。
vpkのみを用意した場合、初回起動時に"ux0:data/"にretroarchフォルダが作成されますが、設定ファイルのみが内容のある
ファイルとして作成され、他は空フォルダとして作成されます。7zに収められたファイルはVitaでRetroArchを使う上では
オプション扱いのファイルですが、内容としては画像やフィルター等で、画像に関してはテーマでXMBやGLUIを設定した
場合には無いと寂しい事になります。オプション扱いですが、XMBがデフォになっているので7z側も用意した方が良いです。

以下でstable(安定版)とnightlyがDL可能です。
https://buildbot.libretro.com/stable/ (バージョン→playstation→vita)
https://buildbot.libretro.com/nightly/playstation/vita/
基本的にはstableで構いません。

vpkはVitaShellでインストールしてください。
7zは解凍してretroarchフォルダを取り出し、それを "ux0:/data/" にコピーしてください。
そうする事で基本的には準備完了です。あとは好きに遊ぶだけです。

デフォのテーマはXMBですが、2019年10月16日以前のRetroArchはbuildbotの問題でフォントが適切に配置されておらず、
自分でフォントを適切な位置に配置するか設定側でフォントを指定してやる必要がありました。
2019年10月16日以降のバージョンであれば問題ありません。
(具体的には "ux0:data/retroarch/assets/xmb/monochrome/font.ttf" が無かった)
(それが原因でフォントが汚かったり日本語等が文字化けするという現象が発生していた)

v1.7.9以前は日本語にしたい場合は言語設定[User]→[Language]を変更する必要がありました。
v1.7.9からは初回起動時(retroarch.cfgがない場合)にVitaで使用している言語を検出して自動設定するようになったため、
Vitaを日本語で使用している方は日本語化するにあたってRetroArchの設定を変更する必要はありません。
retroarch.cfgが存在する場合は自動設定は行われないので、自分でRetroArchの言語設定を変更してください。



RetroArchはクロスプラットフォームなソフトウェアであり、オンラインアップデート機能で任意のコア(エミュ)を更新可能な
プラットフォームも存在しますが、残念ながらVita版のRetroArchのコアはそうはなっていません。
コアはvpkに入っているので、更新するには最新版のvpkをインストールするか、vpkはzipなので普通に解凍して目的のコアを
取り出して直接上書きする必要があります。(その方法で古いコアも動作するはずです)

各コアの必須或いはオプションのBIOSに関しては "ux0:/data/retroarch/system/" に配置します。
RetroArchはコア毎にBIOSのファイル名が決められているので、ファイル名に関しては公式サイトを確認してください。
https://docs.libretro.com/
「For Users → Core Library: Emulation」にある各コアの解説中にBIOSのファイル名が記載されているはずです。
公式サイトを見るのが面倒なのであれば、コアをロードした状態で[Information(情報)] →[ Core Information(コア情報)]
を確認してください。そのコアがBIOSを求めているのなら、下の方にBIOSのファイル名が書かれた項目があるはずです。
コアがBIOSを認識しているかどうかもそこで確認可能です。



CPUクロックを500mhzにオーバークロック可能なプラグインであるLOLIconを使用すれば、コアやゲームによっては
多少は動作が改善する可能性があります。試してみる価値はあります。
https://github.com/dots-tb/LOLIcon/releases



(以下は、2019年11月30日までにコメントでお答えした内容を簡単にまとめたものです)

・ステートセーブの互換性に関して
コアにステートセーブに関わる変更があった場合、更新する事で古いステートセーブがロード出来なくなる事があります。
古いコアに戻す事で古いステートセーブはロード可能です。

・64エミュに関して
2017年1月にソフトウェアレンダリングの64エミュが移植されnightlyで使用出来たようですが、数日で消えたようです。
64エミュに関する続報は皆無ですが、AdrenalineでDaedalusX64を使うという方法はあります。

・PC98エミュnp2kaiに関して
2017年のRetroArchには存在したnp2kaiが2018年10月までのどこかのタイミングで当時消えていました。
今は復活しています。(v1.8.1で確認)

