[PSVITA] reF00D v1.0 がリリース - 要求FWが高いゲームをCompatibility Pack無しで起動可能に

GitHubでFAPS Teamが、HENkakuのVitaで要求FWが高いゲームを起動可能にする reF00D v1.0 をリリースしていました。

先日発表されたreF00DがFAPS Teamより早速リリースされました。
チームメンバーは CelesteBlue氏, dots-tb氏, Princess of Sleeping氏, juliosueiras氏, TheRadziu氏 の5名です。

これまで要求FWが高いゲームはそのFW未満の環境では通常は起動出来ず、そうした環境で起動するためにはそのゲームが
起動出来るVitaでFAGDecを用いてそのゲームの起動に必要なモジュールを復号し、それをrePatchでCompatibility Pack
として使用する必要がありました。(Compatibility PackはGitLabにあるリポジトリからのダウンロードも可。)
対してreF00DではCompatibility Packは不要で、その代りにFAPS Teamが用意した鍵ファイルを使用します。
その鍵によってreF00Dは要求FWが高いゲームや、3.53からは起動出来なくなったPSM Devの起動に必要なモジュールを
復号し、それらの起動を実現します。Compatibility Packのダウンロードは良いか悪いかの是非が分かれる行為ですから、
reF00Dのリリースによりそういう事を気にせずに要求FWが高いゲームを起動出来るようになったというわけです。

Compatibility Packを使用する場合との違いに関して、考慮すべき点を私から挙げるとすれば2点です。
1点目は、Compatibility Packはそれ自体が既に復号されている物として動作しますが、reF00Dはゲームを起動するために
モジュールの復号処理を行うため、ゲームの起動時間(画面に画像が表示されている時間)に差があるという点です。
ただそこまで大きな差があるというわけではなく、dots氏が行った約18MBのebootを持つChasmの起動時間の検証では、
Compatibility Pack使用時は起動に5.8秒掛かり、reF00Dでは7秒掛かったとの事です。(source)
モジュールのサイズだけでなく数も影響してくるようで、中には400以上のモジュールを持つゲームもあるそうです。
2点目は、モジュールの改造です。チートや翻訳等、弄りたい部分が起動に必要なモジュールに含まれている場合には
reF00DではなくCompatibility Packを使用するべきでしょう。チートはVitaCheatでなんとかなるかもしれませんが。

とりあえず簡単に使い方を書いておきます。




●用意するもの
・PS Vita (HENkaku)
reF00D.skprx
keys.bin
・起動したいゲーム

当然、ゲームの起動にNoNpDrmが必要な場合はNoNpDrmを有効にしておいてください。リリースページやreadmeに
NoNpDrmに関する記載がありますが、reF00Dを使用するにあたって必須というわけではありません。
おそらく、大半のユーザーが両方を使うであろうという認識でNoNpDrmにも触れられているのだと思います。


●手順
0,"ux0:tai" を削除

1,reF00D.skprx と keys.bin をダウンロードする

2,reF00D.skprx を "ur0:tai/" にコピーする

3,config.txtに以下を書き足す
*KERNEL
ur0:tai/reF00D.skprx

NoNpDrmを使用する場合は、nonpdrm.skprx のパスの後に reF00D.skprx のパスを書き足してください。
*KERNEL
ur0:tai/nonpdrm.skprx
ur0:tai/reF00D.skprx
(と書いてある。私の環境では後に書こうが先に書こうが動作に変わりは無かった。)

4,keys.bin を "ur0:tai/" にコピーする

5,Vitaを再起動する

6,enjoy !



以上が概要と使い方となります。

wololo.netの記事で分かった事ですが、CelesteBlue氏曰くソニーは3.69ではゲームの起動に必要なNPDRMとSPKGの
鍵を変更しなかったのだとか。ソニーがFW3.70以上をリリースしたとしても鍵に変更がなければreF00Dはそのまま
使い続けられるようです。鍵が変更された場合、reF00Dは要求FW3.70以上のゲームが "一時的" に起動出来ないとの事。
どういう事かと言うと、昨年末に35C3でTeam MoleculeがF00Dに関する発表を行いましたが、その発表のおかげで
仮にソニーが3.70以上で鍵を変更したとしても、PUPを復号して鍵を取り出すだけで済むのだそうです。
鍵が変更されたとして、鍵が取り出されるまでの少しの間だけ起動できない、というのが一時的の意味です。



この記事書いてて思いましたが、ソニーのゲーム機のハックシーンに身を置く開発者って、鍵の公開に寛容ですよね。
任天堂のゲーム機のハックシーンに身を置く開発者は鍵の公開も著作権侵害だと言う方が多いですけど。
Switchシーンは特にそういう感じなので、reF00Dはその逆を行ってるなあと感じざるを得ないというかなんというか


[ 2019/01/11 21:45 ] カテゴリ PS Vita | タグ Vita_reF00D, | コメント(4)

▼コメント




名無し 2019/01/12 23:47 
任天堂は(今は兎も角)昔は様々な著作権系には厳しかった会社なのでその辺にナイーブな方が多いのでは?


a 2019/01/13 03:32 
>鍵の公開に寛容
確かに。トップディベロッパー自らkeyを纏めて公開してたのを見て、「それって大丈夫なんだぁ」とか思ってました。

ところで管理人さんはsceutilsについては確認されましたか。
あれを使うとPC上でVitaの起動モジュールを復号できると言う事ですよね?


管理人 kood 2019/01/13 05:23 
>>aさん
リリースされた事自体は把握してますけど、エンドユーザー向けでは無さそうに見えて私はほぼ触ってませんね…
モジュールはself2elf.pyで復号出来そうですけど、SELFとELFのヘッダーが表示された後の「from keys import SCE_KEYS」
「ImportError: No module named keys」で何を用意すれば良いのかが私には分からなくてそこで諦めました…


a 2019/01/15 19:12 
>>管理人さん
どうもです。その内エンドユーザー向けのツールとか出てくるかもですね。
ちょうどFW3.70がリリースされて、同様に使えるのかも気になりますが。


(記入必須)


(記入必須)






「英数字90%以上 or URL含む」でコメントを規制中です。コメントを投稿する際は日本語で、かつURLは含めないでください。
(URLは最初のh抜いて規制回避可能)
※上にある送信ボタンを押すとコメント送信の確認フォームに移ります。確認フォームより送信ボタンを押してください。
※確認フォームにある「メールアドレス」に入力された内容は管理人のみ確認可能です。空欄で構いません。
※確認フォームにある「タイトル」「パスワード」は当ブログでは使用していません。
※確認フォームにある「URL」は名前のリンクとして機能します。
※確認フォームには非公開コメントのチェック項目がありますが、非公開コメントは受け付けていません。
メールフォームより連絡頂ければメールにてお返事致します。


お売りください。駿河屋です。