[PSVITA] PKGj v0.47 がリリース - BGDLをサポート

GitHubでblastrock氏が、HENkakuのVita上でゲーム/DLC/テーマ/PSP/PS1/PSMのPKGファイルをDL/展開し、
偽ライセンス用いてインストール出来る PKGj v0.47 をリリースしていました。
・LiveAreaのダウンローダーを使用するように(=BGDLをサポート)
・テーマのインストールをサポート
・体験版のインストールをサポート
が変更点です。



LiveAreaのダウンローダーとは、VitaがPSストアからアプリ/ゲームをDLする際やLiveAreaからゲームのアップデートを
DLする際に使用されるVitaのダウンローダーの事です。ホーム/LiveAreaの右上の通知領域に統合されている奴ですね。
バックグラウンドでDL出来る事や、DLの際に一時的に "ux0:bgdl/" が使用される事からBGDLと呼ばれる機能です。
v0.47ではそのBGDLがサポートされました。今まではPKGj自体がPKGをDL/展開/インストールしていましたが、それが
BGDLに置き換わった事でPSストアから何かをDLするのと変わらない使い心地になったという事です。

BGDLにより、PKGjを終了してゲームを遊んだり、Vitaをスリープしたりして、DL終了を待つことが可能になりました。
ただし注意も必要で、ゲーム起動時に画面左上に以下が出るゲームではDLが止まる可能性があります。
> [このアプリケーションの使用中は、ネットワーク機能が無効になることがあります]
これは言葉通りの意味です。何かをDLしている際にはこれが出るゲームで遊ばない事をオススメします。
スリープでは、省電力設定の[Wi-Fiを省電力モードで使う]が有効になっているとDLが止まる可能性があります。
何かをDLしている際にVitaをスリープさせる場合は上記項目のチェックを外すことをオススメします。

NoNpDrmが無効の場合、DLが始まらずC0-9250-6エラーが発生します。
そのエラーが発生する場合はNoNpDrmを有効にし、通知領域から "再開" を選択してDLを開始してください。



テーマのインストールにも対応しました。ゲーム/DLC/PSP/PS1/PSM同様に某所のURLがハードコードされています。
体験版も同様です。それが嫌な方は "ux0:pkgj/config.txt" でURLを指定しておく必要があります。

テーマをインストールする場合、これまではLMAN氏が手を加えたNoNpDrmが必要でした。
しかしPKGj v0.47を利用する場合はTheFloW氏オリジナルのNoNpDrmで良いようです。
これまで使われていたテーマのインストール手順もPKGj(+BGDL)のおかげでやらなくて良いようになりました。
PKGj上でテーマを選択すればDLが始まり、ホーム画面に戻れば自動でインストールされます。



今回のBGDLのサポートですが、それはFAPS TeamとNPS Teamが開発したこれのおかげです。
https://github.com/dots-tb/bgdl_poc
(@CelesteBlue123, @dots_tb, @PoSsvkey, @SilicaDevs, @juliosueiras, @AluProduction)



これはVitaのダウンローダーを使用するためのコードで、blastrock氏はこれをPKGjに実装したという事です。
他のHomebrewもこれを実装する事でVitaのダウンローダーを使用出来るようになるようです。



[ 2019/01/30 23:40 ] カテゴリ PS Vita | コメント(1)

▼コメント



名無し 2019/06/22 23:11
3.60のensoでは動かないのでしょうか


(記入必須)


(記入必須)






「英数字90%以上」のコメントを規制中です。コメントを投稿する際は日本語でお願いします。
※2019/05/10、URL規制を解除しました。
※上にある送信ボタンを押すとコメント送信の確認フォームに移ります。確認フォームより送信ボタンを押してください。
※確認フォームにある「メールアドレス」に入力された内容は管理人のみ確認可能です。空欄で構いません。
※確認フォームにある「タイトル」「パスワード」は当ブログでは使用していません。
※確認フォームにある「URL」は名前のリンクとして機能します。
※確認フォームには非公開コメントのチェック項目がありますが、非公開コメントは受け付けていません。
メールフォームより連絡頂ければメールにてお返事致します。


お売りください。駿河屋です。