[SWITCH] SwitchSDTool v1.10 がリリース

2019/01/13 06:22 Switch 5
GitHubでCaitSith2氏が、SwitchのeMMCやmicroSDカードにインストールされたゲーム/DLC/アプデのNCAを
PCにダンプしてNSPとしてパックする SwitchSDTool v1.10 をリリースしていました。
・4GiBを越えるタイトルをNSPに変換出来なかった問題を修正
・タイトルを復号/解析するためのmaster keyが無い場合にクラッシュする問題を修正
が変更点です。

Switch_NSP, kood

▼コメント


名無し 2019/01/19 16:34
バン回避を重視するならステルス機能つきの有料CFWを買うほうが良いでしょうか?
2000円程度のドングルとソフト版の有料CFWの組み合わせがお得らしいとどこかで読んだのですが…
管理人 kood 2019/01/19 20:18
>>名無しさん
SX OSに搭載されているステルスモードは、任天堂のサーバと通信しないようにするモードであり、
同じく任天堂のサーバと通信しないようにするDNSサーバ「90DNS」と同等の機能です。
https://gbatemp.net/threads/90dns-dns-server-for-blocking-all-nintendo-servers.516234/
90DNSはただのDNSサーバですからOFWでも無料のCFWでも設定可能です。

私は昨年9月にBANされたのでBANの回避についてはあまり答えたく無いのですが、答えるとするなら、
はい、SX OSを買った方が幾分かマシと言えます。これの理由はEmuNANDにあります。
SX OSにあるEmuNAND機能はOFWとCFW(SX OS)の分離を行います。Swiitch内蔵のストレージ(eMMC)
をmicroSDカードに複製し、CFW時は本物ではなく複製の方を使用するという機能です。
これと合わせてステルスモード(デフォで有効)を使う事でOFWとCFWの分離が実現します。
ステルスモードは90DNSで代用出来ますがEmuNANDによるFWの分離が出来るのは現状SX OSだけですし、
BANを気にするならSX OSを買うのが良いのではと…
SX OSを使う前提だとお得なのはSX OSのライセンスのみの購入です。ペイロードをPCやスマホからSwitchへ
USBケーブル経由で送信する必要がありますが。それが面倒ならドングルも有ったほうが良いです。
SX OSを使わないのなら、無料のCFW(AtmosphereやReiNX)を使うのがお得という事になります。
名無し 2019/01/20 21:28
ありがとうございます。解説が詳細でわかりやすく本当に助かります
理由を聞いてSX OSにしようと思います…
名無し 2019/01/24 14:20
このアップデートデータをダンプしてNSP化したものをインストール
した場合も不正な証明書と判断されバンされるのでしょうか?
それともアップデートに関してはログが送られないのでしょうか
管理人 kood 2019/01/24 19:03
>>名無しさん
その辺りの事に関しては、知らん、としか…
私は昨年9月にBANされて以来、BANのついての情報は集めていませんし…。
ただ、アップデートのnspに関しては危険視している人は少ない印象ですね。今私が答えられる事はそれくらいです。


▼コメントを投稿












※「英数字90%以上」のコメントを規制中です。コメントを投稿する際は日本語でお願いします。
※確認ボタンを押すと投稿確認フォームに移ります。投稿確認フォームの送信ボタンを押してください。
※確認フォームにある「メールアドレス」に入力された内容は管理人のみ確認可能です。空欄で構いません。
※確認フォームにある「タイトル」「パスワード」は当ブログでは使用していません。空欄で構いません。
※確認フォームにある「URL」は名前のリンクとして機能します。空欄で構いません。
※確認フォームには非公開コメントのチェック項目がありますが、非公開コメントは受け付けていません。
メールフォームより連絡頂ければメールにてお返事致します。