[SWITCH] hekate v4.5 と Kosmos v11.5 がリリース

2018/12/07 04:31 Switch 0
GitHubでCTCaer氏が、Switchのブートローダーとして使用したりeMMCをバックアップ/リストアする事が出来る
hekate - CTCaer mod v4.5 をリリースしていました。
・FW6.2.0をサポート
 - Secure Monitorと新しいExosphereをサポート
 - ヒューズの焼損数が8個未満でも6.2.0を起動出来るように
 - "Print TSEC keys" と "Dump package1/2" が6.2.0で使えるように
・YouTubeアプリのHDCPに関する問題を修正
・ファイルリスタが隠しファイルや.dotファイルを無視するように
・Minerva Training Cell ライブラリを最新バージョン(v1.1)に更新
・"Auto HOS power off" にロゴを表示せず電源を落とすオプションを追加
・main.cのリファクタリング
・多くのバグを修正
が変更点です。

またGitHubでTeam AtlasNXが、ブートローダーであるhekateやCFWであるAtmosphereを使用するための
オールインワンパック Kosmos v11.5 をリリースしていました。
・hekate v4.5を採用
・fuseeを削除(hekate v4.5がリリースされたため)
・Atmosphereを更新
・ldn_mitmを更新
が変更点です。

hekateが6.2.0に対応した事でfusee-primary.binを使わず細分化されたモジュールを用いてCFWを起動出来るようになり、
ヒューズチェックの回避のみを行いFWを起動出来る俗に言うstockも6.2.0で使えるようになりました。

Switch_CFW, kood

▼コメント




▼コメントを投稿












※「英数字90%以上」のコメントを規制中です。コメントを投稿する際は日本語でお願いします。
※確認ボタンを押すと投稿確認フォームに移ります。投稿確認フォームの送信ボタンを押してください。
※確認フォームにある「メールアドレス」に入力された内容は管理人のみ確認可能です。空欄で構いません。
※確認フォームにある「タイトル」「パスワード」は当ブログでは使用していません。空欄で構いません。
※確認フォームにある「URL」は名前のリンクとして機能します。空欄で構いません。
※確認フォームには非公開コメントのチェック項目がありますが、非公開コメントは受け付けていません。
メールフォームより連絡頂ければメールにてお返事致します。