スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] カテゴリ スポンサー広告 | コメント(-)

[SWITCH] SX OS v2.6.1 Beta がリリース

Team XecuterがNintendo SwitchのCFWである SX OS v2.6.1 Beta をリリースしていました。
https://team-xecuter.com/sx-os-v2-6-1-beta-announcement/
https://sx.xecuter.com/
・新規にライセンス認証が出来なかった問題の修正
・FW7.0.xでUSBストレージが認識しなかった問題の修正
が変更点です。

v2.6 Betaにて報告されていた2つの問題が早速修正されたようです。

https://twitter.com/hexkyz/status/1107627638313484288
hexkyz氏によると、XecuterはSX OS v2.6 BetaでFW7.0.xをサポートするに当たり、tsec root keyをハードコード
したのだとか。tsec root keyはFW6.2.0からFWを起動するために必要となった鍵で、Atmosphereでは鍵を導出する
形でFW6.2.0や7.0.xをサポートしています。これは、任天堂のゲーム機のハックに携わる多くの開発者が鍵の共有を
著作権侵害だと考えているためです。ハードコードもそれに当たるという認識の方が結構多いです。
GBAtempは特にそういう事に厳しいので、今GBAtempのSX OS関連のスレではそれに関しての発言が多いです。

ただhexkyz氏曰く、使われていないコードからSeptを用いた方法が調査されていた事も分かるのだとか。
SeptはFW7.0.xの起動に必要な鍵を導出すべくAtmosphere v0.8.4で追加されたペイロードです。Septは暗号化/署名
されている必要があり、そのための鍵を用意してビルドする必要があります。XecuterがSeptを採用しなかった理由が
そこにあるのか、鍵をハードコードする方が良いと判断したからそうしたのか、そこは不明です。
ちなみにXecuterはv2.6 Betaでやった事として「将来のFWのアップデートに備え内部設計を大幅に変更」というのを
挙げていましたが、hexkyz氏にはそれが本当か嘘か分からないとの事。tsec root keyをハードコードする事でFWの
起動時に鍵の導出をしなくても良くなるのは確かなものの、そこが将来のFWで対策されるかどうかに依存するとの事。
将来のFWでの動作を保証する唯一の方法はTSECを掌握する事だそうです。

hexkyz氏によってv2.6 Betaでのその他の変更点も分かりました。
チートエンジン、XCIローダー、USBストレージのサポートには変更は無かったようです。
(FW7.0.xでUSBストレージが使用出来なかったため、USBストレージ関連はv2.6.1で更新されました。)
EmuNANDはパッチが更新されたようですが、ブートローダーに変更は無いようです。
内部のKIPやカーネルパッチも更新され、JITをサポートするためのカーネルパッチが追加されたようです。

[ 2019/03/19 08:32 ] カテゴリ Switch | タグ Switch_CFW, | コメント(3)

▼コメント



名無し 2019/03/20 14:42
管理人さん
お世話になっております。
ゲームのアップデートについて聞きたいことがあるのですが、例えば1.0.0のバージョンのゲームがあり、そのゲームのアップデートが1.0.1、1.0.2、1.0.3の3つがあったとします。
その場合いきなり1.0.0のバージョンから1.0.3のアップデートを当てることはできるのでしょうか?
それとも段階を踏んで1.0.1、1.0.2、1.0.3とアップデートしていかなければ駄目なのでしょうか?
長文になってしまい申し訳ございませんがよろしくお願いいたします。

管理人 kood 2019/03/20 16:02
>>名無しさん
>その場合いきなり1.0.0のバージョンから1.0.3のアップデートを当てることはできるのでしょうか?
はい、出来ます。そもそもSwitchのゲームのアップデートはそういう仕組みです。
1.0.1、1.0.2、1.0.3とあったとして、1.0.3には1.0.1及び1.0.2の内容も含まれています。

名無し 2019/03/20 22:31
管理人さん
おかげさまで解決できました、ありがとうございます。
これからも記事の更新楽しみにしています。


(記入必須)


(記入必須)






「英数字90%以上」のコメントを規制中です。コメントを投稿する際は日本語でお願いします。
※2019/05/10、URL規制を解除しました。
※上にある送信ボタンを押すとコメント送信の確認フォームに移ります。確認フォームより送信ボタンを押してください。
※確認フォームにある「メールアドレス」に入力された内容は管理人のみ確認可能です。空欄で構いません。
※確認フォームにある「タイトル」「パスワード」は当ブログでは使用していません。
※確認フォームにある「URL」は名前のリンクとして機能します。
※確認フォームには非公開コメントのチェック項目がありますが、非公開コメントは受け付けていません。
メールフォームより連絡頂ければメールにてお返事致します。


お売りください。駿河屋です。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。