[SWITCH] nx-hbmenu v3.0.0 がリリース

2018/10/30 20:35 Switch 1
GitHubでyellows8氏が、Nintendo SwitchでHomebrewを実行するためのメニューとなるアプリである
nx-hbmenu v3.0.0 をリリースしていました。
・メッセージボックスの追加(Homebrewがエラーを吐いた場合に必要に応じてメッセージを表示)
・nxlinkをサポート(netloader)
・システムの共有フォントを使用するように
・タッチ操作をサポート
・テーマをサポート
・時刻を表示するように
・バッテリーの状態(%や充電中かどうか)を表示するように
・ファイルの関連付けをサポート
・アイコン画像の処理にlibjpeg-turboを使用するように
・switchフォルダやconfigフォルダ存在しない場合は自動で作成するように
・data/ からではなくromfsのzipからアセットをロードするように
・libnx v1.5.0を使用
・安定性の向上及びマイナーな調整
等がv2.0.0からの変更点です。

hbmenuは2018年3月1日にv2.0.0がリリースされ、今日までソースコードが更新されるだけの状況が続いていました。
今日ようやく、v3.0.0が正式リリースとなりました。SDFilesSwitchは都度最新のソースコードを用いてコンパイルした物を
リリースしているので、SDFilesSwitchを使用している方はnxlinkやテーマについては既に把握しているかもしれませんね。
私がこれまでそれらを取り上げなかったのは正式リリースがまだだったからです。

nxlinkはdevkitProが提供するツールの1つで、nroファイルをSwitchに送信して実行させる事が可能です。
使用方法(コマンドラインでの操作)は単純なのでnxlinkは誰でも使えますが、devkitProが提供する開発ツールに含まれる
物であるため、基本的にはエンドユーザー向けではなく開発者向けの物です。Switch(に挿さったmicroSDカード)にnroを
転送してそれを実行させる、という物なので転送後即実装という事を考えなければFTPでの転送で全く問題無いでしょう。

テーマはhbmenu用のテーマの事で、RGBAで色を指定する事が可能です。
"sd:/config/nx-nbmenu/themes/" に必要な情報を書いたcfg形式のファイルを配置すればhbmbmenu上で選択可能です。
cfgの書き方はSwitchbrew wikiに記載されています。
https://switchbrew.org/wiki/Homebrew_Menu#Themes

kood

▼コメント


ハコザキアズサ 2021/06/29 05:54
すみません。
hbmenuエラーで開かなくなりました。
どうすればなおせますかね。
教えれますかね。すみません
教えてください


▼コメントを投稿












※「英数字90%以上」のコメントを規制中です。コメントを投稿する際は日本語でお願いします。
※確認ボタンを押すと投稿確認フォームに移ります。投稿確認フォームの送信ボタンを押してください。
※確認フォームにある「メールアドレス」に入力された内容は管理人のみ確認可能です。空欄で構いません。
※確認フォームにある「タイトル」「パスワード」は当ブログでは使用していません。空欄で構いません。
※確認フォームにある「URL」は名前のリンクとして機能します。空欄で構いません。
※確認フォームには非公開コメントのチェック項目がありますが、非公開コメントは受け付けていません。
メールフォームより連絡頂ければメールにてお返事致します。