・エミュでフルスクリーン(16:9)表示にするには
[Video(ビデオ)]→[Aspect Ratio(アスペクト比)] を16:9に変更してください。
(v1.8.1時点でデフォは "Core provided" にようです)
ゲームによっては上下や左右に若干の枠を採用している事があるようで、そのようなゲームで完全なフルスクリーンで
遊びたいのであればCustomに変更してその下の項目で調整する必要があります。

・動作はともかく音が飛び飛び
[Audio(オーディオ)]→[Resampler Quality(リサンプラーの品質)]を変更してみてください。
それでダメなら[Synchronization]をオフにしてみてください。(改善されないなら設定は戻してください)
スペック的な事が原因だとしたらLOLIconで改善される可能性があります。

・ゲームをポーズ(一時停止)するには
[Input(入力)]→[Hotkey Binds(入力のホットキーバインド)]→[Pause toggle(一時停止)]でボタンを設定する。
([Menu Toggle Gamepad Combo(メニューに切り替え)]でポーズ&クイックメニュー表示)

・ゲームボーイ&カラー共通カートリッジを色付きで遊びたい
gambatteで起動し、クイックメニューを表示し、オプションにある "GB Colorization" をautoにしてみてください。
ゲームのカラーパレットを参照して自動で表示色を変える設定で、ドキュメントによると優先順位は以下のようです。
1,ゲームで定義されたSGBパレットがGBCパレットよりもカラフルにな場合はSGB
2,ゲームでGBCパレットが定義されている場合はGBC
3、ゲームでSGBパレットが定義されている場合はSGB
4,上記以外は "Internal Palette" の項目で指定したパレット
GB ColorizationをSGBにした場合、SGBパレットが定義されているゲームではそれが使用され、それ以外のゲームは
Internal PaletteのSGB-1Aの色になるようです。設定の詳細は以下を確認してください。
https://docs.libretro.com/library/gambatte/

・プレイリストのサムネイル表示に関して
サムネのパスは以下です。
"ux0:data/retroarch/thumbnails/プレイリストの名前/サムネの種類(Named_Boxarts等)/プレイリストの登録名.png"
プレイリストの名前は、 "ux0:data/retroarch/playlists/" にあるlplファイル(中身はjson)のファイル名です。
登録名は、プレイリストの中でlabelとして記述されている名称です。
例として、ゲームボーイのプレイリストでドクターマリオのromのlabelがDr.Marioなら、サムネは以下のように配置します。
"ux0:data/retroarch/thumbnails/Nintendo - Game Boy/Named_Boxarts/Dr.Mario.png"
(labelで &*/:`<>?\| の何れかが使用されている場合、サムネのファイル名のその箇所は _ で置き換える必要があります)

・RetroArchの時間表示に関して
RetroArchは各プラットフォームの時計を参照します。手動設定は出来なかったと記憶しています。
Vita版の1.7.6までは、時計の参照は問題無いのですが、タイムゾーンが反映されず協定世界時を表示してしまっていました。
v1.7.7ではそれが修正されたため、それ以降のバージョンであれば正しい時間が表示されます。

・MAMEの画面が反転してしまう。回転設定が見当たらない
RetroArchの回転の設定はデフォルトの状態では隠されています。
[ユーザーインターフェース] の [詳細設定を表示] を有効にしてみてください。
ビデオの設定の中に [回転] の項目が表示されるようになるはずです。それで回転可能です。
あとは好みでアスペクト比を調整してください。
ちなみにMAMEコアはクイックメニューのオプションから [TATE Mode] も設定可能です。
TATE Modeはディスプレイの縦横の長い方を判定して縦に長いゲームの向きをコア側で自動調整します。
向きは回転の設定でも変更出来ますが、TATE Modeは回転の設定を無視します。
Vitaで使うと縦持ちになってしまうので使う人は少ないと思いますが、TATE Modeも覚えておいて損は無いです。



▼コメント


ハルキ 2018/10/23 03:24
ステートセーブに互換性が無い為、バージョン違いを共存する方法はありますか?
インストールではなくPSPの様に親フォルダ名を変更してコピーした方が良いのでしょうか?
名無し 2018/10/23 15:12
現在のvitaのRetroarchのコアの種類について質問してもよろしいでしょうか。

Vita版のRetroArchのコアはオンラインアップデート機能でコアをDL/更新ができないとありますが、
現在vita版には64やpc98のコアが存在するか知っていますか?
リンクから10月のvpkを解凍してもそれらしいものがなかったので非対応なのでしょうか?

