[PS3] PlayStation 3 Toolset でIDPS取得/CFWインストール [OFW4.82~4.86]

2020/04/03 12:22 PS3 1
  • 2020/04/03 12:22
    PS3 ToolsetのOFW4.86サポートに伴い、記事のタイトルと内容を更新しました。
  • 2020/03/26 13:45
    記事公開。旧タイトル「OFW4.82~4.85をサポートした PlayStation 3 Toolset がリリース」
この記事では、OFW4.82~4.86をサポートしたbguerville氏の PlayStation 3 Toolset (以下PS3 Toolsetと表記)の
機能の1つである Flash Memory Manager の使用手順を紹介します。
PS3 ToolsetはPS3のブラウザで使用するハックで、PS3をインターネットに接続する必要があります。
Flash Memory Managerでは全モデルで本体毎に固有のIDであるIDPSの取得、工場出荷時の初期FWバージョンの確認、
フラッシュメモリのダンプが可能で、初期FW3.56以下のCECH25xxまでのモデルであればフラッシュメモリにパッチを
適用してCFWのインストールが可能になります。HFWは不要で、OFW4.82~4.86で可能です。
(HFWもサポートされているため、HFWの場合はHFWの状態で作業を進めても問題有りません)

CECH25xx(初期FW3.60以上)/30xx/4xxxの場合、CFWのインストールは出来ません。
CFWがインストール出来ないモデルの場合でもPS3HENが導入可能です。PS3HENは以下の記事で紹介しています。
[PS3] CFWをインストール出来ないモデル向け PS3HEN の導入手順+α



● PS3 Toolset の要件
  • FW4.82/4.83/4.84/4.85/4.86
  • ブラウザ:JavaScript 有効 (入)
  • ブラウザ:Cookie 有効 (許可する)
  • ブラウザ:Flash Player 9 プラグイン 有効

JavaScriptとCookieに関しては設定が可能なので良いのですが、Flash Playerが曲者のようです。
デフォで有効のようですが、過去にFlash Playerの使用に関するダイアログで"今後は表示しない"かつ"いいえ"を選択
しているとFlash Playerは無効になり、設定が存在しないためにこちらからは有効に出来ないのだとか。
Flash Playerに関するダイアログが表示された場合には同意しておいた方が良さそうです。
PS3 ToolsetはFlash Playerが無効の場合には有効にするためのいくつかの対処法を提示するそうです。
私の環境ではこれまでに一度もFlash Playerに関するダイアログが表示された事が無いため、表示される条件や無効の
場合の対処法等に関して私から言及する事は出来ません。



以下、PS3 ToolsetのFlash Memory Managerの使用手順の紹介となります。
IDPSの取得が目的の場合は手順10までで構いません。(初期FWも手順10で確認可)
フラッシュメモリのダンプが目的の場合は手順17までで構いません。
(初期FW3.60以上のCECH25xx以降のモデルの場合はそこまでしか出来ません)
CFWのインストールが目的の場合は最後までやってください。


●用意するもの
  • PS3 (FW4.82~4.86)
  • USBストレージ (FAT32)
  • CFWのPUP (CFWをインストールする場合)

IDPSの確認だけが目的の場合、用意する物はPS3だけで構いません。他は不要です。
CFWは好きな物で構いません。今なら Rebug 4.86.1 LITE が無難なCFWと言えます。
(ダウングレードは、CFWをインストールしてからであれば可能です)
USBストレージはFAT32でフォーマットしておく必要があります。事前にPCでフォーマットしておいてください。
Windowsに搭載されているフォーマット機能は32GB以上のストレージのフォーマットにFAT32を指定出来ません。
Windowsを使用している方はFAT32でフォーマット出来るソフトを使用する必要があるかもしれません。
Fat32FormatterI-O DATAハードディスクフォーマッタMiniTool Partition Wizard等が使用できます。

