[SWITCH] hekate v4.10 と Kosmos v12.1 がリリース

2019/04/23 00:29 Switch 7
GitHubでCTCaer氏が、Switchのブートローダーとして使用したりeMMCをバックアップ/リストアする事が出来る
hekate - CTCaer mod v4.10 をリリースしていました。
・FW8.0.0をサポート
・対策機でAutoRCMを適用できないよう保護機能を追加
・Exosphereパニックレポートを作成してSDカードに保存するように
 (ブルースクリーンやオレンジスクリーンのような現象のデバッグに有用)
・Fix archive bit 機能にステータスバーを追加
・FW6.2.0でのTSECのタイムアウトに関する修正
・devkitのAutoRCMをサポート
・hekate実行時にバッテリー非同期問題の修正が適用されるように
 (よってFix battery de-syncの項目を削除)
・FatFSをR0.13cに更新
GFXのクリーニングとリファクタリング
・多くのバグを修正
が変更点です。

また、GitHubでTeam AtlasNXが、Switchのブートローダーとして使用出来るhekateやCFWであるAtmosphereを
まとめたオールインワンパック Kosmos v12.1 をリリースしていました。
ldn_mitmを追加(Kosmos Toolboxでサポート)
emuiiboを追加(Kosmos Toolboxでサポート)
・sys-clkをv0.12.2に更新
・Atmosphereを0.8.8に更新
・hekateをv4.10に更新
・Lockpick_RCMをv1.1.1に更新
・ESパッチを更新
が変更点です。

ldn_mitmとemuiiboはFW8.0.0がまだサポートされていない事に注意してください。ldn_mitmはKosmos v12.1が
リリースされた後にv1.2.2がリリースされており、そちらはFW8.0.0でも使用可能という情報があります。
sys-clkはKosmos v12.0.1では有効/無効の切り替えに再起動が必要でしたが、v12.1ではホットリロード可能です。

Switch_CFW, kood

▼コメント


今日も元気だ。ちりぬるを 2019/04/24 01:48
 いつも貴重な解説ありがとうございます。
基本的なことで恐縮ですが...
emuiiboを使いたいと思っています。
その時にSXOSでも使用可能でしょうか?
それともAtmosphereで使用しなければならないのでしょうか?
ご教授お願いできませんでしょうか?
お願いいたします。
管理人 kood 2019/04/24 09:31
>>今日も元気だ。ちりぬるを さん
AtmosphereかReiNXを使用する必要がありますね。それらは任意のKIP/NSPシステムモジュールをロード可能です。
emuiibo/ldn_mitm/sys-clk等はそれに当たりますが、SX OSはそれのロードをサポートしていません。
SX OSでの任意のシステムモジュールのロードは、SX OSリリース当時から望む声が多いのですが、Xecuterはその声を無視し続けています。
今日も元気だ。ちりぬるを 2019/04/24 16:50
管理人 kood様
回答ありがとうございます。
申し訳ないですがついでにおしえていただけないでしょうか?
 SXOSの最初の画面、アイコンが3つある画面でOPTIONを選んで
Atmosphereを起動したいと思っています。
fusee-primary.binをSDCARDのROOTに置けばいいのでしょうか?
 お手数をおかけしますがおしえていただけないでしょうか?
管理人 kood 2019/04/24 17:38
>>今日も元気だ。ちりぬるを さん
SX OSの最初の画面となると、 [Options] の [Payload] からSDカードのルートにあるペイロードを実行可能ですね。
ただ、Atmosphereのブートローダーであるfusee-primary.binは上記機能と相性が悪く、実行してもおそらくは画面に
何も表示されず、真っ暗な画面でフリーズすると思います。(少なくとも私の環境ではそうなります。)
hekateなら実行出来るはずです。hekateはAtmosphereのブートローダーとして使用出来るペイロードです。
なのでKosmosをSDカードに展開してください。hekateも入っているので。本来ならhekate上での操作も必要ですが、
Kosmosに入っているhekateの設定ファイルではhekate実行時にAtmosphereが自動で起動するようになっています。
(Atmosphereの起動が成功すると、設定→本体 のシステムバージョン末尾に (AMS 0.8.8) と表示されるはずです)

Atmosphereで起動後、アルバムアイコンからhbmenuを開き、Kosmos Toolboxを実行してください。
[Background services] で各NSPシステムモジュールの有効/無効の切り替えが可能です。
(emuiiboをOnにしたらBボタンでToolboxのメインメニューに戻り、Reboot to Hekate→"CFW"を選択→Reboot now!)
これでemuiiboは有効になります。私はemuiiboを使用していないので、使用方法は聞かないでください。
今日も元気だ。ちりぬるを 2019/04/24 23:30
管理人 kood様

返信ありがとうございます。
これも初歩的かもしれませんが....

>>hekateはAtmosphereのブートローダーとして使用出来るペイロードです

1.今までSXOS_PROのドングルの代わりに、スイッチ本体とPCをUSB接続して
hekate_ctcaer.binをTegraRcmSmash等でペイロードとして送るとの認識であっているでしょうか?

2.その場合いま使っていると同じSDカードにKosmosを展開した場合
SXOS_PROのドングルを使用すればSXOSが起動
hekate_ctcaer.binをペイロードとして送ると、Atmosphereが起動
認識であっているでしょうか?

>>私はemuiiboを使用していないので、使用方法は聞かないでください。
そこはなんとかやってみます。はい。


>>KosmosをSDカードに展開してください。
今つかっているSXOS中心に使っているSDカードと同じSDカード

TegraRcmSmash1213
管理人 kood 2019/04/24 23:32
>>今日も元気だ。ちりぬるを さん
1,はい。その認識で合っています。
TegraRcmSmashを使用する場合はfusee-primary.binを実行しても構いません。問題無くAtmosphereが起動出来るはずです。
「SXOSの最初の画面」と書かれていたのでhekateに関して言及したまでです。

2,はい。その認識で合っています。
今日も元気だ。ちりぬるを 2019/04/25 00:10
管理人 kood様
返信ありがとうございます。やってみます。


▼コメントを投稿












※「英数字90%以上」のコメントを規制中です。コメントを投稿する際は日本語でお願いします。
※確認ボタンを押すと投稿確認フォームに移ります。投稿確認フォームの送信ボタンを押してください。
※確認フォームにある「メールアドレス」に入力された内容は管理人のみ確認可能です。空欄で構いません。
※確認フォームにある「タイトル」「パスワード」は当ブログでは使用していません。空欄で構いません。
※確認フォームにある「URL」は名前のリンクとして機能します。空欄で構いません。
※確認フォームには非公開コメントのチェック項目がありますが、非公開コメントは受け付けていません。
メールフォームより連絡頂ければメールにてお返事致します。