Androidではどちらも存在して起動問題ないようですので、vitaでもスペック的に可能とおもったのですが。
もしRetroで対応しておらず、それ以外でおすすめのものがありましたら教えてください。
管理人 kood 2018/10/23 17:09
>>ハルキさん
共存と言えるのかは分かりませんが、RetroArch更新前にコア自体をバックアップする事で一応それっぽいのは可能です。
"ux0:app/RETROVITA/" にある使用しているコアのselfをバックアップしておき、RetroArch更新後にステートセーブが
ロード出来なくなったら一時的にバックアップしておいた古いコアに戻すんです。
私としてはそれくらいしか思いつきませんね…

ステートセーブの互換性は、バージョンによって無くなるというか、コア(.self)とゲームによって変わってきます。
例えば今RetroArchはv1.7.5ですが、v1.7.3の頃のPCSX(PS1のコア)で動作させたクラッシュバンディクーのステートセーブが
私の環境では特に問題無くロード出来ています。しかしながら同じ時期に作成した落雀というゲームのステートセーブでは
v1.7.5のPCSXコアでロードしようとするとRetroArchが終了してしまいます。(私の環境では。)
これはVitaに限らず、他のプラットフォームのRetroArchにも言える事のはずです。
管理人 kood 2018/10/23 17:13
>>名無しさん
64は去年の1月頃にlibretroがソフトウェアレンダリングではあるものの64のコアをnightlyに入れていた記憶があります。
しかしながら数日程でnightlyから消えたらしく、その後のVitaで動作する64エミュの情報に関しては私は把握していません。
PC98は、以前はnp2kaiのコアが入っていました。動作させた事が無いのでどの程度動くのかは把握していません。
とりあえず手元のstableのvpkを確認した所、v1.7.0にnp2kai_libretro.selfが入っていました。以下からDL可能ですね。
https://buildbot.libretro.com/stable/1.7.0/playstation/vita/
vpkもdata.7zも最新の物を用意し、RetroArchの環境を用意出来た所で "ux0:app/RETROVITA/" にnp2kai_libretro.selfを配置すれば
v1.7.5でもnp2kaiのコアは使用出来るはずです。多分…。私としては64もPC98も他には心当たりが無いです。
ハルキ 2018/10/23 20:39
返答をありがとうございます。
PSPと違い、アプリとしてはコアも含めて一つしか持てない仕様という事ですね。
とても参考になりました。熟慮して運用を考えたいと思います。
名無し 2018/10/27 14:11
やはり64もPC98も現在は公式に対応してないのですね...
教えていただたリンクをもとに過去の情報調べてみます。

64もほかのツールを使ったりしないといけないようですね。
PC98も起動はするものもあるようですが、メニューにもどれなくなったり不安定なことが多いようですね
詳しく過去のことを教えていただきありがとうございました。
名無し 2019/03/20 00:48
VITAのRetroarchでフルスクリーン表示にする方法をお聞きしてよろしいでしょうか?
管理人 kood 2019/03/20 06:52
>>名無しさん
XMBであれば、[(歯車アイコン列)] → [Video(ビデオ)] → [Aspect Ratio(アスペクト比)]、を16:9に変更してください。
基本的にはそれでOKです。ゲームによっては上下や左右に若干の黒枠を使用している事があり、そういうゲームを遊ぶのであれば
アスペクト比をCustomに変更して [Custom Aspect Ratio Width(或いはHeight)] を調整する必要がありますね。
ハマチ 2019/03/31 14:58
dolphinのゲームキューブを使いたいのですが、イマイチわかりません。
「Online Updater」→「Content Downloader」→「Dolphin」→「dolphin-deta.zip」をダウンロード。
上に書いてある通りコアをダウンロードして解凍しようと思いましたがそれらしいものがありません。
「Load Content」→「Downloader」にあるdolphinの中を確認しましたがGCのコアは見つかりません。