※以下の作業は自己責任で行ってください。

●手順
  1. (CFWのインストールが目的の場合は)
    CFWのPUPをUSBストレージにコピーしておく
    ("USBストレージ:/PS3/UPDATE/PS3UPDAT.PUP")
    (PS3フォルダ、UPDATEフォルダが無い場合は作成してください)
  2. PS3を起動する
  3. "日付と時刻設定" → "日付と時刻" で日時を正しく設定する
    (日時を合わせておかないとPS3 Toolsetがエラーを吐くため)
    (なるべくインターネット経由で設定してください。何かエラーが出るなら手動でも構いません)
  4. ブラウザを開く
  5. △ボタン → ツール → Cookie受信 → 許可する
  6. △ボタン → ツール → JavaScript → 入
  7. https://www.ps3xploit.net/bgtoolset/ にアクセスする
    (STARTボタンを押してURLを入力する)
    (ページが表示されるまで少し時間が掛かるかもしれません)
  8. ページが表示されると自動でイニシャライズが始まるので完了するまで待つ
    (ページ右上)
    ps3toolset_20200326_1.jpg
    完了したら以下のように表示されます。
    (以下のように表示されず何かエラーが発生した場合はブラウザを閉じて再挑戦。それでもダメなら本体再起動)
    ps3toolset_20200326_2.jpg
  9. Flash Memory Managerタブをクリックする
  10. フラッシュメモリから情報の抽出が行われるので完了するまで待つ
    ps3toolset_20200326_3.jpg
  11. 以下のように表示されます。IDPSの取得が目的の場合はここで作業終了
    (IDPSを隠すオプションがあり、以下の画像はIDPSを隠した状態です)
    ps3toolset_20200326_4.jpg
  12. USBストレージをPS3に挿す
  13. "Flash Memory" をクリックする
  14. "Save Flash Memory Backup" をクリックする
  15. "/dev_usb00x/" をクリックし、"Save" をクリックする
  16. 確認ダイアログが表示されるので "Yes" をクリックする
  17. ダンプが完了するまで待つ
  18. "Close" をクリックしてダイアログを閉じる
    フラッシュメモリのダンプが目的の場合はここで作業終了
  19. "Flash Memory Patch" をクリックする
  20. "Load Patch via HTTPS" をクリックする
  21. パッチのダウンロードが完了するまで待つ
  22. "Close" をクリックしてダイアログを閉じる
  23. "Flash Memory Patch" をクリックする
  24. "Apply loaded Patch" をクリックする
  25. 確認ダイアログが表示されるので "Yes" をクリックする
  26. パッチの適用が完了するのまで待つ (キャンセルはしないでください)
    (私の環境では1分43秒掛かりました)
  27. "Close" をクリックしてダイアログを閉じる
  28. ブラウザを閉じてXMBに戻る
  29. PS3の電源を切る (XMBの一番左 or PSボタン長押しのメニューから)
  30. PS3を起動する
  31. "システムアップデート" → "記録メディアからアップデート" でCFWをインストールする



フラッシュメモリのダンプは使用する事は無いかもしれませんが、大切に保管しておいてください。
PS3がブリックした際にE3 Flasherのようなハードウェアフラッシャーで復旧出来る可能性が高くなります。

HENの記事の "パッケージマネージャーに関して" 以降も読んでいただけると嬉しいです。
いくらかHENの場合の解説が混じっていますが、そこはお許しください。
PS3のゲームのバックアップの作成に関しては以下の記事で解説しています。
[PS3] PS3のゲームをバックアップしよう
バックアップ起動に関しての解説記事は書けていません。

PS3_CFW, kood

▼コメント


ヴィー太 2020/03/27 19:32
いつもお世話になっております。
しばらく更新が無かったので、心配していましたが、再開されて非常に嬉しいです。
勝手ながらこれからも記事の更新を心待ちにしています。
ご自身のペースで無理のない範囲で、何卒記事の更新宜しくお願い致します。


▼コメントを投稿












※「英数字90%以上」のコメントを規制中です。コメントを投稿する際は日本語でお願いします。
※確認ボタンを押すと投稿確認フォームに移ります。投稿確認フォームの送信ボタンを押してください。
※確認フォームにある「メールアドレス」に入力された内容は管理人のみ確認可能です。空欄で構いません。
※確認フォームにある「タイトル」「パスワード」は当ブログでは使用していません。空欄で構いません。
※確認フォームにある「URL」は名前のリンクとして機能します。空欄で構いません。
※確認フォームには非公開コメントのチェック項目がありますが、非公開コメントは受け付けていません。
メールフォームより連絡頂ければメールにてお返事致します。