初歩的な質問かもしれませんが教えて頂けると幸いです。
管理人 kood 2019/03/31 21:19
>>ハマチさん
VitaのRetroArchにDolphinはありません。諦めるしか無いですね。
RetroArchのコアは全てのプラットフォームで共通ではなく、各プラットフォーム毎に移植が必要ですから。
ハマチ 2019/04/01 00:08
返信ありがとうございます。
なるほど…そうだったんですね。
GC事態retroarchでは出来ないという認識でしょうか?
管理人 kood 2019/04/01 03:03
>>ハマチさん
VitaのRetroArchではそうですね。その認識で良いです。
今現在、DolphinのコアはAndroid/Windows/Mac/LinuxのRetroArchで使用可能です。
https://docs.libretro.com/library/dolphin/
名無し 2019/04/03 16:03
VITAのRetroarchで動作は普通なのに音が全体的に飛び飛びなゲームは対処法ありますか?
またアーケードゲームでそのままの画面で止めるポーズは無理ですよね?
管理人 kood 2019/04/03 22:03
>>名無しさん
音の問題はAudioの設定を変更してみると改善する可能性があります。
音が飛び飛びとなると、Resampler Quality(オーディオリサンプラーの音質)をより低い値に変えると改善されるかも…
(Vitaでは確かデフォがLowerだった気がするので、LowestかDon't careに…)
それで改善されないなら、望み薄だと思いますがSynchronizationをオフにしてみたり、Audio Latencyを高くしたり…
仮にその問題がVitaのスペックから来るものなら、LOLIconでオーバークロックする事で改善される可能性も…

RetroArchではそのままの画面でのポーズも可能なはずです。
InputのHotkey Binds内にある "Pause toggle" がポーズに使うボタンの設定です。
また、Input内の "Menu Toggle Gamepad Combo" はポーズ+Qucik Menu表示のためのボタンの設定です。
名無し 2019/04/04 13:10
とても参考になります早速やってみます!
ぱらこ 2019/04/27 17:46
ワンダースワンのゲームはセーブできない?
リセットしたらデータがなくなってしまいます。
名無し 2019/05/02 13:48
PC98ですが起動はするのですが、キー操作が出来ません。
ディスプレイをカラーかモノクロか選択する場面から進めません。
どうすれば良いでしょう?。
名無し 2019/05/31 01:16
最近のretroarchはメニューに戻るとよくハングしませんか?
2018年ごろのRetorarchのvpkを入れ直すと全く問題ありませんでした。
最近のバージョンで不具合が多いような気がするので、安定した古いバージョンを入手できたら良いのですが。。誰か存じませんか?
名無し 2019/06/01 15:29
>>名無し 2019/05/31 01:16さん
戻る操作をデフォルトの「L+R+SELECT+START」ボタンでやってますか?
settings → Input → Menu Toggle Gamepad Combo で「START+SELECT」など他のボタンの組み合わせに変更してみてください
名無し 2019/06/04 11:22
私もVitaで最近のstableバージョンではL+R+SELECT+STARTでメニューに戻ると100%、GPUクラッシュでフリーズですね
名無し 2019/06/05 08:46
メニューを呼ぶとフリーズはまだいい、呼ばなければ良いのだから。
それよりもセーブ出来てないのが困る。
過去のバージョンでは出来ていたのだろうか?
名無し 2019/06/07 14:12
VITA版だけスキャンしてもプレイリストが表示されない原因がわかりません
名無し 2019/06/07 18:46
日本語化するとクラッシュしてしまうみたいですね
英語に戻すと改善するかもしれません
名無し 2019/06/09 05:16
PC-98はNP2 for PSP Ver0.38のほうが便利かも

旧バージョンはbuildbot.libretro.comへGO

セーブはLiveAreaに戻って剥がして終了するとダメ
セーブした後、メニューから終了しないとファイルが書き込まれない
(あるいは現在のROMを閉じるか、別のROMを開くでもOK)
レトロRPGマン 2019/06/13 15:56
レトロアーチで通常より少しでも早く動かす方法はないでしょうか 倍速プレイが理想です
RPGで速くなって欲しい時あります フレームスキップ? 的なの見つかりません
名無し 2019/06/14 01:04
入力>ホットキーのバインド>早送りに切り替え

自分は「早送りに切り替え」にR2(タッチ右上)、「ホットキーを有効」にL2(タッチ左上)を割り当ててL2R2同時押しで切り替わるようにしてる

でもVitaのスペック以上の速度は出ないのでそこまで速くならない(ファミコンで2倍、メガドラで1.5倍、GBAだと1.1倍くらい)
レトロRPGマン 2019/06/14 12:08
教えて頂き感謝します! FF3 速すぎて爆笑!!! ロマンシングサガ系はとても快適な速度になり安定感増しました 楽しくプレイが出来そうです
singasong 2019/07/06 18:27
初めまして!拝見させて頂き大変に参考にして頂いております。

有志のために色々試して気づいた事ですが、
vita 3.65 H-encore
RetroArch 1.7.7 stable版

にて、フォントデータを
/assets/xmb/monochrome/
配下に配置してからメニューを呼び出すとクラッシュ(gpu driver detects gpu crash)するようになりました。

再度、フォントデータを削除したらスムーズになりましたので念の為、ご報告です。
公式でも7zのデータにはフォントが入ってないため安定性の問題かな、と思いました。

管理人 kood 2019/07/07 18:12
>>singasongさん
stableとnightlyで確認してみましたが、おそらくその問題は1.7.7からの問題です。
(そしてフォントが配置されていないのはかなり前からなので、そうなっている理由とその問題は関係無いと思われます)
私の環境での話になりますが、その問題は以下の3つの条件が揃うことで発生しました。
・メニューがXMB (Drivers → Menu)
・言語が日本語か中国語か韓国語 (User → Language)
・クイックメニュー呼び出し時にゲームを一時停止している (User Interface → Pause when menu activated が有効)

よって、以下のどれかを行うことで対処可能でした。(あくまでも私の環境で有効性が確認出来た対処法です)
・(xmbを使いたいなら) 一時停止を無効にする (gluiなら一時停止が有効でも問題無かった)
・(一時停止を有効にしたいなら) メニューをgluiにしてみる (日本語はxmbとgluiのみ対応)
・(xmbかつ一時停止有効が良いなら) 言語を英語にする
singasong 2019/07/07 20:24
>管理人様

お世話になってます。
ご教示また分かり易いご説明、
大変にありがとう御座いました。

設定を見直して参考にさせて頂きます!
お手数をおかけしました!
名無し 2019/07/08 17:34
通りすがりで申し訳ありません。
Psxのff9をアドレナリンでpopslorder入れたりしても起動せず、これでやっと起動出来たわ良いのですが、オープニングからずっと音声が出ません。これはpops?の影響かなにかで諦めるしかないのでしょうか?
ハルキ 2019/07/18 17:57
フォントの配置ですが、ユーザーインターフェース→外観にメニューフォントを指定する項目があるので
font.ttfを指定すれば配置されてなくても問題ないかと?
ナナシ 2019/08/16 11:15
コントローラー設定のオプションで☓ボタンと□ボタンしかないのですが△ボタンと〇ボタン設定はできないのでしょうか?
SFCのゲームしていたら△(エックス)と〇(A)ボタンがきかないゲームがありましたので。
管理人 kood 2019/08/16 12:25
>>ナナシさん
"Input(入力)" の "User 1 Binds" での話でしょうか?
そうだとしたら、AとXの設定はBとYの設定よりも少し下にあります。
デフォルトでは "Auto:Circle" と "Auto:Triangle" になっていますね。
管理人 kood 2019/08/16 12:39
>>ハルキさん
返信おそくなりましたが、確かにそうですね。
配置は設定作業を省くためなので、同じ事が実現出来るならあとは好みの問題ですね。
ただ、同じくXMBが使えるWin版やSwitch版ではフォントが配置されているので、配置されているのが本来の姿なのだと思います。
ナナシ 2019/08/16 13:12
そうです、"Input(入力)" の "User 1 Binds"のところです。
ほんとだ・・・何回も見ていたのですが注意深く見たらありました。
本当にありがとうございます。
ファイルやロムの日本語表示ももうまくいき速度変えたりもできるようになって楽しいです。
名無し 2019/08/19 14:52
Vitaのレトロアーチでは ゲームボーイ&カラー共通カートリッジをカラーでプレイする事は出来ないのでしょうか スーパーゲームボーイではキレイな色付きでプレイ出来たのですが vitaでも色付きでプレイしたいです
名無し 2019/08/19 16:31
Vitaレトロアーチ TGBDUAL GEARBOY GAMBATTE は ほぼ同一1色で味気ないです
ちなみにスーパーゲームボーイは実機のスーパーファミコンのことです
合わせる必要があるか分かりませんが gb スーパーゲームボーイ 2つファイルをzipにしてvitaのsnes系でやるのでしょうか?
Windows等 ではやりたくないです 夜中にカチャカチャ音がしてしまうので...
管理人 kood 2019/08/19 17:24
>>名無しさん
gambatteで起動し、クイックメニューを表示し、オプションにある "GB Colorization" をautoにしてみてください。
ゲーム固有のカラーパレットを参照して自動で表示色を変える設定で、libretroのドキュメントによると優先順位は以下のようです。
1,ゲームで定義されたスーパーゲームボーイパレットがゲームボーイカラーパレットよりもカラフルにな場合はスーパーゲームボーイ
2,ゲームでゲームボーイカラーパレットが定義されている場合はゲームボーイカラー
3、ゲームでスーパーゲームボーイパレットが定義されている場合はスーパーゲームボーイ
4,上記以外は "Internal Palette" の項目で指定したパレット
GB ColorizationをSGBにした場合、スーパーゲームボーイパレットが定義されているゲームではそれが使用され、それ以外のゲームは
Internal PaletteのSGB-1Aの色になるようです。設定の詳細は以下を確認してください。
https://docs.libretro.com/library/gambatte/
名無し 2019/08/20 10:19
お返事頂きありがとうございます
ずっとgambatteだけ変な色と思っていたらそんな秘密があったのですね 遂に色付きでできます
解りやすく説明していただき 助かります
nes 2019/08/21 01:18
初めまして。こちらの記事を参考に導入から日本語化まで無事終えましたが、プレイリストのサムネイル表示に手こずっております。
ux0:data/retroarch/thumbnails/機種名(nesなど)/サムネの種類(Named_Boxartsなど)/にpngで追加しましたが表示されず、このやり方が合っているのかもわからない状況です。rom名とpng名が同じなのも確認しました。vitashell上ではpngの表示
はされますのでファイルは問題ないかと思います。
恐らく他にもやらないといけない作業があると思いますがわからず、教えて頂けないでしょうか?
管理人 kood 2019/08/21 04:57
>>nesさん
パスは "ux0:data/retroarch/thumbnails/プレイリストの名前/サムネの種類(Named_Boxarts等)/プレイリストの登録名.png" です。
プレイリストの名前は、 "ux0:data/retroarch/playlists/" にあるlplファイル(中身はjson)のファイル名です。
登録名は、プレイリストの中でlabelとして記述されている名称です。
例として、ゲームボーイのプレイリストでドクターマリオのromのlabelがDr.Marioなら、サムネは以下のように配置します。
"ux0:data/retroarch/thumbnails/Nintendo - Game Boy/Named_Boxarts/Dr.Mario.png"
(labelで &*/:`<>?\| の何れかが使用されている場合、サムネのファイル名のその箇所は _ で置き換える必要があります)
nes 2019/08/21 06:24
わかりやすく教えて頂きありがとうございます。
なるほど、機種名ではなくプレイリスト名でしたか。早速編集仕直して問題なく表示されました。
ところで、先程書きそびれてしまいましたがretroarch1.7.5だと時刻がずれているのですが手動で設定とかは出来ないのですかね?時刻表示の配置変更は出来ますが…
試しにこちらのリンクから1.7.6も試しましたが駄目で1.7.7だと問題無かったのですが、1.7.7は不安定で良くないみたいなので
管理人 kood 2019/08/21 06:47
>>nesさん
RetroArchは各プラットフォームの時計を参照します。手動設定は出来なかったと記憶しています。
Vita版の1.7.6までは、時計の参照は問題無いのですが、タイムゾーンが反映されず協定世界時を表示してしまっていました。
1.7.6がリリースされた後にそれが修正されたので1.7.7では問題無いという事です。
nes 2019/08/21 07:04
そういう事だったのですね
1.7.7が安定するまで1.7.5で我慢しておきます。
御丁寧にありがとうございました。
名無し 2019/09/01 22:19
1.7.8出ましたね それはおいといて
vita版 FBAは1.15mad以上のバージョン出ていませんか
どうもレトロアーチでも小さめの物でもvita版 FBA等でしか動かない物が在るのですが
その小さなファイルのタイトルが古いFBAに無くて残念です (vitaレトロアーチでは動きません)
昔の本で(こうぎえん等)2001)で調べたら普通に在りそうだったのですが
現在 FBA と FBA1.15 のFBAしか持っていません
管理人 kood 2019/09/02 06:00
>>名無しさん
Vita版FBAというとPFBAですか?最新版はv1.57(2018年夏リリース)となります。
http://vitadb.rinnegatamante.it/#/info/20
ソースコードは以下で公開されています。
https://github.com/Cpasjuste/pemu
タイトルが無いというのはPFBA上のリストに無いという事ですか?あのタイトルリストはFBA公式が作成したリストで、
それがPFBAコンパイル時に利用されます。v1.57は以下のリストを使っているので、リストは去年の2月時点の物です。
https://github.com/Cpasjuste/fba/tree/pfba/src/burn/drv
以下を見れば分かるように、公式はタイトルを随時追加しています。
https://github.com/finalburnneo/FBNeo/tree/master/src/burn/drv
なおFBAはライセンスに関する問題で一悶着あり、プロジェクトはFB Neoに移行しました。
それもあってRetroArchは今年5月下旬にFB AlphaのコアをFB Neoに置き換えています。
名無し 2019/09/02 10:29
P が抜けていましたね pfba これです ありがとうございます
これでリストに無ければvita版諦められます
初心者 2019/09/05 15:14
PSVITAでretroarchを動かすのに大変役に立つ情報で、助かりました!!!

で、質問なのですが
VITAのretroarchで『MAME』を起動させてゲームをすると
縦画面のシューティングゲームなどが画面が上下反転してしまいます。

同様の質問等をネット上で確認したところ、ビデオの設定から回転させればよいとのことですが
ビデオの設定の項目に画面を回転させる項目がありません。。。
念のため、『VPK』と『7z』を共に最新のものに入れ直してみたのですが、やはり項目が出てきません…

どうすれば、良いかアドバイスをお願い致します。

※初心者の不躾な質問で恐縮ですが、何卒宜しくお願い致します。
管理人 kood 2019/09/06 02:36
>>初心者さん
RetroArchの回転の設定はデフォルトの状態では隠されています。
[ユーザーインターフェース] の [詳細設定を表示] を有効にしてみてください。
ビデオの設定の中に [回転] の項目が表示されるようになるはずです。それで回転可能です。
あとは好みでアスペクト比を調整してください。

ちなみにMAMEコアはクイックメニューのオプションから [TATE Mode] も設定可能です。
TATE Modeはディスプレイの縦横の長い方を判定して縦に長いゲームの向きをコア側で自動調整します。
向きは回転の設定でも変更出来ますが、TATE Modeは回転の設定を無視します。
Vitaで使うと縦持ちになってしまうので使う人はいないと思いますが、TATE Modeも覚えておいて損は無いです。
初心者 2019/09/06 10:59
御教授有難うございます。
無事、『回転』が表示され、MAMEが快適に遊戯できるようになりました~~!!!

[TATE Mode]も確認して参考にさせて頂きます(^^

大変助かりました!有難うございます1!!
ヴィー太 2019/09/08 21:49
いつもお世話になっております。
記事の更新再開された様で、勝手ながら頼りにしていたので安心しております。
毎度ながら質問で申し訳ないのですが、koodさんの私見では、
adrenanilneでの各機種単体エミュレータとretroarchではどちらが動作・機能は上でしょうか?
私は導入が簡単だったので現在はエミュレーター関係は全てadrenalineで利用していますが、retroarchの方が動作性が上なら変更しようかなと思っていて、「自分で比較しろよ」というのは重々承知なのですが、以前、脱獄iPHONEでretroarchを導入しようとして上手く行かず断念したので敷居が高いと感じていて、もし答えていただけるなら....と思い質問させて頂きました。宜しくお願い致します。



管理人 kood 2019/09/09 00:20
>>ヴィー太さん
動作性(起動率/安定性/再現性)や機能を総合的に判断するなら、一長一短なのかなあと。
タイトルは把握していませんが、PSP/Adrenalineで重いタイトルがVitaのRetroArchのコアでそこそこ動くという話はたまに
聞きます。当たり前ですがスペックの面ではVitaの方が優れているという事ですね。
(AdrenalineはあくまでもPSPエミュのCFWですから、Vitaのスペックをフルに活用出来るわけではありません)
一方でVitaのRetroArchのコアはVitaへの最適化不足と言う人もいて、コア/タイトルによっては不安定という話もあります。
それもあってPSP/AdrenalineでPSP用エミュを使う方が安定しているという人もいたりします。
(また、それとは別の話で、Vitaの場合はコアによっては最新の物より古い物の方が動きが良いという話もあります)
私はVitaではPS1/PSPで遊ぶ事が多く、他のエミュの動作に関しては「そういう話がある」程度にしか把握していません。
PS1に関してはVitaのRetroArchのPCSXよりもPSP/VitaのPOPSの方が良いと思っています。(主に安定性の面で)
機能に関しては、RetroArchはフロントエンドとしてはそこそこオプションが充実しています。一方で各コアのオプションは
そのエミュのオリジナル版と比べると少ないです。これはRetroArchだからこそだとは思いますが。

まあ、私としてはAdrenalineでのPSP用エミュもVitaのRetroArchも両方試せば良いのではと… それで自分にとって好ましい
動作をする方で遊べば良い話ですし。また、VitaのRetroArchはvpkをインストールして7zの中身をux0:dataに置くだけです。
私はiOSを使わないのでiOSでの事は分かりませんが、Vitaでは簡単に導入可能です。
ヴィー太 2019/09/10 01:59
ご回答ありがとうございます!!
PS1ならadrenalineで後はそれぞれのエミュやタイトルで比較ってことですね。VPKインストール・7zをux0:dataに…早速試してみます!!
毎度丁寧な回答、本当に助かります。ありがとうございます。


▼コメントを投稿












※「英数字90%以上」のコメントを規制中です。コメントを投稿する際は日本語でお願いします。
※確認ボタンを押すと投稿確認フォームに移ります。投稿確認フォームの送信ボタンを押してください。
※確認フォームにある「メールアドレス」に入力された内容は管理人のみ確認可能です。空欄で構いません。
※確認フォームにある「タイトル」「パスワード」は当ブログでは使用していません。空欄で構いません。
※確認フォームにある「URL」は名前のリンクとして機能します。空欄で構いません。
※確認フォームには非公開コメントのチェック項目がありますが、非公開コメントは受け付けていません。
メールフォームより連絡頂ければメールにてお返事致します。



お売りください。駿河屋です。